工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

栃木県真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!どんな症状でもご相談ください!

印マッチが品薄になってきた

2017年03月07日 19時53分23秒 | 工藤鍼灸院の出来事
待合室にようやく今シーズンのポスターを貼りました(笑)。おさるさん、お忙しいところありがとうございます(^^)



昨シーズン入替戦で敗れて以降、いろんなことを考えましたが、ひとつだけ変わらないのは「栃木SCが大好き」だということ。開幕前までにいろんな思いを吐露したいと思っています。開幕まであと5日、いよいよですね(^^)v



はいこんばんは、院長でございます。



私はお灸への点火には必ずマッチを使用しているマッチ愛好家。お気に入りは印シリーズで有名な業界トップシェアマッチ、兼松サステックさんの印マッチです。しかし残念ながら、兼松サステックは今月でマッチ事業からの撤退が決まっております。昨年10月から現社名となったわけですが、2月下旬頃から少しずつ旧社名(兼松日産農林)のマッチが姿を消しつつあるようです。



3月になってからというもの、旧社名入りの商品はどこを探しても見つけられません。現在大手100円ショップで流通しているのは、昨年10月から生産している現社名入りのマッチとなっております。



もしくは、店舗によっては大和産業製品に置き換わっていたり。いよいよ品薄になってきた気がします。



兼松サステックのマッチ製造は今月いっぱいで終了なので、現社名入りマッチの生産もトータルでは6ヶ月のみ(これはこれで貴重?)。今月いっぱいで印マッチは日東社へ引き継がれます。パッケージデザインのみの譲渡でしょうから、中身はまったくの別物となることは必至。印マッチの長い歴史に終止符が打たれるわけです。



あの安定した着火、軸木の燃焼スピード、ほのかに香る残り香・・・パッケージが残っても大事な中身が変わってしまってはどうしようもありません。一番使いやすいマッチだったのに。



今のうちに買えるだけ買っておきたいです。時代の流れとはいえ、本当に寂しい限り・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎に救世主現る! | トップ | 気持ちはわかる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工藤鍼灸院の出来事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL