愚有多楽日記

アウトドアと旅行,読書・映画の個人的な日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奈良公園を散策

2016年10月24日 19時04分20秒 | 旅行
2016年10月24日
今日は奈良公園を散策する。奈良の観光地としては最も人が集まるところである。近鉄奈良駅から歩き始めたが、観光客が列をなして歩いていた。興福寺の境内を散策して、東大寺の南大門に向かう参道に着くと、もう人がいっぱい。外国人も多い。西洋人も多いが、特に目立つのが韓国人・中国人。日本は彼らに占領されてしまうのか…と思ったりする。修学旅行生もいっぱい。私も高校の修学旅行で訪れているのだが、今日はその修学旅行コースを、昔を懐かしみながら歩くつもりだ。私は修学旅行生が行列をなして、キャアキャアいいながら歩いて姿はけっこう好きなのだ。
南大門→大仏殿→戒壇院→正倉院→東大寺講堂跡→二月堂→三月堂→手向八幡宮→若草山→春日大社→若宮神社→ささやきの小径→志賀直哉旧居→頭塔→浮き御堂→奈良ホテル→猿沢の池→興福寺→奈良国立博物館
と巡ってきたら15時になっていた。ちょうどいい時間である。
今回の近畿旅行の大きな目的は「正倉院展」を観ることだったのだ。日中は混雑するので終了2時間前くらいが空いてくるのだ。待つことなく入館できた。でも、有名な展示物の前では人がいっぱいでよく見えない。それに、今日一日歩き回って疲れているため、身をいれて鑑賞することができなかった。何をしてるんだか…。


興福寺


人がいっぱいの南大門への道


奈良国立博物館
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大和郡山を散策 | トップ | 平城京跡から御陵めぐり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL