男の料理指南

知人がくれたレシピを紹介します。アレンジも含めた男の料理です。
じーじが娘と孫に残したいレシピ

1096 味噌漬け豚のトンカツ風・・バター焼き

2018年02月16日 | 肉類・たまご
味噌漬けの豚肉に、小麦粉・卵・パン粉ををまぶしてトンカツの下こしらえをする。それを油で揚げ
ると「味噌あじのトンカツ」ですが、ここではバター焼きにします。パン粉をつけて油で揚げる=カツ
レツは、元々はバターで焼いた料理でした。油で揚げるのと比べ、摂取Calが少なくヘルシーです。


材 料
味噌漬け豚肉 2枚 140g

揚げ衣
玉子 1こ 50g
牛乳 大さじ 1 10cc
小麦粉 適宜
パン粉 適宜
バター 大さじ 1 10g
作り方
豚肉にパン粉をつける
1.味噌漬け豚肉に、小麦粉をまぶす。
・・粉の量は具材の3%・・
2.小麦粉をまぶした豚肉を卵液にくぐらせる。
・・卵液の量は具材の8%・・
3.卵液にくぐらせた豚肉にパン粉をまぶす。
・・パン粉の量は具材の15%・・
上記3.を油で揚げたものがフライ=トンカツ。
・・フライの吸油量は具材の13%・・
レシピは、油で揚げずにフライパンで焼く・・
油の代わりにバターで焼く。バターの量は10g。
焼くときは、肉の中まで火が通るように、ピッチリ
とふたをして焼きます。
両面が、きつね色に焼けたらできあがり。
食べた感じは、バターの匂いが香ばしい割に
油っぽくない、カリッとした焼き上がりです。


これを、油無しでグリルで焼いてみました。
バター焼きよりパサつく口触りですが、味はgoodです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1095 豚肉の味噌漬け

2018年02月15日 | 肉類・たまご

今年は、平年以上の寒さで日本各地が凍えています。福井地方は昭和56年以来の大雪で、
車の立往生や、農業被害が深刻・・と報道されています。伊丹市内の1月の(最高気温)の
平均温度は11.2℃。昨年は14.2℃でした。最低気温がマイナスになった日は10日で昨年は
1日だけでした(数値は伊丹地方の「今日の天気」から)。

こう寒いと、日課のサイクリングは危険なのでウォーキングに切り替えます。大股でかかとを
つけてつま先を蹴るようにして速足で歩かないと、筋肉とカルシウムの増強が期待できない・・
歩く時間は1日30分・・歩行距離は3キロほど・・と聞いて、時計と睨めっこして歩いています。

歩いてみると、サイクリングでは気付かないことが、色々と見えてきます。その一つが駐車場
=コインパーキング(以下CPとします)です。タイムスを筆頭に、色んな業者が住宅跡地など
にCPを設置していて、利用者もけっこう多いのに気がつきました。

CPに注目したのは「料金表示」・・それも「最大料金」です。CPの駐車料金で「最大料金」をめ
ぐるトラブルが頻発している・・とネットブログで読みました。「1日最大料金1000円」のCPに3日
間駐車して、料金精算したら2万円余り請求された例があります。このCPは、1日最大料金は
1回限りであとは通常料金になる・・1日目は1000円ですが、2日目からは時間極めの料金が
加算されるので2万円余りなった・・という訳です。

ウォークの途中CPの「最大料金」表示を克明に読むと、「最大料金」は繰り返し適用する・・と
いう表示がないCPが、けっこうありました。こんなCPに数日間駐車したら、いくら請求されるか
分りません。曖昧表示な時は、業者に確認すること・・とネットブログで注意していました。
長期駐車する時は、CPの表示をしっかり確めることがトラブル回避につながります。

レシピは、豚肉二題・・「豚肉の味噌漬け」と、「味噌漬け豚のトンカツ風」です。味噌漬け豚を
トンカツにする・・私にとっては奇想天外な料理でしたが、食べてみると美味しいのにビックリ。
これを教えて呉れたのは家人の友達でした。味噌漬け肉は、家人が通う耳鼻科医院の隣の
肉屋さん謹製で・・味を知ってから度々買うので(家人は)店主と顔馴染になりました。

「トンカツ風」としたのは、油で揚げずに「バター焼き」したからです。トンカツのもとの料理が
カツレツ=Cutlet・・明治時代、イギリスから伝わった料理・・肉に小麦粉・卵・パン粉をつけ
バター焼きしたのが原型と言うので、元祖帰りで作ってみました。油で揚げたトンカツとは
別趣の美味しさでした。グリル焼きも含めてお試しください。


懇意にしている方から、市内肉屋さん謹製の「豚肉の味噌漬け」を頂きました。「そのまま焼いても
良いが、パン粉をつけてトンカツにするのがbest」・・の説明つきでした。言われた通り作ってみると
眼からウロコのおいしさ・・以来これにハマります。ついには味噌漬けの自作まで手を伸ばしました。


材料
豚・肩ロース肉 4枚 210g

調味料
赤味噌 大さじ 4 60g
日本酒 大さじ 2 20cc
みりん 大さじ 2 20cc
砂糖 大さじ 2 20g

作り方
1.味噌漬け用の合せ味噌を作る
調味料の赤味噌・日本酒・みりん・砂糖をボールに
入れ、良く混ぜる。泡立て器で混ぜると手早くできる。
合せ味噌は、好みで、赤味噌の外、中味噌・白味噌
を使っても良い。

2.豚肉の下こしらえをする
豚肉の両面に切れ目を入れ、包丁で軽く叩く。
切れ目は1cm巾で斜めにの子状。

3.豚肉を合せ味噌煮に漬ける
まな板にラップを敷き、合せ味噌を豚肉の大きさに
塗り広げ、豚肉を置く。
豚肉の上に合せ味噌を塗り、豚肉を乗せる。
以上の手順で全部重ねたら最後の豚肉に合せ味噌
を塗り付けて、広げたラップで包んで冷蔵庫で一晩
置いてできあがり。

4.調理する前にペーパーで味噌を拭き取る
調理は、焼いて良し、パン粉をつけてトンカツにするも
良し・・但し、トンカツにするとパン粉などの揚げ衣と、
揚げ油のcalが80kCal増えます。そのカロリーを抑える
レシピを、次の№1096でご紹介します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1094 もみじ鍋・・鹿肉の味噌鍋

2018年02月08日 | だし・調味料・スープ類
市内の直産市場の肉コーナーに、猪肉・鹿肉・鴨肉が並んでいて「鹿肉」を買いました。300gが
1300円、猪肉は同1900円、鴨肉はそれよりも高い。鴨肉が好みですが家計を考え鹿肉を求め
ます。鹿赤肉は低カロリー・高蛋白質な食材(レシピ下部ご参照)。味噌仕立て鍋で食べました。


材 料 ・・2人分
鹿肉 1/2パック 150g
大根 5cm 150g ・・4㎜巾のいちょう切り
人参 5cm 50g ・・2㎜巾のいちょう切り
ごぼう 1/2本 50g ・・3cm長さに削って水に晒す
白菜 4枚 100g ・・葉先を切り落とす・・茎の部分は別の料理で使う
ねぎ 4本 50g ・・白根は斜め切り・青い部分は5cm巾に切る
春菊 4株 50g ・・水洗いして、葉がばらけないように根元を切る
椎茸 2枚 90g ・・5ミリ巾の斜め切り
厚揚げ 2枚 70g ・・1cm巾に切る
こんにゃく 1/4枚 70g ・・手で2cm角に千切る

調味料
昆布出汁 2カップ 360cc
日本酒 1/3カップ 60cc
合せ味噌 大さじ 2 20g

作り方
1.鍋に、昆布出汁と日本酒を入れて中火にかける。
2.出汁が煮立ったら、合せ味噌を加える。
3.出汁ができたら、大根・人参・ごぼうを加える。
4.鹿肉を加えて煮込み、厚揚げ・椎茸・こんにゃくを
  入れて煮込む。
5.そのあと、白菜・ねぎ・春菊などの野菜を加える。
6.具材が煮えたら、煮汁を添えて食べる。

鹿肉が苦手なら豚ロース肉がbest、牛ロース肉もおいしい。
豚・牛ロース肉を鹿肉と同量で味噌鍋にしたときの成分を
青字で表示します・・ご参考まで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1093 クリームシチュー・・牡蠣と野菜

2018年02月07日 | だし・調味料・スープ類

今年も早や、確定申告の時季になりました。昨2月1日に所轄税務署に申告書を提出しました。
何も(疑義が)なければ、2月20日ころ、還付される計算です。昨年は2月14日提出、3月3日に
還付され、その前年は1月28日提出で2月12日還付でした。

申告書は、毎年国税局の「確定申告書等作成コーナー」から入力して文書作成し、税務署に
届けます。10年ほど前、識別番号を貰い、カードリーダーを購入して。「e-tax」で申告しました。
それが2年目から(入力方法が不味いのか)、どうやっても受け付けて呉れません。以来ネット
で入力、文書作成して税務署に提出しています。

