イタリア語の単語

イタリア語学習の裏話
イタリア語の不思議

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

82.イタリア語単語の話 Marcantonio  イケメン

2013-09-25 | 語学
82.marcantonio(マルカントーニオ):長い単語だなと思われるかも知れません。これは、「背が高くカッコいい男」と言う意味です。この名詞は、ローマ時代の政治家、軍人であるMarco Antonioから取られています。Antonioは日本ではアントニウスとして知られていますが、シェークスピアの戯曲「クレオパトラとアントニー」でも有名です。Antonioは、クレオパトラの魅力に引かれ、ローマに残した妻と離婚して、エジプトでクレオパトラと一緒になったといわれます。「背が高くかっこいい」「イケメン」のような代名詞で呼ばれるからには、当時を代表するようなスマートな男かと思われますが、キケロが彼を評して、「肉体が頑丈なだけが取り柄の無教養人で、酒に酔いしれ下品な娼婦と馬鹿騒ぎするしか能のない、剣闘士並みの男」と言っていたり、クレオパトラと一緒になった後はローマ市民からは、「エジプト女に骨抜きにされ、ローマ人の自覚を失った男」と言われている、などの言い伝えがあり、どうもあまり評判は芳しくないようです。従い、marcantonioという意味は、揶揄的に「かっこいい(だけ)」というニュアンスがあるのだろうと思われます。同じように、人の名前が、単語になったものに"casanova"があります。これは、Don Juan(イタリア語はDon Giovanni)の代表と言われる男の名前からとったもので、意味は勿論「女たらし」です。 **marcantonioの語感ですが、イタリア人に確認したところ、あまり揶揄的な意味はないそうです。私は、時代と共にニュアンスが変って来たのではないかという疑問を捨ませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

81. イタリア語の単語の話 Alto と Basso

2013-09-25 | 語学
81.alto と basso :altoは高い、bassoは低いである。 背が高い低いは、この形容詞を使う。 voce alta, voce bassaは高い声、低い声だが、音程が高いという意味とともに、声が大きいという意味で使う。 l'alta Italiaといえば、北イタリアを指す。alta modaはハイファッション。布地の幅のことは、altezza(altoの名詞を使う)。従い、生地がaltoといえば、生地幅がひろいこと、本がaltoなら分厚いという意味である。イタリアの昔の町は、主に山の上に都市を作る。ミラノはpianura padana(ポー平原)というイタリア最大の平野の中にあるので、平地に町があるが、ローマも古代ローマは、Palatinoの丘という、ローマの中の丘の上に町を作った。Umbria州や、Abruzzo州は、小高い丘が沢山あるが、昔の町は皆丘の上に作られている。日本は、農耕民族だからだと思うが、町は平野に作る。敵が攻めてきても守れるように、平地に城を建てるのが普通だ。イタリアが町を山や丘の上に作るのは、狩猟民族であることと、外敵からの侵入に備えるためかと思っていたが、実はそうでもないらしい。町を丘の上に作ったのは、マラリア対策だそうである。マラリアをもたらす蚊は、平地の湿った場所に発生する。尚、Malariaは、Malo(悪い)+aria(空気、場所)の意味で、湿った場所の悪い空気のせいで熱が出ると思われていたようだ。従い、イタリアの町には、Citta` alta と呼ばれる場所があり、それは古い町(旧市街=citta` vecchia)のことである。新しい町は、住宅地や工場、商店街など平野の方に広がっており、こちらはCitta` bassa(平地の市街)であり、citta` nuovaになる。Lombardia州でも、Belgamoへ行けば、Alta,bassaの町があり、Abruzzo州だと、Chietiなどではこのように分かれているのに出会った。尚、音楽用語でも alto と bassoは使われている。bassoはバスの事で「低い」ということで分かるが、altoは女性の声で一番低い音である。つまり、女性の声は一番低い音でも「高い」ということが、ここで認識できた.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

80. イタリア語の単語の話 portoghese は「薩摩の守」???

2013-07-27 | 語学
80.portoghese, turco, indiano:左からそれぞれポルトガル人、トルコ人、インド人のことだが、それを説明する為に書いたのではない。まず、portogheseは、無賃乗車の人または切符を買わずに劇場などに入場する人を言い、"fare il portoghese"が、その行為をすることを指す。turcoは、次のように使って、とても沢山タバコを吸うことをいう。"fumare come un turco" トルコでは一時タバコが禁止されていて、解除になった後に、皆がとてもタバコを沢山吸っていたのを見たイタリア人がそう呼び始めたともいう。indianoは、次のように使う。”fare l'indiano"、そして意味は「知らないフリをする」である。これは何故か?indianoは多分、アメリカインディアンのことのようだ。アメリカに上陸した、ヨーロッパからの移民は彼らとの話が通じない。分かっていても、知らないフリをしたという風に捕らえたかもしれない。真実はそれ程明快ではないが、特にfare il portogheseなどは、失礼な話だと国から文句が出そうな表現でもある。また、venezianoは、ベネツィア人のことだが、「ケチ」と言う意味もある。これは、ベネツィア共和国は商業国家であって、商売人が多かった。商売に関しては、「ケチ」を貫くことから、この表現が残った。シェークスピアの「ベニスの商人」でも、ベネツィア共和国の商人が書かれているので、雰囲気は分かりますね。最後にこれも失礼な言い方だが、イタリアでは聞くことがあるかもしれない。marocchinoはモロッコ人のことだが、路上で物を売っている特にアフリカ人のことを、このようにいう。これは別にモロッコ人に限らないが、総称してそういっている。良い言葉ではないので、使うことは控えたい。なお、タイトルに上げた「薩摩の守」だが若い人は聞いたことがないかも知れないので、付け加えておきますが、これは平家の武将 平忠度(ただのり)が薩摩の守だったので、ただ乗りの事を薩摩の守と言ったのである。20年以上前には確実に通じたのだが、今じゃただのおやじギャクと言われそうですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

