こんな貝が採れた

海岸での打ち上げや、磯採集、漁港での採集と、貝集めのブログです。

ヘリグロツクシ

2017-04-22 13:20:14 | タケノコガイ科
この仲間では一番小さい種類かもしれません。
間隔が開いた細い縦肋があり、その間は螺肋があります。
縫合下には、縦肋が顆粒となり、褐色の帯となります。
瀬戸内海から採集される砂から採れると聞いていますが、現生の貝はあるのでしょうか。
別名のスクナビコナトクサの方が、以前から知っていた名です。


肥後目録標本掲載番号4889
Pristiterebra tantilla E.A.Smith 1873
タケノコガイ科 ヘリグロツクシ
香川県坂出市沙弥 5.0㎜ 2012年採集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムラサキタケ

2017-04-02 21:43:45 | タケノコガイ科
殻は小型で、各層の中央部分がくびれます。
細い縦肋は、その括れ部分で薄くなって、やや途切れる感じがします。
全体的に、灰色ですが、括れを除く上下の縦肋はやや白っぽくなります。


肥後目録標本掲載番号4888
Pristiterebra taylori Reeve 1844
タケノコガイ科 ムラサキタケ
鹿児島県串木野市島平 17.9㎜ 1980年採集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コゲチャタケ

2017-03-25 19:35:59 | タケノコガイ科
前記事のオオコゲチャタケとの区別は良く解りません。
特徴は同様ですが、縫合付近の括れは少ないです。
殻表面には、顆粒列の螺肋があります。


肥後目録標本掲載番号4886
Pristiterebra tsuboiana Yokoyama 1922
タケノコガイ科 コゲチャタケ
串本町橋杭ドレッジ揚り 50.2㎜ 1978年採集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオコゲチャタケ

2017-03-16 13:37:12 | タケノコガイ科
コゲチャタケとの違いが良く解らないのですが、大型になる事、縫合付近の括れが強いことなどがあげられます。
他は、コゲチャタケの色と同様で、違いは解りません。
大きいだけなのか、或いは知らない部分に違いがあるのかもしれません。


肥後目録標本掲載番号4882
Hastulopsis bifrons Hinds 1843
タケノコガイ科 オオコゲチャタケ
串本町橋杭 81.9㎜ 1973年採集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホソツヤタケ

2017-03-03 20:29:45 | タケノコガイ科
殻は小さく、色も淡い色合いです。
シラネタケに似ていますが、殻表には艶があり、低い縦肋があります。
縫合には、薄い褐色の市松模様が出ます。


肥後目録標本掲載番号4881
Hastulopsis sp
タケノコガイ科 ホソツヤタケ
奄美大島土浜産 15.0㎜ 1981年採集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加