九品人の落書帖

写真をまじえ、老いぼれの身の回りで見聞きしたことを、つれづれなるままに。

稀勢2敗 鶴竜3敗

2017年05月18日 | スポーツ
 大相撲五月場所、4日目。

 【稀勢の里vs.遠藤】
 立会いから遠藤がツッパリで横綱との距離をとって攻める。
 が、一瞬、遠藤の足がすべり土俵に落ちそうに。
 そこをチャンスとみた稀勢の里が引いたのが悪く、
 付け入って遠藤が一気に押し出した。
 遠藤にとって、新横綱からの初金星となった。
                   □

 【嘉風vs.鶴竜】
 両者、突っ張りあいの攻防から、
 鶴竜のわるいクセが出て引いたのにつけ込まれ、
 嘉風に簡単に押し出され、鶴竜は3敗目を喫した。
                   □
 4日目を終えて、幕内の勝ちっぱなしは、白鵬、日馬富士の両横綱と関脇・高安の三人だけ。
 平幕の全勝者も消えた。
 大混戦の序盤である。
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩ご飯は宅配便で | トップ | トランプ大統領 弾劾へ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む