私の申告は「確定申告書B(分離課税用」です。数年前、持株の譲渡損失が発生し、それを
取り戻すのに「分離課税用」を使いました。

今回申告から、医療費控除の扱いが変わりました。前年までは、医療費領控除を受けるには
医療費の領収証添付が条件でしたが、これが外されました。代りに、所定の「医療費控除の
明細書」を作成・提出する。但し、医療領収書は、申告者が5年間保存する義務があります。

医療費控除明細書の作成に当って、健保組合等から送達される「医療費のお知らせ」を添付
すれば、明細書に記入しなくて良いという。但し「・・お知らせ」を添付することが必要です。

「医療費のお知らせ」は随分前から届いていて、何のため、こんな「・・お知らせ」を送ってくる
のか・・意図不明でした。ゲスに考えたら「あなたには、これだけの医療費が掛っていますよ」
その金額の1割乃至3割しか、あなたは払っていませんよ・・と。それを態々、郵送料を払って
知らせて来る・・実にイヤらしい・・・と思い、来るたびに破いて捨てていました。

それが今回から必要になると言う。それならそうと、始めから周知徹底させれば・・私のように
破いて捨てないものを。「お上」のやることは、ムダなことが多い・・それを痛感した申告でした。

レシピは、寒い時に食べたいもの二題です。クリームシチューは「ホワイトシチュー」ともいう・・
牛乳ベースで、蛋白質・カルシウムがたっぷり。もみじ鍋は「味噌仕立ての鍋」で、鹿肉に限らず
牛・豚肉や魚介類もOKな鍋です。寒い日の夕食にお作り下さい。

簡単に作れておいしい牛乳ベースのシチューです。具材は(レシピでは)牡蠣と野菜ですが、
野菜だけで十分においしい。じゃがいも・人参・たまねぎ三種で作ってもおいしい煮込
料理です。この料理の栄養成分は下記の通り。蛋白質・カルシウムが摂取できる料理です。


材 料 ・・2人分
牡 蠣 1パック 150g ・・水洗いしてザルにあげ、塩胡椒を振る
じゃがいも 1こ 150g ・・皮むきして一口大の角切り
にんじん 5cm 80g ・・皮むきして一口大の乱切り
玉ネギ 1/3こ 90g ・・3~4cm角に切る
カリフラワー 2房 50g ・・大きいものは二つ割り
芽キャベツ 4こ 40g
マシュルーム 3こ 50g ・・タテ二つ割りに切る
乾燥スープ 1パック 6g ・・フュメドポワソン(マスコットフーズ)
牛乳 1.2カップ 200cc
ホワイトソース 2パック 140g ・・ハインツ製・3パッく入り
白ワイン 1/3カップ 60cc
バター 大さじ 1 10g
塩胡椒 適宜

作り方
1.じゃがいも人参は、熱湯で3~4分茹でておく。
2.牡蠣は、煮立てた白ワインで茹でザルに揚げておく。
3.鍋にバター大さじを入れて火にかけ、茹でたニンジン・
  じゃがいもと玉ネギ以下の野菜を入れて炒める。
4.全体に油が回ったら、牛乳とフュメドポワソンを入れ
  中火で4~5分(途中ホワイトソースを加えて)煮る。
5.野菜が煮えたら、ザルに揚げた牡蠣を加えて全体を
  かき混ぜて味見して調えてできあがり。
・・牡蠣の茹で汁は、とろみと味を調整するのに使う・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1092 カマボコとごぼうの柳川風

2018年01月27日 | 魚介類
かまぼこシリーズの3作目・・ささがきごぼうと煮て卵でとじる・・柳川風にしてみました。レシピ
作りのうち、具材を煮て卵でとじる「柳川風」・・は、応用範囲が広いので重宝します。かまぼこ
が材料であと作ってみたいのが「水菜と蒲鉾のポン酢和え」・・畑の水菜が育ってから作ります。

材 料
かまぼこ 1/4本 60g ・・薄切りにして縦に細く切る
ごぼう 20cm 50g ・・ささがきに削り水に浸してアク抜きする
たまご 2こ 100g ・・割りほぐしておく

調味料
昆布出汁 1/2カップ 90cc
鰹だしのもと 1/3パック 2g
日本酒 大さじ 2 20cc
みりん 大さじ 1 10cc
淡口醤油 小さじ 1 4cc

作り方
1.調味料全部を鍋に入れて、中火にかける。
2.煮汁が沸き立ったら、ささがきごぼうを入れて煮る。
3.ごぼうが煮えたら、細切りカマボコを加えて煮る。
4.カマボコを入れ2~3分煮てから、溶き卵を流し入れる。
5.溶き卵が煮えて、固まり始めたら火を止める。
6.温めた器に移し、青味を乗せてできあがり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1091 かまぼことチーズのピカタ

2018年01月26日 | 魚介類
カマボコの2作目はピカタです。ピカタは食材に小麦粉をまぶし、溶きたまごをくぐらせて
熱したバターで焼く・・手軽な料理です。レシピは、カマボコだけのピカタを作ろうと思って
とりかかり、途中でチーズを加えることにします。シンプルにでき栄養価満点の料理です。

材 料
かまぼこ 4切れ 100g ・・一切れ25g
チーズ 4切れ 40g ・・一切れ10g
たまご 1こ 50g ・・割りほぐす
小麦粉 適宜
バター 適宜

作り方
1.カマボコにチーズをのせ麦粉をまぶしつける。
・・カマボコ片面にに小麦粉をまぶし、水にくぐらせた
チーズをのせて、小麦粉をまぶしつける・・

2.フライパンを中火にかけ、バターを加える。
・・バターが溶けて、フツフツし始めたら次に移る・・
3.小麦粉をまぶしたかまぼこを溶き卵にくぐらせ、
熱したバターに入れて両面を焼く。

たまごが焼け、きつね色になったらできあがり。
バター風味なので、ソースなどの調味料は不要。
せいぜい、レモンを垂らす程度で召し上がれ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1090 かまぼこのフライ

2018年01月25日 | 魚介類
レシピは「かまぼこ三題」です。年の暮れ、次女が「頂き物・・」と言って小田原のカマボコ2本を
持って来てくれました。次女も親しい方から「頂きものですが・・」と言い貰ったと言います。カマ
ボコと言えば、故郷山口名産の「白銀」が馴染で・・私的には「白銀」が最高と思っていました。

三が日が過ぎ、貰ったかまぼこを酒の肴に食べるとこれが実に旨い。プリプリ感は白銀に似て
いるが「旨味」がだいぶ違う。「はてね?」と思い、貰ったかまぼこの商標を検索すると、1本の
値段が2970円(税込)とあります。紅白2本なので約6千円のシロモノでした。
値段が判ると急に大事に食べたくなります。ネット検索して試作したのが「かまぼこ三題」です。

それにしても「1本3千円のカマボコ」という値段は半端でない・・前記紹介の「白銀」は5本入り
3132円(税込)で、1本と5本の値段がほぼeven。どこが違うのか「原材料」から調べてみます。
小田原産の主材は「グチと卵白」とあり、山口産は「たら・キントキと卵白」とありました。1本の
質量は、小田原産は270g。山口産は質量表示なしですが、小田原産の半分くらいと思います。

考えるに、わたくしのような、ものの値打ちが分らない者のところに来た「かまぼこ」こそいい面の
皮で、値打ちを知った方の厨房に行けば、相当の待遇を受けた筈。それで昔習った高校の漢文
の一節を思い出しました。

「千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず」・・出典・韓愈・雑説・四首・其四より。
全文は、いかに才能のある者も、それを認めてくれる人がいなければ力を発揮できない。1日に
千里を走る名馬でも、それを見抜く(伯楽)がいなければ、下働きの男にこき使われて、碌な食べ
物も与えられず、飼い葉桶の間で死んでしまう・・という意味であります。
わたしは、小田原産のかまぼこが「千里の名馬」と見抜くことができなかった・・「伯楽」でなかった
・・大げさに言えば・・食材も碌に知らなかった・・これが新年にあたっての教訓であります。

も一つお伝えしたいこと・・明日1月24日から26日まで、寒波襲来で気温が低下すると言います。
気温低下で注意するのは「血圧管理」です。昨12月下旬、急に寒くなる時期がありました。私は
高血圧症が持病なので、朝・晩血圧測定します。この日は、起きてからの血圧が急上昇しました。
いつもなら上が130前後のところ、165もある・・ビックリして再度測ってもおなじ数値でした

そんな日が数日続き、流石に心配になってDR.のところに駆け込もうか・・と思いますが、こんなこと
はこれまでにも経験したこと・・余り騒ぐまい・・と自分を納得させました。年初、罹りつけDR.にその
旨告げると「血圧が180超えたらこの薬を服用しなさい・・」と頓服薬を処方してくれました。

