オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカの薬とか・・・

2006-02-22 | 病気・怪我・歯・病院
副作用のない薬はない。

だから上手にお付き合いしましょう。

インフルエンザに解熱剤を使うと脳炎になる!?って騒がれましたよね。
正確には解熱剤を使用しなくても、高熱による脳炎は起こる可能性があるのです。
ただ、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンとか)やメフェナム酸(ポンタールとか)をインフルエンザの発熱時に使用した時に死亡率50~60%という結果がでたという事実。結果的にバファリンなどのアスピリン系よりも、作用の優しいアセトアミノフェン系を使うように進めれらるようになりました。
ちなみに、解熱剤を使用しない場合は25%の死亡率、アセトアミノフェン系使用時は29%の死亡率という結果で、あまり大差がないから安全だろうという判断です。
アメリカの小児科でよく進められるのが、タイレノールですよね。これがアセトアミノフェン系です。イブプロフェン系(モートリンとか)も安全とされています。
しかし、肝臓への負担もあるので、使用量なども気をつけてください。最初にもお断りしましたが、安全な薬なんてないと思ってくださいね。

家では普段から解熱剤は使わないのですが、アメリカでの常識は『まず解熱剤を飲ませる』じゃないですか!?
予防注射を一度に何種類も打って『熱が出るからタイラノールを飲ませてくださいね』って当たり前のように言われるし・・・。
私はこれにとっても抵抗があって・・・一応、タイレノールを購入しましたが、結局微熱程度で済んだので飲ませませんでした。家はみんな丈夫なのかもしれませんね。

全ての薬が悪いと言っている訳ではなくて、使うならきちんと理解した上で使いましょうと言いたいのです。

アメリカの薬って何がなんだか判らないじゃないですか?
Manekineko USというサイトがあって、アメリカの薬を日本向けに販売しているのですが、日本語で薬の説明をしているのでとても参考になると思います。

余談ですが、友人はex-laxがお気に入り・・・チョコレート味の薬なんですけど・・・



 テクノラティのお気に入りに追加する
ジャンル:
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットショッピング トラブル2 | トップ | Mozart\'s Bakery Cafe »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鎮痛剤 (チョコボママ)
2006-02-22 21:06:43
我が家の家族は、いがいと健康なので助かってま~す。



しかし私だけ薬アレルギーがあるんです・・・。(涙~)



熱を出すと、平気で1週間くらい出している人なので、解熱剤を飲まないと非常につらい。



しかしタイラノール以外は飲めないの~。

イブプロフェン系、アスピリン系は薬疹がでてしまいますです。(日本の薬も同様)



でもタイラノールって効き目がヤワだよね。

なので大した事ない熱や、頭痛の時は薬を飲まないようにしてます。
ありがとう! (ゴジママ)
2006-02-23 12:15:32
教えてくれて、ありがとう!

うちの子供はタイレノールにアレルギーがあるので、医師からアドビルを奨めらてます。病院によっても様々ですが、私が行っている歯科・病院では解熱や痛み止めはアドビルを奨められる事が多いかな。風邪薬には、モートリンをよく奨められます。

それぞれ成分などが違っていて、ドクターもちゃんと考えて指示しているのでしょうね。きっと・・・。

ちなみに、我が家の娘はシャーペット状に凍らせて食べる薬がお気に入りです。なかなか、美味しいらしい・・・。アメリカも、あの手この手で飲ませようとしますよね。(笑)
健康でいられることに感謝 (Hidemi)
2006-02-23 15:12:47
チョコボママさんへ

薬アレルギーは本当に怖いです。解熱鎮痛剤は病気を治す薬ではなく、あくまでも症状の緩和ですから。

アレルギーがあるなら、今までどおり大した事ないときは使わない方が良いですね。

あ・・・でも吐いてしまう位痛い時は使いましょうね。私、そういう人↑でした(^_^;)我慢強い?みたいです。



ゴジママさんへ

アセトアミノフェン系にアレルギーがあるのね!感冒薬に混ざっている事もあるから、初めて病院に掛ったときは必ずアレルギーのある薬は申し出ましょう。本当に薬剤アレルギーは怖いです。最初は大丈夫でも、繰り返し飲んでいるうちにアレルギーが起きることもあるから、ご家族も同じ体質だったりするので油断せずにチェックは入念に。

凍らせると味が鈍くなるから、日本でも薬嫌いな子に凍らせる事を進めることがあるよ。あと、アイスに混ぜるとか・・・。あの手この手の方法を箇条書きにして、患者さんに渡してました・・・懐かしい。
勉強になりました (つくし)
2006-02-23 22:29:06
ただでも、アメリカの薬って強いですよね。

市販の薬を飲む時は子供と一緒の量で充分。

確かに、薬に安全性を求めるのはいけないけど、早く治したい気持ちでつい飲んでしまう...健康が一番!

チョコレート味は知ってるけど、コジママさんのシャーベットにするのは初耳!

探してみるかなぁ~!
アメリカの薬 (洗濯だけ好き)
2006-02-24 02:47:21
友人の弟から「アメリカの薬は強すぎる」と聞いていたので、ウチでは日本の医薬品を愛用しています。

とはいっても、湿布や頭痛薬くらいですが^^;



ウチは、長男が喘息持ちで毎日薬を飲んでいますが、ほかの家族はいたって健康なので助かっています。

でも、この先何があるか分からないし、薬については詳しく知っておいた方が良いですよね。

Unknown (Iku)
2006-02-25 08:41:45
 我が家の子供は熱がでやすく、熱がでるとぐったりしてしまいます。そのぐったりを目安にタイレノールに頼ってしまいます。薬が効きだすと顔の表情も違い、食欲も少しはでます。効力がきえ始めるとまたぐったりして横になってしまいます。こういう場合、タイレノールを使わずにずっとぐったりしているのと、つかってしまったほうがいいのとどちらなのでしょうか。日本人の感覚でなるべく薬はつかいたくない、でも なんとかしてあげたいというジレンマに悩まされています。

 ちなみに我が家の次男は火曜日より体調をこわし、ひどい咳に悩まされています。夜は咳が続き、よく寝られません。こちらの咳止めもあまり効かずこんなに咳をしていたらどこか悪くなるのではないと思うくらい。しかし先生の診断はもう少し様子をみましょうと。薬はなにをあげていますか、と聞かれ答えた薬は味がまずいので子供は嫌がらないかと聞かれる始末。簡単に抗生剤をださない点はアメリカの医師の気に入っているところです。
Unknown (Hidemi)
2006-02-25 12:40:47
つくしさんへ

そうそう、成人量の半量で十分効いてしまったり・・・というか、体重で量は決まるんですよね。つくしさんは痩せているって事かしら(^○^)



洗濯だけ好きさんへ

『アメリカの風邪は日本の薬が効かない』と聞いたこともありますが、どうなんだろう?飲んだ事が無い私・・・。健康に感謝!



Ikuさんへ

熱が出た時に、薬以外の手当てはしてますか?また、解熱剤を使うタイミングとか・・・38度超えて直に解熱剤を使ってしまうと、体の中で菌と戦うはずがそれを阻止してしまう。でも、症状のでかたは人それぞれですし、そこら辺は親の勘というか・・・ぐったりしちゃうと心配ですよね。扁桃腺が大きいと熱が出やすかったり、元々の体質でも違いますし。

小児科の友枝先生の『なるべく薬を使わない工夫と実践』を参考になさってみてはどうでしょうか?

http://www18.ocn.ne.jp/~satuki/souritusyatinieda/tuitousyuu6.htm

他にも、いろんな方が手当て(自然療法とか)についていろいろ書いていますよね。自分にできることからやってみて、効果がみえたものを取り入れるとか・・・。薬と手当てと両方兼用する事も一つの手段かなと思います。

咳も辛いですよね。私は気管支が弱いから、風邪でなくても突然咳き込んだりします。喉にタオルを巻くとか、レンコンなど粘膜を強くする物や、身体を温める飲食物を積極的に取り入れます。また、咳がひどいときは上体を起こし気味に(クッションなどで調節したり)または、上体を起こして前に寄りかかるように(テーブルなどにクッションを置いて)して休ませるなどの工夫はどうでしょうか?辛いけれど背中をさすってあげたりして、山を越えるのを見守りたいですね。お子さんも辛いけど、母も辛いです。頑張ってね!
ありがとう (Iku)
2006-02-25 22:58:35
参考になりました。こちらにきて病院にかかるタイミングがとても難しく、こんなサイトを探してたのよ。他にも参考になるサイトがあったら教えて。

病院にいくべき症状なのかじっと待たなきゃいけないのか・・いつも葛藤です。

 我が家の次男は病気の時は長男の病気の時より手がかかります。なんせずっーと傍にいてほしがります。まぁ慣れましたので、山ほどの雑誌を抱えて、横で一緒にひっくりかえっています。

Ikuさんへ (Hidemi)
2006-02-27 20:52:09
病院へ行くか、薬を飲ませるかなどのタイミングって難しいよね。傍で見ていて「おいおい病院行かなくて大丈夫かい?」っと思うこともあるけど、彼女なりの経験とか知識で、西洋医学のお世話にならずに済むというケースも見ているし、判断の基準は人それぞれです。人によっても、同じ病気でも症状は様々だしね、いろんな話を聞いても結局は自己責任、母責任・・?そんな感じ。

弱っていると特に側に居て欲しいんだよね。良くなってきたかな?お薦めな本とかあとでメールします。

母責任 (Iku)
2006-02-28 03:46:39
 そーそー母責任はちと荷が重い。

 つい最近義妹の2歳児が脱水症状で一週間入院しました。きっかけは風邪だったらしい。もう舅・姑が・・・。いつも私も紙一重だなぁと思いますよ。よい本あったら教えてね。以前同じことをもと看護婦さんの友達に聞いたのね。彼女は'育児の本'を薦めてくれました。参考になったよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インフルエンザ (徒然なるままに・・アメリカ)
末っ子がインフルエンザにかかった。この時期、私が住む地域や日本でも大流行。 薬の事や、合併症が問題になっていたりするが、おかげさまで末っ子も元気になりました。参考までに彼女の経過をご報告。 インフルエンザ情報サービスなんていうサイトも見つけました。 1日目>