オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mass waste disposal

2006-02-03 | 日本との違い
mass production・massconsumption・mass waste disposal

昨年末、驚きの光景に遭遇した。
コロンバスからキーウェストへ向かっていた時のこと。
Florida's Turnpikeを走っていたら、突然悪臭が車内に充満して目の前にカラスの群れが・・・ヒッチコックの「鳥」を思い出したそれ位物凄い群れが飛び交っていた。
よく見ると、巨大な埋め立てのゴミ!!埋め立てきれずに山になっている、悪臭を放って・・・。

ちょっと走ると新興住宅地がある。臭いの問題とかどうなっているのだろう?
以前も書いたかなぁ・・・広大なアメリカだから、ごみは埋立処理が一番安く済むらしい。下手に燃やすよりダイオキシンが発生しなくていいらしいけど、地中に有毒なものが溜まるんだろうな。
もちろん、リサイクルに真剣に取り組んでいる人もいますよ。しかし、アメリカ人の一般家庭から出るゴミが半端じゃない。大量生産、大量消費、大量廃棄・・・。

2~3年前に購入した“百年の愚行”の本を思い出した。
久し振りに開くと、衝撃的な現実、目を覆いたくなるような光景を目の当たりにする。

これで良い訳がない。

ゴミを埋め立てた後をゴルフ場にすると、ゴミから発生するガスでいくらか暖かいらしい・・・他にも発生したガスを利用する方法はあるにしても・・・。
こっちの人達って困難な問題は、きっと誰かが・・・ふっと天才が現れて解決してくれると思っているみたい。あ・・・日本人もそうだったりして?
この埋め立てたゴミを安全に低コストで処理してくれるとか、例えば“ガス化溶融炉”
ダイオキシンをも分解すると言うが、もっと恐ろしいものを誘発するのでは?
結局は人の考え、最新技術といっても安全とは限らない。イタチの追いかけっこではないだろうか?

フォトアーティスト・Chris Jordan氏のサイト
“mass waste disposal”で検索して見つけた。携帯電話やらHDやら半端ない量が捨てられてます。タイヤのゴミ捨て場の写真を集めてるサイトもみつけました。

ゴミ問題に関しては、個人の意識がもっともっと必要だと痛切に感じます。
子ども達と一緒に“百年の愚行”と↑サイトの画像を見て、私達は何をするべきなのかを話し合いました。


環境省の廃棄物関連法制比較もわかりやすくまとめられています。


現実を知ること、直視することは行動を起こす際に必要なこと、旅はいつも何かを気付かせてくれる。

疑問に思ってることは、まだまだ沢山あるのです。
ジャンル:
海外
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Elevator Brewpub & Restaurant | トップ | Groundhog Day »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり・・・ (すー)
2006-02-03 19:55:31
アメリカのゴミ、やっぱり埋められていたんですね。ごみ焼却所とか見たこと無いので、いったいこの大量のゴミはどこに行ってるのか?と前から不思議だったのですが・・・謎が解けました。せめて・・・分類くらいもっとしっかりした方が良いですよね。アパート組はなんでも一緒に捨ててます(汗)
ゴミ問題 (洗濯だけ好き)
2006-02-04 00:12:31
すごく気になってたんです。

何でもかんでも一緒に捨てちゃって、どうやって処理してるのか。

焼却してる様子もないし...。

でも、こういうことだったんですね。



細かく分別するようになった日本とは対照的ですよね。

アメリカはゴミ問題について何か考えがあるのかしら?

世界をリードするアメリカ!? (ゴジママ)
2006-02-04 00:30:26
アメリカって、使い捨ての物が多いじゃない。トイレに行けば、何処でもペパータオルが常備されているし、パーティー用の紙皿、スプーン・フォーク、テーブルクロスまで・・。レストランに行けば、山盛り料理が出て来て、食べ切れず残した物はすべてゴミになる。

資源が豊富なのは分かるけど、そんな状況に疑問を持たないのかなぁ・・と不思議。何年か前の「京都議定書」もシカト状態なんじゃない?

世界をリードする国がこれかぁ~と思ったりして。

ただ、最近MITの学長に就任した女性が環境問題を前面に出してきているらしい。少しは、光が見えてきたかなと思ってはいるのですが。

私達の"庶民"ベースでは、地球が「風邪の谷のナウシカ」状態にならないように、ゴミを出さないようにするとか、分別して出すとかする努力位しか出来ないけど。
あきらめムード (Takako)
2006-02-04 04:58:57
アメリカで日本のような細かいごみの分別をしたら、物価が上がるような気がします。各種ごみを処理する人、手段、機械、運搬方法などを考えたら莫大な金額になりそうですよね。環境保護をうたっている割にはそれに費やす予算編成がおざなりになっているような…

友達のダンナ(軍人)で戦地や基地の整備開発を手がけていますが、彼でさえごみの分別をしたところで、廃棄場所はすべて一緒だから無駄だといっているくらいですからね。

なんだか本末転倒ですね。
あたたたた・・・ (Hidemi)
2006-02-04 12:43:06
すーさんへ

無料のリサイクルの場所もあるんですよ。個人的にお金をかけずにリサイクルしたい時は、そこまで自分で運ぶ事も出来ます。

リサイクルするにも熱量を使うわけで、それが全てでは無いのですよね。私たちが出した結論は『無駄買いしない、物を大切に使う、いらないものは他へ譲る』でした。



洗濯だけ好きさんへ

一応、ゴミ問題のこと考えてるようですよ。一部の人は真剣に取り組んでるし・・・難しい問題ですよね。



ゴジママさんへ

アメリカ人は「手間の掛らない楽な事が好きなんだ!」と自ら宣言してますよね。もちろん私も紙皿とか、人が集まった時は利用してます。それでも私達"庶民"ベース、一人一人が意識を持つことが重要なんだと思いますよ。小さくても強い、蟻のように・・・。



Takakoさんへ

分別するのは意識の高い人・・・と言う感じですね。家の近所の方は分別してリサイクルしている人が多いけど、場所によっては「そんなの見かけない」って聞きますね。スーさんのところにも書きましたが、リサイクル以前の問題のような気がします。

みんなこうしてるし・・・と言う流される気風がどうかなと思うのですよ。
すごいですねぇ。 (カモミル)
2006-02-06 11:28:07
ある意味、豪快すぎですね。

京都議定書に参加していないあたりからしても

まだまだ環境への意識が低いように思えてなりません。

世界一のCO2排出国なのに…。

大好きなアメリカだからこそ、良くなってほしいと常々思います。
だから、絶対バチが当たるって (まぁらうの母)
2006-02-06 12:35:13
いつも言ってるじゃないですかぁ~(^^;)。

私も含めてね、この「浪費大国」アメリカに住み、

「郷に入っては郷に従え」で「使い捨て万歳生活」してるような輩(私のことです)は

絶対に天罰が下ると思います(爆)。



ちなみに、アメリカは全世界のあらゆるエネルギーの

4分の1を消費(浪費?)してるって、知ってました?
目の当たりにすると・・・ (Hidemi)
2006-02-07 06:56:22
カモミルさん、こんにちは。

豪快ですねぇ~。知ってはいたけど、実際にそれを見ちゃうとかなり引きます。本当に良くなって欲しいですね。



まぁらうの母さんへ

天罰ねぇ、言ってたわよね。

そうやって気にしているうちは大丈夫なのよ。と言う意味で『大丈夫』と言ってたんだけどね。

“4分の1を浪費”してるの?経済的に豊かだって事だよね・・・(^_^;)天罰が下る前に避難したくなってきた・・・joke
ゴミの行方 (ひーママ)
2006-02-07 06:57:02
私がずっと日本で住んでいた町はゴミの分別が細かくて、

可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ(さらにプラスティック、紙、缶、ペットポトル分ける)と分けてました。

なのでここにきて全ていっしょにポイ状態にちょっと抵抗があったものの・・・すぐに慣れました(笑)

でも、このゴミたちはどうなるんだろうと思っていたらこんなところに。

最近日本では買い物袋を有料化して資源を大切にしようという案があるようですが、

アメリカの買い物でもらえる大量のプラ袋を見ると、そんな日本の努力がかわいそうに思えるのは私だけでしょうか・・・。
ひーママさんへ (Hidemi)
2006-02-07 10:00:44
本当にねぇ・・・日本は国土が狭くて人口も多いから、変な事するとすぐに表に出てくる。アメリカはその点幾らでも隠せる国土を持ってますからねぇ。

それでもオーガニックショップへ行くと、沢山の“My Bag”を持ってお買い物してる人も見かけます。

私はいつもペーパーバックを希望しますが、そろそろMy Bagを用意した方がいいかな・・・とね。

口ばっかりにならないように行動しなきゃ

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。