オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Poison Ivy

2005-07-19 | 病気・怪我・歯・病院
ポイズンアイビー(Poison Ivy)“ツタウルシ”
アメリカでは(ハワイやアラスカなどの1部を除き)どこにでも見られる植物で、林や裏庭、公園などいたるところに生えているそうです。

毒性の強い草で、3枚の葉が1組になって枝についているのが特徴。
つたのように木に這い登っているものと 低木のものがあります。 
春から秋にかけては、写真のように緑色の葉ですが、秋になると紅葉して、冬には葉が落ちます。
冬は葉がないために、Poison Ivy と知らずにつたの部分に触ってしまうこともあるので、油断できません。

この草に触れてしまうと、最初に手足や顔にうすくブツブツができ、しだいに広がり水疱を作り赤みが増します。水泡がつぶれて、ひどい時は痕に残ったりします。(症例:苦手な方は見ない方がいいかも)

ポイズンアイビーに 間接的に触れても、かぶれてしまうので気をつけてください!!
(例えば、庭仕事で使った道具に葉液が付いて、その部分に触れたり。犬のお散歩などで、犬の毛がPoison Ivyに触れていて、知らずに撫でたら被れたなど)

ポイズンアイビーは、枯れてもまた燃やしてもその毒性が消えません。
(根こそぎ駆除が必要です)
しかも、燃やした煙を吸うのも大変危険だと書いてありました!!


ポイズンアイビー(Poison Ivy)のほか、ポイズンオーク(Poison Oak)、ポイズンシュマック(Poison Sumac)などもあります。

対策!!
もし Poison Ivy に触ってしまった時は、できるだけ早く水で洗い流します。

Poison Ivy用の塗り薬はお店で買えますが、症状がひどい時には受診して内服薬を処方してもらった方が良いです。

庭などに生えている Poison Ivy の除草剤は、Home Depot や WalMart などのお店で買えるそうです。(このスプレーは劇薬の一種ですので、ご使用にあたっては指示をお守りください)
家では、地道にカットしながら抜き捨てました。もちろん手袋をして、カットしてはさみで挟んだまま、直接ゴミ袋に捨てました。
また枯葉でも皮膚炎を起こしますよぉ~!!

ポイズンアイビーIDカードやポスターなども販売されています。



 テクノラティのお気に入りに追加する
ジャンル:
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Franklin Park conservatory | トップ | 夏の楽しみ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイムリー (keiko\)
2005-07-20 08:25:48
うちの長男君、ゴルフに出かけて(パパのお供程度ですが)どうやら、ポイズンアイビーが顔にふれたようです。手などには出ませんでした。アトピー人がこれの毒が入ると、相当ひどくなるようです。翌日に2泊3日のサマーキャンプがあり、そのまま出かけて行きました。帰ってきたら頬を中心に、耳、あごなどに水泡が。そのまま緊急病院に行って塗り薬と飲み薬をもらい、今は落ち着いてきています。が、ほっぺの赤さが取れない。このところけが人の多い我が家です。
怖かった~ (りん)
2005-07-20 09:09:30
症状の所、見てみたらウワッー怖・・・って顔が引きつりました。子供が知らずに触れたりすると危険ですね。
怖いよね (kudagonbe)
2005-07-20 09:22:30
keikoさん

やっぱり、あの症状はポイズンアイビーでしたか。

アトピー持ちは皮膚が弱いから、とびひでも水いぼでも酷くなりますよね(;O;)

ゴルフ場も要注意ですね。



りんさん

見たのね(~_~) 

私もうわぁ~って言いながら見て、その声で寄ってきた子どもにも見せながら(どぎつい写真は避けて)説明しときました。 
私も (まぁらうの母)
2005-07-22 15:45:02
見ちゃいました。

うぁ~~~っでした。

気をつけませう。
子ども達にも (kudagonbe)
2005-07-24 11:43:56
教えてあげようね♪

2歳くらいじゃまだわからないけど・・・

そして、庭で見つけたら、早めに処分しましょう。

どんどん増えます(^_^;)

今は、隣の家のポイズンアイビーが・・・

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。