気温が急低下するとき、血圧が(自覚症状なしで)急上昇する・・血圧管理していたら頓服薬で
コントロールできます。人は後期高齢になったら、自身の血圧管理をして、寒中の対策を怠ら
ないように、自身で管理して欲しいと思います。

年内に小田原のカマボコ紅白二本を、次女が持ってきてくれました。家にもカマボコの買い
置きがあり、二本はデッドストックのままでした。三が日が開けてカマボコを思いだし一切れ
食べると実に旨い。色んな料理にしてみたい思いに駆られます。その第一がフライです。


材 料
かまぼこ 4切れ 100g
たまご 1こ 50g ・・割りほぐす
小麦粉 適宜
パン粉 適宜
揚げ油 適宜

作り方
カマボコにパン粉をまぶす
かまぼこに、小麦粉をまぶして卵液にくぐらせ、
パン粉をまぶす。
・・パン粉をトレーに入れて平らにならし、その上に
卵液をつけたカマボコを入れ、その上からパン粉を
たっぷり振りかけて、手で軽く押さえる・・


パン粉をつけたカマボコを揚げる
揚げ油を入れた鍋を強火にかける・・温度設定は170℃。
油温が170℃になったら、パン粉をつけたカマボコを入れ、
パン粉がきつね色になったら引き上げる。

きざみキャベツなどを添えて盛りつける
食べるとき・・私が好きなのは・・ウスターソース・・それも
原産国イギリスの「LEA&PERRINS=リーペリン」のソース
に拘ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1089 エンドウ豆と生ベーコンのシチュー

2018年01月24日 | だし・調味料・スープ類
レシピは前回同様、エンドウ豆が主材のシチューです。前作は緑色のエンドウ豆でしたが、今回は
黄色の剥きエンドウ豆=イエロースプリット・ピースを使います。生ベーコンと煮込むシチューです。
生ベーコンが無ければ、普通のベーコンか角切り豚肉でOK。エンドウ豆は、スーパーで買いました


材 料
剥きエンドウ豆 1/2パック 100g ・・中火で14~15分煮る
生ベーコン 200g ・・7~8ミリ角に切る
玉ねぎ 中 1こ 200g ・・7~8ミリ大の角切り
にんにく 1かけ 10g ・・みじん切り
マギー 1こ 4g
ローリエ 1枚
水 3カップ 540cc ・・みじん切り
サラダオイル 大さじ 1 10cc
パセリ 適宜

作り方
1.フライパンにオイルとニンニクを入れて中火で炒める。
2.ニンニクの香りが立ったら玉ねぎを加えて炒める。
3.玉ねぎが透明になったら茹でたエンドウ豆とベーコン、
  水、マギー、ローリエを加え、中火で煮こむ。
4.15分ほど煮てできあがり。器に盛付け刻みパセリを乗せる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1088 エンドウ豆のスープ

2018年01月23日 | だし・調味料・スープ類
今日、家人が罹り付けの医院に出かけました。通い始めて20年近くなりますが、この3月末で
閉院するいう・・DR.は当年とって93才・・至極元気な方ですが、厄介な眼病に罹り視力が衰え
たので、已む無く閉院の決断に至った・・と言います。

店をたたむ・・という言葉があります。商売を止める・店を止める・暖簾を下ろす・店じまいする
・・お医者さんは店じまいと言わないでしょうが、身近にも一つ店じまいする「店」がありました。
家の近くの中華料理屋さんが、昨年末で閉店されました。

予てから「止めたい・・」と聞いていましたが、飲食店の免許が2月までと聞いていたので、まだ
まだ・・・と思っていました。それが昨年末で「the end」・・娘たちに告げると一言「ショック」でした。
店主は私と同年代・・十代のころ、四国から上阪して中華料理一筋に頑張ってきた・・その店を
畳むには、それなりの事情・・体力の限界とか・・があったのだろうと思います。

年があらたまって、二つの店じまいを聞くと、流石に淋しくなりました。かく申すわたくしも、この
ところ、レシピ作成の情熱が冷めているように思います。料理は好きなので、今日も昼は豆腐
とワカメの味噌汁を、夕食は「牡蠣とカリフラワーのホワイトシチュー」と「卵焼き」を作りました。

料理をするときの楽しみは、冷蔵庫の中の食材をみて「何を作ろうか・・」と言うことが一つ。も
一つは、作った料理を「おいしい・・」と言って食べてくれる人がいる・・ということに尽きます。
「おいしい!」と言う(人)が、愛する孫や子であれば、ほんとうに幸せな気持ちになります。

料理するのは好きなのに、レシピを書くのが面倒になった・老化現象の一端かも知れませんが
マダマダ・・と思い、レシピ作成を続けたいと思います。料理作りは確かに大変・・でも楽しい・・
「としはとっても・・」体力が続くうちは、作りたい。いつまで続くのかは神のみぞしろしめす・です。

今日読んだブログ「料理することの大変さ・・」をどうぞ。
日々の料理はなぜこんなに大変なのか?疲弊する女性たち・・WEDGE infinity・・1.12日より


短時間でできるエンドウ豆のスープです。豆はグリーンスプリットピースと言い、豆の皮を剥き
二つに割った豆。皮がないので水の吸収、火の通りが早く調理しやすい豆です。朝がパン食
のときは、短時間でできるスープがありがたい・・レシピのスープをお試しください。


材 料
剥きエンドウ 1/2パック 100g ・・商品名=green split peas
人参 3㎝ 60g ・・3ミリ厚さ×1㎝角に切る
玉ねぎ 1/2こ 60g ・・1㎝大の角切り
にんにく 1かけ 10g ・・みじん切り
フォンドボー 1パック 22g
バター 大さじ 1 10g

作り方
1.剥きえんどうを水洗いして鍋に入れ、水5カップを加えて
  中火にかけ15分煮てそのまま冷ます。
2.フライパンにバターとみじん切りしたニンニクを入れて
  中火にかけ、ニンニクを炒める。
3.ニンニクの香りが立ったら、玉ねぎと人参を加えて炒め
  玉ねぎが透明になったら豆を煮た煮汁2カップと、フォン
  ドボーをと豆を加え中火で4~5分煮てできあがり。
4.温めた器に入れて、刻みパセリを乗せる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1087 焼豆腐とえびと根菜の炊合せ

2018年01月22日 | 豆類・とうふ類
前作「根菜の含め煮・・えび餡かけ」の原作です。えび=ブラックタイガーを買い置きして冷凍
保存しておくと、色んな料理に使えるので重宝します。冷凍保存のコツは水と一緒に凍らせる
・・えびが空気にさらされないようにします。解凍する時は常温の水にしばらく浸しておきます。


材 料
焼豆腐 1/2丁 200g ・・4つに切り分ける
じゃがいも 2こ 200g ・・皮むきして(大きいものは)半分に切る
人参 1/2本 80g ・・皮付きのまま1㎝巾の筒切り
ブラックタイガー 6尾 150g ・・殻つきのまま塩茹でして殻をむく
しめじ 1/2パック 40g ・・根元を切り二つに割る

調味料
昆布出汁 3カップ 540cc
和風だし 小さじ 3 12cc
鰹出汁 1/2パック 4g
みりん 大さじ 2 20c
日本酒 大さじ 2 20c

作り方
えび=ブラックタイガーを煮る

日本酒1/3カップとみりん大さじ2、和風出汁小さじ1を加え
た煮汁に、茹でたえびを皮付きのまま加えて3分間煮て煮汁
ごと冷ます。冷めてから皮を剥く。

焼き豆腐を煮る・・途中でしめじを加える
昆布出汁に鰹だしの素、えびの煮汁の半分を加えた煮汁
に焼き豆腐を加えて中火で5分間煮る。
途中でしめじを加える。

じゃがいもと人参を煮る
1.下こしらえしたじゃがいもと人参を茹でる・・時間は7~8分。
2.圧力鍋に、調味料全部と、1.の茹でたじゃがいもと人参を
加えて強火にかける。
鍋の中が沸騰し安全弁が回り始めてから5分煮て火を止める。
3.錘が落ちるまでそのまま・・錘が落ちてからもしばらくおき
ふたを開ける。
先に煮た焼き豆腐としめじとえびを煮汁ごと温めて、3.の
じゃがいもと人参を器に盛る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1086 根菜の含め煮・えび餡かけ

2018年01月21日 | 野菜類
薄味で煮含めた根菜・・大根・人参・里芋に、えびのすり身で作る「えび餡」をかける・・温かく
ておいしい料理です。根菜三種は圧力鍋で別々に・・煮る時間は夫々10分ほど。3種で30分
・・その合間に「えび餡」作りにとりかかります。今回かかった時間は45分ほどでした。


材 料
里芋 1パック 400g ・・皮むきして水に浸しておく
大根 1/2本 300g ・・2cm巾に筒切りして皮むき
人参 1/2本 300g ・・5㎝巾に切り、縦二つに切る
えび 10尾 160g ・・皮むきして細かくたたいて、すり鉢で擂る
(えびはブラックタイガーを皮むきした正味量)
調味料
昆布出汁 2.5カップ 450cc
鰹だしの素 1パック 8g ・・味の素の「ほんだし」
みりん 1/3カップ 60cc
日本酒 1/3カップ 60cc
和風だし 大さじ 4 40cc
片栗粉 おおさじ 1 10g ・・倍量の水で溶く

作り方
えびのそぼろ餡をつくる

1.すり鉢のえびに、昆布出汁1/3カップ、和風だし大さじ
さじ1、みりん大さじ3を加え、トロトロになるまで混ぜる。
2.1を火にかけ、箸で混ぜながら煮る。煮立ったら、火を
火を止め、煮汁ごとザルで漉して煮汁は鍋に戻す。
3.ザルのえびをすり鉢に戻し、擂粉木ですり潰して鍋に
戻し、水溶き片栗粉を加えて火にかける。
4、煮る間に味見して調え、とろみが出てできあがり。

根菜を煮る
1.鍋に里芋と、かぶるほどの水に塩一つまみを加え、
20分ほど茹でる(くし刺ししてスッと通ればOK)。
2.圧力鍋に、昆布出汁2カップとみりん大さじ2、鰹だし
の素1/4パックと里芋を入れ、ふたをして強火にかける。
3.沸き立って安全弁が回り始めてから5分間煮て火を
止め、錘が落ちたらできあがり(錘が落ちるまでそのまま)。
4.大根・人参も、里芋と同様に煮る。

器に里芋と大根・人参を盛り、えび餡をかけできあがり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1085 いわしの梅煮

2018年01月20日 | 魚介類
近くに住む次女がイワシを梅干しで煮たのを届けてくれました。わたくし的には、イワシを梅干しで
煮たのは初めての料理でした。これがおいしかったので家人がマネをして作り始めました。生姜を
加えたのは家人のアイデアです。イワシ臭さが少なくておいしい、栄養的にもお勧めの煮魚です。


材 料
イワシ 1パック 200g ・・頭と腸をとり水洗いする
梅干し 3こ 40g ・・タネを取り除いて潰す
生姜 1/2かけ 20g ・・皮付きのまま繊切り

調味料
醤油 大さじ 2 20cc
みりん 大さじ 1 10cc
日本酒 大さじ 2 20cc
水 1/3カップ 60cc

作り方
1.鍋に調味料と、潰した梅干しと繊切り生姜を入れて
  強火にかける。
2.煮汁が沸き立ったら、水洗いしたイワシを入れて煮る。
3.イワシを入れた後は煮汁が静まるが、しばらくすると
  沸き立ってくる。
4.沸き立ったら落とし蓋をして、中火と弱火の間の火力
  にしてクツクツと煮る。
5.煮汁が無くなったら出来上り。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1084 いわしの生姜煮

2018年01月19日 | 魚介類
イワシに限らず、青魚を煮るときは生姜がつきもの・・鯖なんかもそうです。生姜の量は、魚の
分量の1割くらいは加えたいと思います。尤も、飛び切り活きが良い時は、半分か3分の1ほど。
全くなくても、魚体の鮮度具合で加減して煮ます。ここではたっぷり目に生姜を加えて煮ました。


材 料
イワシ 1パック 200g ・・頭と腸をとり水洗いする
生姜 1かけ 40g ・・皮付きのまま薄切り

調味料
醤油 大さじ 2 20cc
みりん 大さじ 2 20cc
日本酒 大さじ 3 30cc
さとう 大さじ 1 10g
水 大さじ 3 30cc

作り方
1.イワシの頭と腸を取る
  新聞紙を四つに折り畳んだ上で頭と腸をとろ。
  全部処理した後、頭と腸を新聞紙で包んで捨てる。
  こうすると、まな板が汚れず臭いもつかない。
2.処理したイワシを水洗いする。
3.薄切りした生姜を鍋に並べ、調味料を入れて
  強火にかける。
4.煮汁が沸き立ったらイワシを並べ入れて煮る。
5.しばらく強火で煮立ててから中火にして落し蓋を
  をして煮込む。
6.煮汁が無くなったら出来上り。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1083 ホット・ワイン

2017年12月26日 | お飲み物
赤ワインを好みのスパイスと蜂蜜などの甘味料を加えて温め、オレンジなどの柑橘類の薄切り
を加えた飲物です。フランス語で「ヴァンショー」と言い、ドイツ語では「グリューワイン」、英語では
「モルドワイン」と言います。風邪の引き始めなどに飲む、日本の「たまご酒」のような飲物です。


