こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

衆院東京10区補選 野党統一候補求める市民の動きが活発に 政策協定合意へ協議進める

2016年09月18日 20時25分32秒 | 野党共闘・野党連合政...

 

写真

(写真)東京10区補選で市民と野党の共闘を求める集会=13日、国会内

 10月23日投開票の衆院東京10区(豊島区、練馬区の一部)補選に向けて、戦争法を廃止し立憲主義の回復をめざす野党統一候補を実現しようと、市民の動きが活発になっています。

 東京10区補選は、小池百合子氏が都知事選に立候補したことに伴い行われるもの。

 10区補選での市民と野党の共闘を求めて活動する「TeNネットワーク2016」(TeN16)などは13日、日本共産党の岸良信、民進党の鈴木庸介両予定候補や野党の国会議員に参加を呼びかけ、市民と野党の統一候補実現を求める集会を国会内で開きました。会場には都内各地から約100人もの市民が駆けつけました。

 集会で「TeN16」の森田彦一共同代表は、安保関連法(戦争法)廃止・集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回、アベノミクスで広がる非正規雇用と貧困層の増大や格差の拡大の是正など10項目の政策協定案を予定候補に提案していることを報告。さらに市民の輪を広げながら野党との共闘体制をつくっていく決意を語りました。

政策協定を議論

 「TeN16」は10区内で広がった「原発ゼロ」「秘密保護法反対」「戦争法廃止」の運動の中で、結びついた市民らが補選のためにつくったグループです。政策協定案は7月の参院選で野党と「市民連合」が合意した協定案の内容をベースにしながらメンバーで議論を重ねてきました。今回の協定案では南スーダンでの自衛隊の「駆け付け警護」に反対することや年金積立金運用方法の見直しなど、いま大きな課題となっている項目も加えています。

 戦争法廃止と立憲主義回復を求める学者・文化人も声をあげています。市民連合にも参加する佐藤学・学習院大学教授をはじめ、10区在住・在勤の学者らが声明を発表し、市民と野党の共闘を呼びかけました。

候補者も前向き

 これに対し、野党各党や予定候補も共闘に前向きな姿勢を見せています。

 13日の集会で共産・岸候補は「市民のみなさんの運動が大きく発展し、この声を届け、政治を変えるために力を尽くしたいと思い立候補した。市民のみなさんとの共闘をいかに発展させていくかというところに頑張っていきたい」と発言。民進・鈴木候補も「総選挙で大きな目的のために一緒にやっていこうという力が結集できるのかどうか。(今回の補選は)総選挙の前哨戦として試されている」と語りました。

 一方、自民党は補選候補者を公募し、21日をめどに決定すると伝えられています。公募には、都知事選で自民党の方針に反し小池百合子氏を応援した若狭勝衆院議員(比例東京ブロック)も応じています。

 選挙が迫るなかで「TeN16」は19日の週にも、各党と政策協定が合意できるよう協議を進める構えです。戦争法が強行されて1年となる19日には街頭に立ち、戦争法廃止のための共同を広げようと訴えます。(前田美咲、前野哲朗)

[原文はこちらへ 2016年9月18日(日) しんぶん赤旗]

<コメント>「TeN16」は10区内で「原発ゼロ」「秘密保護法反対」「戦争法廃止」の運動の中で、結びついた市民らが補選のためにつくったグループ。政策協定案は7月の参院選で野党と「市民連合」が合意した協定案の内容をベースにしながらメンバーで議論を重ねている。協定案では、いま大きな課題となっている項目も加えている。我々も期待する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TPP 今問われる公約 安... | トップ | 核兵器禁止条約交渉を 非同... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL