久我山緑の散歩道

「杉並区テーマ型まちづくり協議会」認定団体
井の頭公園、高井戸公園、神田川及び玉川上水の
グリーンベルトの保全を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久我山連合商店会へ要望書

2009年10月07日 | 活動紹介
9月28日の第17回玉川上水放5周辺(久我山地区)まちづくり協議会は
「みどり・環境とまちづくり」の3回目でした。一度
報告しましたが、協議会から商店会への要望書について
少し詳しく紹介します。

この協議会では当初、「こういうまちにしたい」というイメージの
キーワードをいろいろ出しましたが、その中に「商店街を
地域のコミュニテイを支えるひとつの核にしたい」という
ものがありました。

今、小学校のPTA活動や中学校のお祭りは、
商店街の協力なくしてなりたっていないからです。
商店街は地元をお客さんとして見てくれたからなのですが、
今後とも助けてもらいたい。商店街が潰れたら困ります。
だから私は大規模店舗が放5の両脇に並ぶような、
用途地域変更には反対です。


岩通ガーデン、蛍祭りのオープンカフェ風の実質・ビアガーデン
こんな空間がいつまでも久我山に残って欲しいですね!

さて、本題ですが、そのコミュニテイの要という
役割を期待して、協議会から久我山連連合商店会の
会長あてに要望書を出しました。

1)より安全で、安心して買い物ができるように

■歩行者の安全性を高める
    歩行空間の確保、用途別の舗装、交通規制(時間帯規制の強化)

2)より魅力ある商店街に

■景観への配慮
   看板の統一、電柱の地中化

■店舗の魅力を高める
   久我山らしいもの、女性客を意識した商店街つくり

3)コミュニテイづくりにつながる商店街に

■地域の子供たちの顔を覚えてもらえるような商店街であって欲しい
■地域の人も商店街を支えていく
■コミュニテイ・カフェへの取り組み


どう実現するのか、大変、楽しみです。

1)の用途別(車と歩行)の舗装というのは
すぐにも始まり、年度内12月中に完成するそうです、
久我山駅の踏み切りのそばの道と同じ
インターロッキングというタイル舗装です。
色で歩行空間を明確にします。
パースもあるそうなので、道路舗装について
知りたい場合は、岩通どおりのお店に
聞いてみてはどうでしょう?

M.T
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログを見てくださっている方へ | トップ | ランドスケープ的「久我山緑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL