オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

傷の手当て

2005-09-25 | 病気・怪我・歯・病院
最近は傷を乾かさない、モイスチャー・ヒーリング(湿潤療法)が推奨されています。
画像のバンドエイド・・・傷に当てる部分のハイドロコロイドが、傷の浸出液を吸収保持し、
自己治癒力を進めてくれるのです。防水効果もあります。

これを使わなくても、ラップにワセリンを塗りつけて代用も可能です。
以前紹介した気もしますが・・・新しい創傷治療も参考にどうぞ♪

怪我をしたときの判断
直線の傷または擦り傷で、3分以内に止血するなら家庭で処置できます。
ぎざぎざの傷で砂や異物が入ってしまった傷、なかなか止血できない場合は診察を受けましょう。

傷の処置 
流水で洗う(消毒液は組織を壊してしまうのでやめましょう)
ガーゼで水気を取って、画像のキズバン、またはラップを当ててその上にガーゼを重ね固定。

 
息子が怪我をしたときに、防水バンドエイドにワセリンを塗布してやってみたのですが・・・
どうもズレてしまう。ずれると傷が開いてしまう。
で、このバンドエイドを購入してみたら、5日間貼ったままで良いし、しっかり傷につくのでズレない。
なかなか良かったです。



Johnson&Johnson   Activ・Flex
Spenco   2nd Skin Blister Pads

どちらの商品もhydrocolloidをパッドに使用してます。


 テクノラティのお気に入りに追加する
ジャンル:
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜂に刺されたら | トップ | Dairy Queen »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やだもう、失敗しっぱなし。 (keiko)
2005-09-27 11:07:16
ごめんね、Hidemiさん、一人で3回もコメント入れちゃって、失敗続きだわ。傷の手当の判断、参考になったわ。ちなみに私も傷口はまず流水、次に二酸化安定化塩素(NASAで宇宙食の消毒用に使っているもの)で消毒してます。うがいにも、口内炎にも、空気中の除菌にも、みんなそれ使ってます。バンドエイドもへー。今はそー言うのがあるんだーと、ディスカバリーって感じ。情報ありがと。
日本でも漸く (Hidemi)
2005-09-28 12:24:15
この治療法が広まってきたのよ。

日本の傷の手当ては、毎日消毒に通いなさい。乾燥させなさい・・・だったもんね。

今では、このバンドエイドも日本仕様になって販売されてるわ。えっと・・・前の2つのコメントは後で消しておきますね(^。^)v

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。