こんにちは! 大宮区の日本共産党です。

皆さんと一緒に、はたらく苦労が報われる社会をつくりましょう。

日本共産党さいたま市大宮区委員会

大宮区北袋の三菱マテリアルの説明及び見学会 9/29 大石ゆたか氏も参加

2012年10月01日 15時18分19秒 | ニュース
さいたま新都心東南部北袋1丁目の三菱マテリアル研究所用地(敷地15.1ha)内の研究所敷地2.3haにある7階建て施設の地下の「放射性廃棄物保庫の管理」は法令に基づき安全に管理されている。それ以外の12.8ha地域の売却計画が発表された。 さいたま市と相談してきた結果、産業道路側に「造幣局東京支局と大宮警察署、(7階)」に売却予定、中山道側に「商業・業務・住宅の複合用途施設」、中央付近に「防災機能を持った公園候補地」を予定している。
_____________________________________________

  

 参加者は約90人マテリアルの土地売却について、「住環境に悪い影響を及ぼす電波の中継局のような所に売却しないで欲しい。」「産業道路側の解放されているグランドを公園に確保して欲しい。」「敷地周りの道路はどうなるのか。敷地内の建設のともなう建設中の道路利用が心配だ。」「売却側のマテリアルも住民の要望に応えて欲しい。」など要望が出された。

 経緯の説明の中で、放射性トリウムの合金研究、昭和29年から核燃料物質のウランを使用した原子力関係の研究開発をした。NDC社(ニュークレア・デベロップメント社)による原子力関係の研究(臨界試験、燃料の研究など)が行われ、昭和63年に核燃料物質を用いた研究を取り止め、施設を茨城県那珂湊市に移転。研究施設の除染・解体・撤去、汚染土壌の回収を行い。平成22年12月までに汚染されたものはすべて放射性廃棄物として回収、その後見つかった鉱石由来のものを自主回収し、すべて地下保管庫に保管した。200Lドラム缶換算総本数は40,106本。施設のあった地域は更地にした。
保管庫内部、施設の境界などの環境調査を定期的に行っていて異常はない。戸外の放射線量が約0.06Bqだったのが、平成23年3月は東電福島原発の事故の影響で0.18Bqになったが、現在は0.1~0.09まで減少している。
説明会には埼玉五区(北区・西区・中央区・大宮区)の予定候補の大石ゆたかさんも参加した。

WEB参考資料
大宮地区(旧総合研究所) - 三菱マテリアル|環境保全に関する公開情報
弊社総合研究所では、昭和29年頃から核燃料物質であるウランを使用して原子力関係
の研究開発を実施しておりました。昭和63年に核燃料物質を使用しての研究開発は
取り止めており、試験研究施設の除染・解体撤去、汚染土壌の回収を進めてまいりまし
た。
http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/03/06/environment/disclosure/ohmiya_atomic/documents.html

www.mmc.co.jp/corporate/ja/03/06/environment/disclosure/ohmi -

参考資料
新都心・三菱マテリアル研究所跡地で地中に核汚染
つづいて化学汚染と住民運動


1959からの三菱原子炉撤去闘争の経過

1959・4 実験原子炉が三菱金属によって建設計画が発表された。反対運動起こる

1959・12 大宮市原子力安全対策協議会が管理機構として設置された。市長が会長。中性子実験装置認めた?

1965・12・20 3人の従業員がウラン合金の爆発事故で大やけど(会社はアルミ合金と回答)

1966夏  話題になった商業原子力船「むつ」の動力のための実験原子炉(臨界実験装置)の計画

1967・4 市議会で大宮設置に反対を決議  大宮市北袋町をはじめとする近隣住民は、永い間、三菱マテリアル総合研究所敷地内で「原子力研究、実験その他の関連作業を行わないこと」を要求してきました。

芝川の専用排水溝に大量の放射線物質が検出される

1968・2・23 市議会受け入れ住民大会で反対決議

1968・12.17 浦和地裁に提訴

1969・2・27 初公判

1969・2・27 三菱は元自治会役員を料亭に呼び出し「覚書」をかわす。住民が認めたと宣伝。臨時町内会を直ちに開き新役員を選出し、覚書の無効を宣言反対運動を呼びかけ

1973(昭和48)年11月19日、 菱側は、証人尋問を前にして「原子力船むつのために必要な実験は済んだ」とー方的に宣言して、突然「原子炉撤去」を発表しました。

裁判継続  しかし「そのままでは近隣の安全が保証されない」とする住民と裁判所のねばり強い努力によって、和解協定調印にこぎつけることができました。その中で、三菱2 5社の総力を結集した三菱原子力工業(株)が設置した「原子炉施設撤去のための蕃判」が行われ

1974(昭和49)年7月17日  和解協定が成立「原子炉撤去の明文化、住民が必要に応じて立入調査することを明らかにした」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「赤旗」排除ありきの原子力... | トップ | オスプレイ配備・訓練中止の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
投稿に関して (管理者)
2013-01-27 18:48:55
ご指摘の意味が、よく理解できません。下水道料金のことでしょうか。それとも、雑排水の件でしょうか? 雨水と家庭排水は、下水道で分別はされていないと聞きます。各家庭で流す下水が問題だとお考えでしょうか。

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL