工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

栃木県真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!どんな症状でもご相談ください!

イラク戦はドロー

2017年06月14日 13時24分33秒 | サッカー馬鹿
昨晩のイラク戦は練習終わりの娘と一緒に観戦しました。おチビは一旦寝て「キックオフ直前に起こして」と頼まれていたのですが、何度か起こしても起きて来なかったので放っておいたんですよ。試合自体は録画もしてましたし。
ところが今朝、ゲームを見逃したおチビはひとりで怒ってました。起きるまで起こしてくれればいいじゃん!!と(笑)。いやいや、何度も起こしたし。気持ちはわからないでもないけど、起きなかったのは自分の責任でしょ。さすがにそれでキレられるのは、ねぇ(;^^)

はい、というわけで朝から工藤家は殺伐とした空気だったわけですが(笑)。

そんなおバカなおチビが見逃した昨日のイラク戦。守備の連携ミスで失点し、1-1ドローに終わってしまいました。ミスが出たのは選手の責任ですけど、追加点を奪えなかったのは監督の責任だったんじゃないかなぁと思って見ていました。
けが人続出で中盤の選手が不足しているのに、故障を抱えた山口選手や故障明けの今野選手はメンバー入りし、加藤選手はベンチ外。好調の乾選手は使わず、シリア戦でもあまりいいところがなかった久保選手をスタメン器用。結局、負傷者が相次いで采配も後手後手…。
ハリルホジッチ監督の人選や采配には以前から疑問を抱いていましたが、残り2試合となった現段階でもその疑念は拭えないままです。しかし今更監督交代に踏み切るわけにも行かないでしょうから、現体制で最後まで突っ切るしかありません。
次のオーストラリア戦に勝利しなければ相当キツイ。うーん、スリリングな展開になって参りましたね。ギリギリの攻防は非常に楽しみですけど、実力ではなく采配でこうなっている現状には何とも歯がゆい思いもございます。

この試合のキックオフは現地時間夕方4時55分でした。試合の内容以前にまだ日が高い炎天下の時間帯になぜ試合をするのか不思議だったのですが、理由は停電のリスクを避けるためだったそうです。

『日本代表 なぜ酷暑の中で試合? ナイターにできない理由』(スポニチアネックス)

両チームの選手が足を攣らせる場面がありましたけど、さすがに37度を超える炎天下でのゲームはどうなんでしょうか?サッカーをやるコンディションではありませんよね。選手達がちょっと気の毒でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海ポチャ第1号 | トップ | 羨ましい… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
考えるだけで。 (とも)
2017-06-15 12:09:55
お疲れ様です、炎天下でのサッカーですか考えただけで、ゾッとしますね!サッカーやっていた自分でも、怖いですね!もっと良い気候でしてもらいたいです!
Unknown (院長)
2017-06-28 20:09:09
J3やJFLは照明の関係でデーゲームが多いですね。選手がサッカー以外の仕事をしていたりする都合もあるので、デーゲームが多くなるのは仕方がないのでしょうか・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL