こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

「共謀罪」法は廃止に――新たなたたかいをおこそう 党国会議員団会議 志位委員長あいさつ

2017年06月16日 20時47分33秒 | ニュース

 15日の参院本会議での「共謀罪」法の強行成立直後に開かれた日本共産党国会議員団会議で、志位和夫委員長が行ったあいさつは次の通りです。


写真

(写真)共謀罪法成立の参院本会議後の党議員団会議でがんばろうをする両院の議員=15日、国会内

 みなさん。徹夜国会、お疲れさまでした。

 まず、私は、みなさんとともに、「中間報告」という異常な禁じ手を使っての、自民、公明による「共謀罪」法案の強行に、満身の怒りを込めて抗議を突きつけたいと思います。(「よし」の声、大きな拍手)

 この暴挙は、追い詰められての暴挙であります。「共謀罪」法案は、審議をすればするほどたくさんの問題点、矛盾点が噴き出してくる。「加計」疑惑は、官邸によって行政がゆがめられたことを裏付ける新しい事実が次々と明らかになってくる。国民の怒りが広がる。そういうもとで、まさに追い詰められての暴挙にほかなりません。

 たたかいは、これからであります。(「そうだ」の声)

 「共謀罪」法は、思想・良心の自由を保障した憲法19条に反する深刻な違憲立法です。「数の暴力」で強行されたからといって、そのままにしておくことはできません(「そうだ」の声)。今日、この日をスタートに、「共謀罪」法を廃止する新たなたたかいを、全国でおこそうではありませんか。(「よし」の声、大きな拍手)

 さらに、違憲立法という点でいいますと、2015年9月に強行された安保法制=戦争法、13年12月に強行された秘密保護法、今回の「共謀罪」法、そのどれもが憲法を踏みにじった違憲立法です。そしてこの三つは、すべてが「海外で戦争する国」づくりの道具立てになっています。ですから、この三つをそろって廃止し、日本の政治に立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻す―このたたかいに新たな決意で取り組もうではありませんか。(大きな拍手)

 最後に、私が、今日、衆院本会議に出席し、さらに参院本会議を傍聴して、あらためて実感したことは、自民、公明が多すぎる(「そうだ」の声)。国会の力関係を変えなければなりません(拍手)。選挙で変えなければなりません。

 きたるべき総選挙で、野党と市民の共闘を必ず成功させ、日本共産党を躍進させて、自公とその補完勢力を少数に追い込もうではありませんか(大きな拍手)。直面する都議選で必ず勝利を勝ちとろうではありませんか。頑張りましょう。(大きな拍手)

[原文はこちらへ 2017年6月16日(金) しんぶん赤旗]

<コメント>三つをそろって廃止し、日本の政治に立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻す―このたたかいに新たな決意で取り組もうではありませんか。その通りだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」強行に怒り沸騰 ... | トップ | 南スーダン派遣隊員自殺 4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL