空腹

空腹を満たすためいろいろなものに、食いつこう

「Windows 10デバイス10億台時代」が2019年にやってくる“これだけの根拠”

2016-10-12 15:37:06 | 日記
「Windows 10デバイス10億台時代」が2019年にやってくる“これだけの根拠” という記事を見つけました。

 Microsoft幹部は、同社のカンファレンス「Microsoft Ignite」が開幕した2016年9月26日、「Windows 10」が現在、4億台のアクティブデバイスで動作していることを明らかにした。このおかげで、Windows 10の現在の普及ペースと、従来の平均とを比べて考察することができる。

「4億台到達」が意味すること

 2016年5月5日、MicrosoftはWindows 10が動作しているデバイスが3億台に達したことを発表した。それ以来約20週間で、Windows 10デバイスが1億台増えたことになる。1週間当たりでは約500万台だ。

 まずまずのペースのようだが、発売当初と比べれば勢いは落ちているように見える。このタイミングでWindows 10デバイスが4億台に到達したという事実から、普及ペースの鈍化についてはどのように解釈できるだろうか。

 「Windows 10 Anniversary Update」の正式リリース日である2016年7月29日には、Windows 10が動作しているデバイスは3億5000万台だとされていた。このことは、同年5月5日から7月29日までの期間と、7月30日から9月26日までの期間に、Windows 10が動作しているデバイスがそれぞれ約5000万台ずつ増えたことを意味する。前者は約12週間、後者は約9週間だ。

 このことからは実のところ、普及ペースは最近になって改善したことが分かる。前者の期間と後者の期間との1週間当たりの増加台数を比べると、後者の方が約33%多いからだ。

 だがWindows 10がリリースされた2015年7月29日までさかのぼって考えれば、普及ペースが落ちてきているのは一目瞭然だ。2015年7月29日から2016年7月29日までは約52週間、2016年7月30日から9月26日までは約9週間なので、合計61週間だ。4億台を61週間で割ると、1週間当たり約655万台となる。

 これに対し、2016年5月5日から7月29日までの12週間では、1週間当たり約416万台、7月30日から9月26日までの9週間では、1週間当たり約555万台。この21週間全体では、1週間当たり500万台弱だ。従って普及ペースは急激に減速しているわけではないものの、明らかな鈍化傾向を示している。

 簡単のために、Windows 10デバイスの現在の増加ペースを1週間当たり500万台だとすると、Microsoftが掲げる「アクティブデバイス数10億台」という目標に対してどうなのか。この目標に到達するには、2016年10月から約30カ月(120週間=6億台÷1週間当たり500万台)、つまり2年半かかることになる。それは2019年だ。Microsoftは、もう少し普及を加速する方法を見いだす必要があるようだ。悪評も多かったWindows 10への無料アップグレードキャンペーンのような大胆なてこ入れ策を打たない限り、大幅な好転は難しそうだ。

 達成は 難しそうですが ただ企業が導入に踏み切れば ありえるかも
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月10日(月)のつぶやき | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。