こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

オスプレイ飛行再開 翁長知事「言語道断」

2016年12月20日 17時33分00秒 | 沖縄基地新設・基地・安保条約

 

写真

(写真)取材に応じる沖縄県の翁長雄志知事=19日午後、県庁

 オスプレイの飛行再開について沖縄県の翁長雄志知事は19日、「言語道断」と批判、午後に県庁で行った記者会見では、険しい表情で「県民を一顧だにしない日米政府に強い憤りを感じる」と強く抗議しました。

 翁長知事は、県民が配備に反対してきたオスプレイが墜落事故を起こしたことに対し怒りを禁じ得ず、飛行中止を強く要請してきたにもかかわらず、事前に十分な説明がないまま飛行が再開されたとのべ、「オスプレイに対する県民の不安は一向に払拭(ふっしょく)されていない」と語りました。また、日米地位協定のもとで日本政府にまったく主体性がないと批判しました。

 沖縄県は、県内の全41市町村長らが署名した「建白書」の精神に基づき、オスプレイ配備に反対してきました。翁長知事は、「今後ともあらゆる機会を通じて、日米両政府に対してオスプレイの配備撤回を求めるとともに、飛行再開の中止を求める」考えであり、「県民の思いに寄り添って全力投球していく」と強い決意を語りました。

[原文はこちらへ 2016年12月20日(火) しんぶん赤旗]

<コメント>日米地位協定のもとで日本政府にまったく主体性がない。その通りです。関東地方でもオスプレイはやめてほしい。危ないものを頭上にこさせることは大反対です。最近、自衛隊機が定期的に来るが、いい気持ちではありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “安倍外交”根本からただす ... | トップ | 共産党大会に4野党・会派出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

沖縄基地新設・基地・安保条約」カテゴリの最新記事