工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

栃木県真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!どんな症状でもご相談ください!

栃木SCの応援から離れてしまった方へ

2017年12月14日 22時30分40秒 | サッカー馬鹿
もうすぐ紘子さんの誕生日。今夜くらいしか時間が取れそうになかったのでちょっぴり早めにお誕生会をしたんですけどね。ケーキをチョコにしたら、紘子さんから喜びのコメントが。

「私がチョコケーキ嫌いだって知ってるよね!?」

「結婚して何年?まだわかんないの?」

「このハゲー!!」

結婚19年目・・・毎年これで怒らせてる気がします( ;∀;)
まぁそんなわけで写真はないです。紘子さんは韓国ドラマ観てます。
来年こそチョコレート以外を買います。覚えていたら。



こんばんは、老化が激しい院長でございます。



さて、栃木SC公式チャンネルに、先日のファン感の様子がUPされていました。和やかな雰囲気でとても良いイベントでしたね(^^)



この場にいた方はそのほとんどが今シーズンも栃木SCの試合や応援を楽しんだファン、サポーターの皆さんだと思います。J2からJ3に降格し、苦境に立たされた栃木SCを懸命に支えてくれた皆さんは、真のサポーターだと思います。



一方で、J3降格を機にサポーターを辞めてしまったり、応援から離れてしまった方々も大勢いらっしゃると思います。それは降格しただけが原因ではなく、様々な事情が重なり合った上でのことで、やむを得ない事態だったのだと思います。そういう方は再び栃木を応援したくなってもグリスタに戻ることを躊躇してしまうかも知れません。でももしまた応援に戻りたいという方がいたら、ぜひ来シーズンはグリスタに戻って来てほしいと思っています。
苦しい時に支えてこそ真のサポーター。私もそう思います。でもそれを理由に栃木SCを応援したいと思っている方々を拒否するのは、私は正しい判断ではないような気がするのです。

ただ応援から離れただけでなく、「もうずっとJ3」とか「弱い栃木に興味はない」「そのうち潰れるクラブ」などなど、悲しくなるような言葉を吐き捨てて応援から離れてしまったサポーターも知っています。熱心なサポーターならそういう方のことを許せないと思うのは当然ですし、何もそれらの言動を許してあげてと言っているのではありません。それらを理由に「排除」することが間違っていると思うのです。

応援してくれる人達が増えればクラブの収益が上がります。クラブの経営が上向きになるのに、サポーターがその足を引っ張るような行為はすべきではありません。一度応援から離れてしまった人でもまたグリスタに戻って来られる雰囲気を作ること、それが我々J3時代を支えた真のサポーターの役割りではないでしょうか。

栃木SCはコアなサポーターや熱心なファンだけのものではありません。ライトなファン層もたくさんいらっしゃいますし、何となく栃木SCが好きな方、サッカーが好きな方、栃木県そのものが好きな方はみんな受け入れてあげたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈴木啓太のキッズチャレンジ... | トップ | 栃木県出身選手が新加入! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2017-12-14 23:17:57
元リーダーも戻ってきてくれるといいですね?

コメントを投稿

サッカー馬鹿」カテゴリの最新記事