こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

過労死ライン容認・残業代ゼロ 厚労省 「働き方改革」法案要綱諮問

2017年09月09日 18時35分52秒 | ニュース

 

 厚生労働省は8日、残業時間を過労死ラインの月100時間まで容認することなどを盛り込んだ「働き方改革推進法」の法案要綱を、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)に諮問しました。労働組合や野党が「残業代ゼロ」法案と批判する新制度も取り込んでおり、労働法制の大改悪を進める内容です。

 

 法案は、労働基準法やパートタイム労働法など計8本を一括改定。「働き方改革」の理念を掲げるため、雇用対策法を衣替えして、基本法として据えます。

 

 労基法改定案は、残業時間の上限について「月100時間未満」「2~6カ月平均80時間以内」とし、過労死ラインの残業を容認。

 

 一定収入の専門職を時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)や、一定時間以上は労働時間と認めず、残業代も払われない「裁量労働制」の対象拡大を盛り込み、長時間労働に拍車をかける内容です。

 

 高プロと裁量労働拡大は反対世論に押されて2年余も審議入りできなかったもので、廃案にすべきものです。

 

 高プロについて「年間104日以上の休日義務化」を盛り込む修正を加えました。これは週休2日になっても、あとは24時間、夏休みも冬休みもなく働かせることが可能で、歯止めにならないものです。

 

 安倍内閣は、今月下旬召集の臨時国会に法案提出をねらっています。

[原文はこちらへ 2017年9月9日(土) しんぶん赤旗]

<コメント>高プロについて修正を加えたが、週休2日になっても、あとは24時間、夏休みも冬休みもなく働かせることが可能で、歯止めにならない。とんでもない内容だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9条改憲阻む署名3000万... | トップ | 安倍改憲阻むため共同広げよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL