ミラノ暮らし

2006年4月から2010年3月まで在ミラノ・駐在員妻でした。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴースト

2010-11-29 | その他

映画「ゴースト」を見てきた。

午前中だけのパートを終え、イオンでひとりランチに、ひとり映画はお気楽♪

ひとりで映画を見るのは、夏に見たアリエッティ以来だ。

パートも映画もひとりランチも、イタリアではできなかったこと。

そしてもうひとつ、スポーツジムにも通い始めた。ミラノではすぐ近所にあったというのにね

片道自転車で約20分、けっこういい運動。でもほとんど車で行くことが多いかな、やっぱ。。

で、映画に話をもどすと。。

少しうるうるしたり、ベタな演出にしたりもあったけど、ヒロインを殺した犯人を見てふと思った。

オリジナル版の電車のゴーストに似てるなあ、と。。ちょっとクルクルパーマのところなんか。。

そのオリジナル版ゴースト、イタリアのシチリア島出身なんだとか。何かで読んだことがある。

この作品でいちやく有名になり、シチリアでも一時ひっぱりだこになったそうで。。

もう、ガンか何かの病気で亡くなったそうな。

オリジナル版見たいな・・と思っていたら、グッドタイミング!テレビでやったので、そのゴーストを確認。

まあまあ似てたかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

意外と・・

2010-11-27 | イタリア語
海外では、よくヘンな日本語のTシャツや漢字のイレズミを見かける

ここ日本でも、?な英語を見ることがあるけれど
イタリア語にもお目にかかるとは

べつにヘンじゃなくて、ちょっと意外で、それがイタリア語だと気づくのは少ないんじゃないかと。。

私がよく利用するお値打ち衣料品店し○○らにて・・
カワイイ座布団カバー発見!!
よく見ると、イタリア語が

今のところ、イタリア語を見るのはココしかない。
フランス語やドイツ語は、おしゃれな雑貨店で見たことはあるけどねえ。


そして、今日はキッチンマットにun gatto(ネコ一匹)とな。ネコの絵柄はかわいくて
モチロン即お買い上げ。

次男に見せると、「あッ、イタリア語だ!!」
よしよし、覚えてるじゃないか。

イタリアの学校のクラスメートから手紙が届いてずいぶんになる。
そろそろ返事書くかい?
母さんが覚えているうちにね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだ、うろたえること・・

2010-10-07 | その他
帰国して、早や7カ月になろうとしている。
猛暑も残暑もおさまり、ようやく過ごしやすくなった。
ミラノは、とっくに肌寒いんだろうな。。

それなのに、日本のスーパーに行くと、まだオロオロしてしまうことが。
レジで、ぼんやり待つのがなんだかもったいない??手持ちぶさた??
だって、イタリアではレジでとおされた商品は、すぎに自分でせっせと
マイバッグに入れていたから。
日本では清算して、別の机に持って行ってから袋に入れるもんね。

そして、野菜や果物の手づかみ。
さすがに使い捨てにビニール手袋を探すほどボケてはいないけれど、ついオロオロ。

イタリアのスーパーでは、B型肝炎防止だとかで、衛生のためにビニール手袋が必須。
もっとほかに衛生面で気をつけてほしいんだけど。。
たとえばトイレや路上の犬フン始末ね・・・

でも、路上の市場では、ビニール手袋は存在しない。
ま、市場の人が「素手」で取って測り売りしてくれるんだけどさあ。

ひと昔前は、ずいぶん汚かったらしいミラノ。
私が住んでいた地域では、マメに清掃車や清掃の人がせっせと
ごみ箱や路上を掃除していた。
パリで、クリスマスもちゃんと出勤していた清掃人には驚いたけど
ミラノはどうなのかな?

ちなみに、ミラノの路上清掃車は、運転席が日本とおなじ「右」!!
一般車は運転席が左なのに、車右下側から丸いブラシのようなものを
自動で動かしながら掃除しているから
右側通行にとっては、運転席は右の方が都合がいいんだろうな。。

残念ながら、証拠写真はないけれど、在ミラノの方は要チェックね!



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イタリア語

2010-08-22 | その他

帰国しても、細々とイタリア語を続けている。

4月からテレビで毎週録画して「イタリア語講座」を見ているワケ。
意外と続いているのは、やっぱり語学の勉強は性に合っているのかな。

レギュラーのイタリア人男性2人(もう典型的でチョイ悪風なのが憎めない
とヒロイン女優日本人(やる気ないなあ、この人)が番組を盛りたてて?いる。

懐かしい表現から、知らなかった言い回しまであって、じゅうぶん楽しんでいる。

今回は、ワールドカップで活躍したゴールキーパーがゲスト出演。
お~、片言だけどがんばって話しているなあ、と感心感心。

つい笑ってしまったのが、コレ。
彼のイタリア人友達が「5分で戻るから」と言っておきながら
待てど暮らせど戻らない。
やっと戻ったと思ったら、すでに30分経過

イタリア人にとって、「5分待つ」は「30分待つ」ことだよ~!!
とイタリア人インタビュアーも笑いながら弁解するわけでなく、おおいに納得していた

そのゴールキーパーは、海外ではとにかく必死になんでも完璧にプレーしようと
がんばっていたそうだが、↑なこともあったりイタリア生活を続けるうちに
Non fare tutto perfetto.(完璧にやらなくてもいいんだ)と学んだそうだ。

私もそうだったな・・
なんかマジメにとらえても仕方ないじゃんって、ラクに生きていかないとソンじゃんって
感じるようになったな。
いや、決して「イイカゲン」ではなくて「好い加減」ね

そうそう、次男。
もうすっかり自分の名前すらイタリア語で書けない
でも、アルファベットは英語とイタリア語が混ざっている・・・
ま、キープする気もさせる気もないし、まずは「漢字」覚えてね♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あっち~

2010-08-21 | その他
久しぶりの更新♪

ワールドカップで燃えた日本(イタリアは惜敗?いや惨敗か・・)のように
今年は毎日のように、アツイだの猛暑だの熱中症だの、と騒いでいる日本。

確かに暑いけれど、基本的にクーラーに弱い私。
家庭を守るため?いや家族のためにクーラーを使う日が多くなった。

ミラノでも、猛暑のときはあったので、クーラーを使う家庭(日本のメーカー大活躍)は多い。
家にはなかったけどさ。
当然、スーパーなど生鮮食品店は必需品で涼めたけれど
日本のスーパー、私、長居できません・・・だって寒すぎ~
大型ショッピングセンターから出たとたん、熱気でもわあ~とする感じ。
ああ、日本だなあ、とため息ひとつふたつみっつ・・・

長男の体験入学につきあって、数年ぶりに電車にのったとき
クーラーが効きすぎて、凍えそうにムダに寒い・・・
そうだった、これがフツウだった・・・
だって、ミラノの地下鉄はオンボロ車両がほとんどで
真夏のクーラー無しに慣れていたんだわあ。
おかげで、日本から持ってきた携帯ウチワが大活躍♪

電車の切符を買ったときも、オタオタしてしまった。
日本なのに、すっかり忘れている。

4年ぶりに我が家に住み始めた時も、荷ほどきしていて洗面台下の組み立て棚が
でてきて、さあ組み立てよう!と思いきや、デキナイ
情けない→夫がさっさとやってくれて助かったわ

まだまだギャップがでてきそうだけど、まずはこれだけ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足が!

2010-06-20 | その他
梅雨入りし、毎日のようにうっとうしい雨がシトシト降っている。
数年ぶりの梅雨やいかに!?

今のところ、このくらいのジメジメジトジトは許容範囲かな。
だって、意外とミラノも蒸し暑いことあったから。
「首に手ぬぐいぶらさげて~♪」←あえてタオルといわないの
ミラノでもやってたもんで

家の中で、素足でぱたぱた駆け回る次男。
ソファで寝ころんでいたときに気付いたこと。
「あれえ?足の裏がキレイじゃんか」

そう、ミラノ(ほかの街もかいな)では家の中で裸足でいると
すぐに真っ黒になっていたものだった。
べつに掃除を怠っていたわけではなく、ホコリや排気ガスが飛び交う
スモッグ汚染大都市だからなのよね。
いえ、決して掃除をさぼっていたわけじゃないのよ~って言い訳ぽいか

ま、これは住んでいた経験がないと分からないわね。
常に床をピカピカにしておかないから、こういう羽目になるんだけどさ。

掃除がユウウツだったミラノ生活に反して、日本ではクイックルワイパーで
掃除する機会が格段に減ったなあ。
まあ、もともと持ち家に帰ってきたのだから
借り家のミラノとちがって、せっせと掃除する気合いはあるかな。

まずは、次男の足がキレイでいることがなんとなくウレシイな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車

2010-06-16 | その他
帰国してエコに目覚め?運動不足解消のため?ごくたまに自転車なんぞに乗っている。
長男もがんばって自転車通学しているし、子どもに過酷な試練(って大げさ~)を
与えておいて、自分は車ばっかりの生活じゃカラダがなまってしまう。

で、ちょうどオンボロ自転車(かれこれ10年もの)もあることだし
タイヤはパンクしておらず「虫」交換だけですんだのでラッキー

この「ムシ」って、なんぞや???
40ン年も生きていて、初めて聞いた言葉、自転車の「虫(この漢字なのよねえ)」
タイヤの空気を入れる細いネジ内部にあるゴムパッキンのようなもの、だとは
一応、高校生のとき自転車通学だったんだけど、世間知らずの私でした。。