79. braccio di ferro 鉄の腕とは?

2013-07-24 | 日記
79.braccio di ferro:braccioは腕、ferroは鉄、鉄の腕=腕相撲のことをいう。鉄の事を元素記号ではFeというが、これはFerroから来ている。鉄は強い意味を持つので、stomaco di ferro 頑丈な胃袋のようにも使う(stomaco di bronzo(青銅)という言い方もあるが)。鉄道はferro+viaでferroviaという。地下鉄は、sottoを使って、ferrovia sotterraneaである。一方bronzoは、厚かましいという意味がある。日本語では厚かましい人を「鉄面皮」というが、それは、faccia di bronzo「青銅面」という。金属のことで思い出すのは、1939年に締結された伊独同盟。この後、1940年には日独伊三国軍事同盟が結ばれ、第二次世界大戦に入っていくのだが、この伊独同盟のことを”Patto d'acciaio"という。acciaioとは、鋼鉄=スチールのことで、勿論これは鉄よりも硬い(絆で結ばれる)同盟との意味であったのだろうが、名前だけだったようだ。「外交」を象徴するような名づけ方だなと思わされる。尚、金属には冷たい意味もあり、occhio d'acciaio (鋼鉄の目)と言えば、冷徹な(冷たい)目(視線)の意。また、ferro(鉄)と言えば、「鉄の女」と言われたサッチャー元イギリス首相を思い出すが、これは signara di ferro, または lady di ferroという。しかし注意しなければならないのは、これは何もサッチャー女史だけのあだ名ではない。女性の首相や元首はこの名で通常呼ばれる。例を挙げれば、インドのインディラ・ガンディー首相、イスラエルのゴルダ・メイヤー首相など、ちなみにフィリピンマルコス大統領のイメルダ夫人はfarfalla di ferro(鉄の蝶)と呼ばれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

78.イタリア語の単語の話 sottovuoto 真空パック

2013-07-24 | 旅行
78.sottovuoto(ソットブオート):sottoは「下」の意味です。前置詞や副詞、たまには形容詞としての役目がある。sottoがついていて、覚えていれば便利な言葉は多い。 sottoveste(下着)、sottoscritto(署名者:申請書、宣誓書などによく使う)、sotterraneo(地下の、strada sotterranea=地下道=sottoviaでも良い)、sottovoce(低い声で)などは、良く使うことばであろう。そして、紹介したいのは、sottovuoto(真空の)である。直訳すると、「下が空(カラ)またはカラの下」、でなぜこれが真空なのかは分からないが、vuotoという言葉自体に真空(名詞)の意味があるようだ。主に、生ものを買った後すぐにそれを消費しない場合、若しくは人に上げたり、遠くへ運ぶ場合には、真空パックをお店で頼めば、大きなお店ならすぐにやってくれる。confezione sottovuotoといえば大丈夫である。日本や海外の検疫(quaranteina)基準に引っかからないのであれば、この形で生ハムや新鮮なチーズを土産に買ってくることも十分に出来ます。試して御覧なさい(但し、検疫基準については、良く調べておいて下さいね)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

77 イタリア語単語の話 Colpoとcorpo

2013-04-20 | 語学
77.colpoとcorpo:日本人には聞き取るのは至難の業だが、l かr かとっさに判断が難しいものがある。colpoは、「打撃」の意味で、47に上げているcolpo della strega(=魔女の一撃=ぎっくり腰)のように使う。colpo di testa(頭突き、サッカーのへディング)、colpo basso(ボクシングのローブロー)、di un colpo(一息に、一撃で)など。colpo di testaで思い出すのは、前項に続いて歴史の証人みたいで恐縮だが、キングカズこと三浦選手がイタリアのGenovaに入団し、シーズン最初の試合はミラノのSan SiroスタジアムでのAC Milanとの開幕戦で、私はたまたま見に行っていた。開始早々、三浦選手はボールをcolpo di testa(ヘディング)しようと、飛び上がり同じく飛び上がったAC Milanの伝説的リベロのFranco Baresi選手と、colpo di testa(頭突き)をしてしまった。三浦選手は倒れ起き上がれず、そのまま退場し、確かこのシーズン2~3ケ月をフイにしたと記憶している。一方Baresi選手はなんともなかった。あの石頭(これはtesta dura=頑固者の意味もあるのは日本語と同じ)! 実はBaresi選手とは何度か町で遭遇したことがあり、そのうち一度はミラノ日本領事館のエレベータの中だ。私はピンとくるモノがあって、彼に日本へ行くのか(移籍)聞いたところ、「そうであればいいな」というような、どちらとも取れるような返事をしてきた。その後当時の総領事の方に、彼が何をしに来たのか聞いてみたところ、「ワイン(だかシャンペンだか)を飲みに来ただけだ」と、はぐらかされたので、ますます怪しいと思った思い出がある。結局彼の日本行きはなかったのだが。ただ、MassaroというACミランにいた選手が、清水エスパルスに移籍したことがあるが、日本の新聞で発表する数日前に、彼に空港であったという息子から彼がそういっていたという話を聞いていた。彼らは、かなりきさくで、何でもしゃべるわけではないだろうが、話はしてくれる。また、大体ファーストネームで呼んで問題ない。日本だと、普段には松井とか呼び捨てにしていても、直接には~さんづけで話すのとは、ちょっと違う。どちらが良いかどうかの問題ではなく、文化の違いだと思っている。さて、この項ではもうひとつ、corpoの事を書こうと思ったが、前置きが長くなったので簡単に。corpoは体、肉体のことで、ほかには死体や軍隊の意味もある。こちらも良く使われる単語である。昔、colpo grossoというテレビ番組があって、耳で聞いただけではlとrの区別がつかないので、大きな一撃なのか、大きな体なのか悩んでいた。番組はイタリアではよくある、美しい女性が沢山出てきて、かなり艶かしいものなので、衝撃が強いのでcolpoか、大きな肉体のcorpoかと。結論は先に書いたとおりである。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

76 イタリア語の単語 animali

2013-04-19 | 語学
76 Animali ・・・
イタリア語では表現に動物を使うことがあります。
Ad esempio "dormire come un ghiro" は良く寝るの意味。"ghiro"はヤマネです。ヤマネといっても解らない人は、写真を見てください。山鼠と書いてヤマネですが、ヤマネ科です。 "prendere un granchio" は失敗する。"granchio"はカニです。カニを捕まえると失敗する?これは、カニを捕まえると指を挟まれることから来ています。 "essere matto come un cavallo" はとても変わって人。 "cavallo"は馬ですが、馬のように気がくるっているというのですね。 "avere una vista d`aquila"は、目がいいこと。"aquila"は鷲。鷲のように目がいいといいます。 "essere una tartaruga は、遅いこと。 "tartaruga"は亀ですから解りますね。 "avere una memoria da elefante" は記憶力がいいこと。象(elefanteは一方で、動作が鈍い、のろまだという意味でも使われますが。 "essere una volpe" は、ずるがしこいこと。volpeはきつねですから、これは日本の印象と同じ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

75.イタリア語単語の話 film comico 喜劇映画

2013-04-17 | 語学
75.film comico 喜劇映画
イタリア語で映画は、cinemaと言いますが、これは総称または映画館のこと。ひとつひとつの映画は、filmを使います。色々な映画をイタリア語でどういうのか。SF映画は film di fantascienzaです。fantascienzaはfantasia+scienzaの合成語で、空想科学小説のこと。film gialloは黄色い映画ではなく、推理映画のことですね。ミステリー映画、探偵映画などもこれに当たります。一方スリラー映画の方は、そのままthrillerと英語を使います。喜劇映画はfilm comicoですね。最近腹から笑えるfilm comicoが少なくなっていませんか。ここらは、是非映画製作者(produttore)の奮起を期待します。戦争映画はそのまま、film di guerra、歴史映画は、film storico、アクション映画は film di azione、アニメは film d'animazione、ドキュメンタリー映画は film documentarioそして恋愛映画、ロマンス映画を総称してfilm romanticoと言います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

74 イタリア語単語の話 "per un pelo" = ギリギリの

2013-04-16 | 語学
74 per un pelo  あやうく~する、 ギリギリである

peloは「毛」のことである。従い、un peloとは、毛一本の=わずかのの意味。pelosoといえば、毛深いことになる。こういう名字の人に会ったことがあるが。

Il gatto è scappato in casa e per un pelo non è stato preso dal cane dei vicini.
(猫は家の中に逃げましたが、危うく近所の犬に捕まるところでした。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

73 イタリア語単語の話 Ad maiora 使ってみよう「さよなら」

2013-04-16 | 語学
73.Ad maiora! (さよなら”)

これは挨拶の言葉です。ラテン語ですが、今でも”さよなら”の代わりに”Ad maiora”を使うことが出来ます。”Maiora”は現代イタリア語の”Maggiore”のことです。従い、”Ad Maiora”の意味は“これからもっといいことがあるように、今より大きくて素晴らしい結果があるように”の意味です。

イタリア人の友達に arrivederci とか addioとかいう代わりに、"Ad maiora"を使ってみてください! かっこいいこと間違いなし! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加