九品人の落書帖

写真をまじえ、身の回りで見聞きしたことを、つれづれなるままに!

囲碁同好会

2017年04月28日 | 日記
 退職仲間との月例囲碁会があり、N社のOBサロンへ出かけました。
 いつもの顔なじみが碁盤をはさんで、手談を交わすのは楽しいもの。
     
               □
 

 【OBサロンでの対局風景】
 
 このところ、ずーと皆勤だったTさんの顔が見えない。
 お互い後期高齢者だから、身体の具合でも悪いのかと誰もが案ずる。

               □


 【私の4局目の終局図】
               □    
 対戦相手はNさん。
 私との棋力は互先なのだが、このところは2子(私の白番)の手合い割り。
 相手の絶対負けられないという気合が伝わってきて、こちらも頑張る。
 結果は中押し勝ちで、成績は3勝1敗。
 2位の景品をゲットして帰宅しました。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Eテレ 介護百人一首から | トップ | モザイク壁画‘蝶’ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみ! (忠さん!)
2017-04-30 18:56:10
楽しみですね~
ボケ予防には最適ですね~
囲碁が打てるうちは大丈夫でしょう(^^♪


20目以上白がいいようですね~
左上の白が死んでいますが黒の石もずいぶん使っていますね~(^^♪
忠さん いらっしゃい。 (hiko)
2017-04-30 22:36:50
4局も打つと、頭に血が上りボーとしますが、それだけ脳の血行が盛んになり、認知症の予防になると思っています。
画面の左上の白は悩んだ末、捨てることで勝ちを確認したのですが、石を取られることは、誰しも面白くないことに変わりありません。
特に、相手に置かせて打つと、相手は白石を取って喜ぶので、こちらも楽しいです。









コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事