ぶにんのひきこもりライフ

ワタシの名前は、ぶにん。精神年齢と実年齢が伴わない都会生まれの南国育ち、今は寒い国で生活を送る。ワケありでひきこもり中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひきこもりとしての資質

2007-11-11 03:21:45 | 社会人としての常識
ぶにんは小さい時からあまりお風呂が好きではありません。
都会の高校時代には、お風呂に入るのが億劫で、通学を午後からに
したことも何度もあります。
南国に引越してからは、かろうじて毎日シャワーをするようには
なりましたが、仕事が休みの日はシャワーをしないでいる日もあります。

今は、寒い国にいるので、寒い日には一日置きになってしまうことも
ありますが、ぶにんは今はひきこもりなので、それでも差し支えないのですが
でも、それは「社会人としての常識」からすると、非常識なのだと
最近になってことあるごとに認識させられていて、ますますひきこもりライフの
理由に拍車がかかります。
小さい時からお風呂が億劫だったという事実は、ひきこもりの資質があったことを
今、改めて実感しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつも軽症 | トップ | ポリタンクを探して三千里 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
引越し業者 口コミ (引越し見積り、手続き、業者のことなら)
引越し業者の口コミランキングについて、上位3社について照会しましょう。No1は全国的にも有名なクロネコヤマト引越しセンターです。他社とのサービス比較では従業員の質が高い、家族の引越しから家財のみの引越しまできめ細かく対応、オプションも豊富、全てのサービ...