さて、夕方のニュースで、最近は「ツーキニスト」という自転車通勤する社会人が
増えているんだとか。
そのうちのひとりが、イタリアの自転車メーカーDE ROSAを愛用しているそうで。
お値段ナント100万円弱もするとか・・
ひ~え~~っっ

ま、確かに自転車のレースはイタリアでは人気あるし、ドロミテなどの山岳地帯でも
ツーリストがたっくさんいる。あの登り坂をうんせうんせと自転車をこぐ姿に
感心しつつも同情してしまう。なんでそんなにシンドイことするの?と。

でも、自転車に乗るようになって気付いたこと。
意外と気持ちいいのよね。カッコよくいえば「風を感じて爽快感!」
車じゃできない「ヨソ見」や、ふと立ち止まってこんなところに小路があったっけ?なんて。
でもどんなに気持ち良くても、目的地や家に着くと、ど~っと汗がふきでるんだけどネ

心配なのは、前かごにのせているバッグのこと。
日本の田舎だからといって、ひったくりがないとはいえないので
気をつけないとね。
そうそう、ひったくりって、イタリア語でscippoシッポっていうの。
かわいいよね~。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ

2010-06-10 | その他
いよいよサッカーワールドカップが始まる。
早いなあ、4年前にイタリアが優勝したのがつい最近のよう。。

あのとき、決勝戦の後、それはそれは想像を絶するような(ちと大げさか・・)
大晦日の打ち上げ花火以上の「やかましさ」だったっけ・・。
まあね、うれしくって大興奮する気持ちは分かるわよ。
でもさあ、オトナなんだからさあ。
阪神ファンが道頓堀川に飛び込むくらい、カワイイもんです、ハイ。

でも、どんなにけたたましくても、私は寝れるのよ。
だって、毎晩、横で寝ている夫は「イビキ怪獣」ですから♪
もっとも、イタリアに来る前にイビキ解消マシンをふんぱつして買ったおかげで
ずいぶん安眠できるようになったのよね。
が、イタリアにいるときも帰国してからも、次男は私のベッドにもぐりこんでくる
いつになったら安眠確保できるのかしら?

で、話をもとに戻すと、優勝決定後どうなるかイヤな予感がした夫は
早々にミラノからトリノまで車を走らせたわけ。
だって、そうしないと興奮したサッカーファンが車で繰り出すから大渋滞に
巻き込まれる羽目になるのよね。

難なく、トリノに着いた彼だったが、うるさくてその晩は眠れなかったとのコト。
で、翌日出張に向かった先がフランス。
そう、イタリアと決勝戦をして負けたわけよ。
ま、問題なく(その話題にふれることなく)商談はとりおこなわれたとか。
めでたしめでたし♪

そんなコトを思い出すワールドサッカー
さ、日本勢はいかに!?

FORZA,GIAPPONE!!! がんばれニッポン!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯医者へ

2010-06-08 | その他
そろそろ歯医者へ行かねば、と早速予約。
イタリアの歯医者で何度か世話になったので、歯の健康に気を配らねば、と決意。

歯石を取るぐらいだろう、とかる~く考えていたのだが
いきなり「麻酔して治療しましょうね」とは!?
遠い昔に前歯治療した箇所が欠けていたのだった。

麻酔、と聞くとギクリとなるのは私だけじゃないよね・・。
意外と早く20分ほどで治療終了。
次回に歯石を取ればもうおしまい、とな。

治療中、気付いたこと。
やたら「お口ゆすいでくださいね~♪」と・・
50回近くぶくぶくするためにイスのアップダウンあっただろうなあ。
うがいするための水も多かったろうなあ。

イタリアじゃ、治療中ほっとんどうがいしなかったなあ、なんてことを思い出した。
ま、そんなことどうでもいいか。

あ、帰国してからカラダの定期検診にも行ってないわあ。
朝ごはんヌキで行くのがどうもおっくうでね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

帰国して・・

2010-05-30 | その他
帰国して早や2カ月。
祖母が亡くなったり、生後数日の子猫を死なせてしまったり
辛いことがあった。

イタリアからの荷物が全て届き、ダンボール引き取り手配をして
さあパート探しでもして心機一転!
なかなか思うようにいかずめげている。

昨日、夫からの電話。
「駐在期間、延長になるかも(ただいま単身赴任)・・・」
が~あああああああああんんん・・・・

なんか楽しいコトないなあ
ヤフオクを始めたり、ガーデニングしたり気晴らしはしているんだけど
いまいち満ち足りていない。

で、ふとブログをのぞくと、まだ読んでくれる人がいるではないか。

というわけで、帰国して気付いたことを少しずつ記録していこっと♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加