オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

COSI (子ども科学館)

2005-03-28 | お出かけ・屋内編
27日(金)コロンバスのダウンタウンにある科学館COSI(コーサイ)に行ってきました♪
月末の金曜日は“Family Friday Night”といって、通常大人の入場料が$12→$7と安くなる。
子どもは2歳~ $7なので、それでも結構な金額になる。
時間は5時から9時までなので、マルは途中で寝ちゃうかも・・・
『今回行ってみて、気に入ったらメンバーになろうね♪』と向かいました。

いくつかのカテゴリーに分かれてます。 
Big Science Park! 屋外の展示物
Gadgets 様々な体験型の装置があって、とても楽しく遊べたよ♪

Life 身体、精神、人生 立体的な解剖図や出生から死まで。実際の事故車と実話を展示する所も・・・

little kidspaceチビちゃんたちの遊ぶスペース(大人はガラス張りの外で見守る形だと思う)

Ocean 噴水があったり水で遊べるスペース、潜水艦など

Progress タイムスリップした気分になります♪画像は60年代

Space その名の通り、宇宙がテーマ。宇宙飛行士の持ち物が展示されたり、コンピューターやゲーム機を使った宇宙体験もの等。

Gallery(移動展示)Titanic2005年3月12日~2005年9月5日まで
別料金です。タイタニックを再現したような展示室になってるみたい。 
実際に流氷を触れる部屋もあるらしい・・・(案内を読んで)

Extreme Screen

こんな巨大なスクリーンで大自然の様子を映し出してくれます。
今回は♪“Antarctic Adventure”
 1914-1916イギリスの有志28人が南極大陸横断に向かい、船が氷の中で身動き取れなくなってしまう。最終的には船は鎮圧で沈んでしまうのですが、2年間掛りで横断し全員が無事に生還したという奇跡的な(英語よくわからないんで間違ってるかもしれない)実話を再現したフィルム。観客が船または飛行機に乗っているような気分になる映像で、流氷を目前に探検隊の一員になった気分でした。
とても素晴らしかった♪ 闇に弱いタイプなので、途中ウトウトしてはフロルに突かれていました。(予想通りマルはここで爆睡に陥りました。なので帰宅)


入り口フロアーの展示場(ここまでは無料)


また、行きたいな♪


『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Easter~エッグハント~ | トップ | Spring Break »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
COSI (naoko)
2005-03-29 00:21:43
こんにちは。

スプリングブレイクの間にコロンバス(方面)に行ってきました。COSIは友人が絶賛していたのでぜひ行ってみたかったのですが、結局Jeffersonvilleのアウトレットモールで丸1日費やしてしまいました。

記事を見る限りでも楽しそうですね。オハイオ、いいところですね!
COSI (りん)
2005-03-29 06:27:58
うわ~、楽しそう♪

子供達も喜びそうですね!!今度家族で行ってみたいな~。

是非行ってみてください♪ (kudagonbe)
2005-03-29 10:18:17
naokoさんへ

アウトレットは1日がかりでしょう。それ普通です。

多分・・・・

COSIは日本とは違った感覚の展示物があったりするので一度訪れてもいいと思います。



りんさんへ

大人は1回見ればいいかな・・・って気もするけど、子どもは楽しんでましたね。3歳以下では遊びきれませんが、マルも楽しんでいました。

もう少し生活に余裕ができたら、メンバーになろうかなと思ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。