材 料
赤ワイン 1カップ
シナモンスティック 1本
黒胡椒(粒) 5こ
オールスパイス(粒) 3こ
クローブ 1こ
オリゴ糖 10cc
レモン(輪切り) 2切れ

作り方
赤ワイン1カップ=180ccと黒胡椒・オールスパイス・
クローブを入れて、中火にかける。
オリゴ糖もこの時加える。
ワインが温まってきたら、シナモンスティックを加えて
1~2分置き、ティーカップに移してレモンの輪切りを
加えてできあがり。

スパイスについて
使うスパイスは好みのものを使うが、粉(パウダー)よりも
粒状の方が、飲んだ時の口あたりが良い。
粒状のスパイスは「〇○ホール」の商品名・・黒胡椒なら
「ブラック・ペッパー・ホール」です。
シナモンも粉よりもスティックの方が、できあがりがきれい。

レモンは、オレンジの代わりに使いましたが・・一般的には
オレンジを使うようです。

甘味料は、普通は蜂蜜を使いますが、敢えてオリゴ糖を
使いました。普通の砂糖でもOKです。

形にとらわれず、手元にある材料で作ってみるのも楽しい
寒い冬の夜の飲物です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1082 生姜湯

2017年12月25日 | お飲み物
レシピは、からだが温まる飲みもの二題です。一つは「生姜湯」、も一つは「ホットワイン」です。
生姜湯はどなたもご存知と思いますが、ホットワインは、まだ一般的でないように思います。

ホットワインは、赤ワインに黒胡椒・シナモンなど数種類のスパイスと蜂蜜・砂糖などの甘味料
を入れて温める「ホット・カクテル」の一種です。今回使ったスパイスは、シナモン・黒胡椒・オー
ルスパイスとクローブの4種でした。それもほんの2粒~5粒で、ワインを温めるのも程ほどに
しましたが、できあがりは、スパイスの効き目充分でした。

使った赤ワインは3リットル入りパックで約1700円・・720ml入りに換算したら400円ほどの
安価なものですが、それでもおいしいホットワインができました。ネットのレシピでも安いワイン
で十分おいしくできる・・とあり、スパイスがワインの味を高めてくれるのでしょう。

一方の生姜湯は、インスタントなパック入りのものと、生姜をすりおろし本葛粉と砂糖で作る
昔ながらの作り方があります。夜、寝る前に作って飲むなら前者のパック入りが簡単にできる
・・毎晩飲むなら、この方が長続きします。それでも、時には本格的なものを飲みたい・・と言う
時には後者で作るのも楽しいものです。両方を飲み比べると、生姜の風味の違いは歴然とし
ていて、面倒でも生姜をすりおろして作りたくなります。

生姜湯は、生姜と砂糖などの甘味料だけで作るのと、片栗粉を加えてとろみをつけたり、お酒
を加える作り方もあります。レシピは、本葛粉と日本酒を加えました。体への栄養効果を考え
ると、本葛粉を使いたいところです。葛の栄養効果については、下のURLをご参考ください。

葛粉の栄養、効能7選とは?たっぷりの葛粉湯で健康になろう!・・・神様の食材より


今年は例年になく寒い冬になりそうです。この冬、風邪引きから体を守るため、二つのうちお好
みの方を、毎日飲んで欲しいと思います。

冬になると、夜寝る前に生姜湯を作って飲みます。寝る前に飲むと、からだが温まり寝つきが良く
良くなります。作り方は色いろですが、レシピはテマがかかるやり方・・この作り方が面倒ならチュ
ーブ入りの「おろし生姜」を使うとテマが省けます。更に手抜きするなら、生姜湯パックがあります。


 料
生姜 1cm 5g
本葛粉 小さじ 1 5g
さとう 大さじ 1 10g
熱湯 2/3カップ 120cc
日本酒 大さじ 3 30cc

作り方
1.小鍋に水1カップ入れて強火にかける。
2.生姜を、おろし器ですりおろす。
3.本葛粉を水、又は日本酒を大さじ2で溶かしておく。
4.すりおろした生姜と砂糖、水溶きのくず粉を器に
  入れて、よくかき混ぜる。
5.沸騰した湯を4.に加えてかき混ぜる。
6.葛が透明になったら、できあがり。
・・このママでもおいしいが、日本酒を適宜加えると、
  熱湯が程よく冷めて飲みごろの温度になる・・
・・アルコールがダメな方以外は、お酒を加えるのが
  お奨め・・生姜とアルコールの相乗作用で、体が
  温まり、寝る前に飲むと寝つきもよくなります・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加