九品人の落書帖

写真をまじえ、身の回りで見聞きしたことを、つれづれなるままに!

ことば遊び(回文)

2017年05月06日 | 日記
【今朝のNHKラジオ深夜便から】
 
 上から読んでも下から読んでも同じ、これが回文。
 「竹やぶ焼けた」(たけやぶやけた)など、よく知られている。
               
 「夏まで待つな」(なつまでまつな
 「伊丹の酒今朝呑みたい」(いたみのさけけさのみたい
 「キツネが寺で鐘つき」(きつねかてらてかねつき
               
 ローマ字バージョンも。
 「赤坂」(AKASAKA
 「伊丹いい町」(ITAMI I I MATI
               
 最後は、短歌で。
 「長き夜の とおの寝ぶりの みな目覚め 
 波乗り舟の 音のよきかな」
 (なかきよの とおのねぶりの みなめざめ
 なみのりぶねの おとのよきかな


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 端午の節句 | トップ | 仏と韓国で大統領選 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む