こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

安倍改憲阻むため共同広げよう 「九条の会」事務局 「市民アクション」発足で声明

2017年09月10日 17時13分59秒 | ニュース

 「九条の会」事務局は6日付で「安倍改憲を阻むために全国の九条の会は立ち上がりましょう」とする声明を発表しました。

 声明は、8日にキックオフ集会を開いた「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の発足を受け、同アクションに「(『九条の会』事務局が)組織として参加し、他団体と協力して活動する決断をしました」とし、「安倍改憲を阻むため、全国市民アクションの一員として全力をあげる決意」を表明しています。

 声明では、「九条の会」は発足以来、改憲の動きに反対する諸行動の先頭に立って奮闘する一方、全国7000余にのぼる草の根の「九条の会」の多様な活動を縛ることを避けるため、「共同行動に名を連ねることは控えて」きたという経緯を説明。一方、「安倍改憲の企てを阻むことは、2004年に『九条の会』が発足したそもそもの目的にほかなりません」として、「全国市民アクション」への参加の意義を明らかにしています。「九条の会」呼びかけ人、世話人の了解も得たとしています。

 そのうえで声明は、全国で安倍9条改憲の危険性についての学習会の開催、3000万署名達成のために全国津々浦々での宣伝・対話の輪を広げること、それぞれの地域で他団体と協力しあって市民アクションを立ち上げ、市民アクションの行動に積極的に参加し共同の輪を広げることを提起しています。

 「九条の会」呼びかけ人で哲学者の梅原猛さん、同呼びかけ人で作家の澤地久枝さんも「全国市民アクション」の発起人に加わっています。

[原文はこちらへ 2017年9月10日(日) しんぶん赤旗]

<コメント>声明は、全国で安倍9条改憲の危険性についての学習会の開催、3000万署名達成のために全国津々浦々での宣伝・対話の輪を広げること、それぞれの地域で他団体と協力しあって市民アクションを立ち上げ、市民アクションの行動に積極的に参加し共同の輪を広げることを提起している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過労死ライン容認・残業代ゼ... | トップ | 船舶臨検は事実上の武力行使 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事