こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

那覇市議選 共産党7議席に躍進 都議選に続き安倍政権・自民に審判

2017年07月11日 16時51分19秒 | ニュース


写真

(写真)「翁長知事を支え新基地建設ストップ、沖縄から日本の政治を変えよう」と、決意を新たに団結がんばろうを三唱する(左から)宮里、西中間、前田、我如古、赤嶺、古堅、上原、湧川の各氏=10日、那覇市

 

 那覇市議選が9日投開票され、日本共産党は前回当選から1増の7人全員当選で躍進を果たしました。1997年以来の7議席獲得で、議席占有率は過去最高の17・5%に前進しました。

 

 来年の知事選での県政奪還を掲げ、自民党が14人を立てた今回の市議選。自民党県連は、安倍内閣への激しい国民の怒りにも“那覇市議選にはあまり影響はない”と平静を装い、「10人近くはいける」と口にしていましたが、現職を含む7人が落選。“公明党と自民系無所属を入れて過半数を”というもくろみは失敗し、都議選に続いて安倍政権と自民党に厳しい審判が下される結果になりました。

 

 「オール沖縄」の前進のために1議席増をめざした日本共産党に対し、他党陣営から“共産党7人は無理”などの攻撃が激しく行われましたが、「沖縄の民意を踏みにじり、辺野古新基地を押し付ける安倍政権にノーの審判を」「都議選に続こう」の訴えが市民の幅広い共感を呼び、「今まで自民党に入れてきたが共産党に入れる」などの変化が生まれました。

 

 一夜明けた10日、日本共産党は県庁前で、赤嶺政賢県委員長・衆院議員らと、当選した7氏がそろって、選挙結果の報告と公約実現への決意を訴えました。

[原文はこちらへ 2017年7月11日(火) しんぶん赤旗]

<コメント>「オール沖縄」の前進のために1議席増をめざした日本共産党に対し、「沖縄の民意を踏みにじり、辺野古新基地を押し付ける安倍政権にノーの審判を」「都議選に続こう」の訴えが市民の幅広い共感を呼び、「今まで自民党に入れてきたが共産党に入れる」などの変化が生まれた。良かったですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« G20閉幕 「温暖化」 米... | トップ | 首相出席の集中審議・関係者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL