オハイオ州での生活

オハイオに関するご質問は「オハイオ掲示板」へお願いします。過去記事の検索は右上の「このブログ内で」を指定してください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米国駐在前検診

2004-08-29 | 渡米&帰国準備

毎年受けている人は偉いと思う。
まして、入院してドックを受けてる人は、とっても勇気のある人だと思う。
いやいや…大切な事なんですけどね。

自分で知っているだけに、採血されるのもその人が上手か下手かすぐ判る。
刺す位置とかスピッツの替え方や、針を抜いて止血するタイミングなど全てが思うようにいかないと苦痛だし、ちゃんと上手くやってくれるかとっても不安。
そして、内科検診と婦人科検診も嫌だ。

それから1番憂鬱だった胃透視。
検査5分前に筋注する。(ブスコパン/消化管の蠕動運動や消化液の分泌を抑制)
痛いのは誰でも嫌でしょう。
職業が看護師だって、嫌なのぉ~(;O;)

胃透視は初めてで、発泡剤やバリウムを飲む辛さがよ~~くわかりました。

ポリープがあるといわれた。
悪性だったらどうしよう・・・。

検査結果が悪いと夫だけ単身赴任に。。。嘘でしょ!!私が希望していたのに置いて行かれるの!?
どうしましょ・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あかずの間 | トップ | 家の見積もり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。