伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

9月議会最終日でした

2011-09-30 20:45:58 | Weblog
一ヶ月間にわたって開かれた9月議会。 本日は最終日でした。 議会会期の最終日は本会議が開かれ、 全ての議案について、議決します。 4つの常任委員会で審議された結果と、 質疑応答などの審議内容について それぞれの委員長から報告があります。 議案によっては、本会議の場で 賛成や反対の討論があります。 質疑することも可能です。 少しでも反対意見がある場合の採決は、 起立によります。 反対意見が . . . 本文を読む
コメント

リーダーの役割

2011-09-29 20:04:31 | 政治・政策・経済
知事や市長など、首長の役割は、 遠く高い目標を掲げて、組織や市民を導いていく 灯台のような役割だと、以前本で読みました。 今日、明日のことではなく、 2、3年先のことでもなく、 これからの50年先、100年先の、 地球、日本、社会、自治体のあり方を見通して、 どうあるべきか考え、そのためには、 今からどの方向に進むべきかを指し示すのが リーダーの役割です。 ものごとを考える条件に、 自分の努力 . . . 本文を読む
コメント

与えることで、与えられる

2011-09-28 21:13:25 | 大きな時代の変革期
 「与えることで、与えられる」 これは、駒崎弘樹さんの書いた 「『社会を変える』お金の使い方」(英治出版)という本に 出てくる寄付に対する言葉です。少しご紹介します。  「いいか、駒ちゃん。それが普通の人間の考えだ。   大部分の、成功からほど遠い人間のな。   余裕がないから、人には与えない。余裕が出来たら、人に与えよう。   こういうやつは、実はいつまでたっても与えることなんて、しないんだ . . . 本文を読む
コメント

伊勢崎の亜熱帯化

2011-09-27 21:36:54 | Weblog
今朝は大正寺町方面を散歩しました。 きれいな琉球朝顔が咲いていました。 10年前には群馬県では見かけなかったように思います。 もうすぐ10月だというのに、 ゴーヤも茂って、実もなっていました。 栄養豊富で、日よけにもなって ありがたい植物なのですが、、、、。 実がなりすぎるのが欠点です。 どこのご家庭でも食べきれないほどなります。 てんぷらで食べるのは意外とおいしいです。 伊勢崎市と同じ . . . 本文を読む
コメント

市長の市政懇談会 (市民プラザ)

2011-09-26 21:23:54 | 政治・政策・経済
市民プラザで開催された市政懇談会に参加してきました。 時間は19時から20時でした。 各町内の区長さん、役員さんなど、 たくさんの方が出席されていました。 市長がパワーポイント(スライド)を使って説明しました。 (内容) ・東日本大震災への対応 ・9月1日の集中豪雨対応 ・本年度重点事業 ・質疑応答 今晩の伊勢崎市民プラザを皮切りに、 市内各所で開催されます。  27日(火曜日)市役所東館5階 . . . 本文を読む
コメント (2)

コスモスの 揺れるとき

2011-09-25 22:23:13 | Weblog
今朝、散歩に行ってきました。 家から東の下道寺町方面へ。 風や、空の色が秋ですね。 コスモスの花が風に揺れていました。 繊細でやさしい色あい。 好きな花です。 以前、東北に旅をした時、 平泉にある弁慶の墓にて 俳句を一首詠みました。 「コスモスを かばいて立つか 武蔵坊」 弁慶の墓石の陰で、ピンクのコスモスが 風に揺れていました。 主人を守って敵の矢を防ぎ 立ったまま死んだ弁慶。 そ . . . 本文を読む
コメント

2100年、人口3分の1の日本

2011-09-24 20:40:29 | 大きな時代の変革期
「2100年、人口3分の1の日本」 この本は今年4月に出版されました。 著者の鬼頭 宏さんは、 歴史人口学を専門とする上智大学教授。 将来の人口は、現在の人口から予測できます。 その国の人口や年齢構成は、 産業や経済に大きな影響を及ぼします。 そのため、国や自治体の政策立案の基礎です。 山間部などの過疎地域の人口減が注目されがちですが すでに日本中の自治体で人口減少は始まっています。 現在で . . . 本文を読む
コメント

放射能に関する請願 2件目

2011-09-23 18:29:50 | 政治・政策・経済
前回のブログに引き続き、 文教福祉委員会に提出された 放射能に関する請願についてご報告します。 件名 「放射能汚染から子どもたちを守るための除染に関する請願」 趣旨  放射能測定の結果から、  福島第一原子力発電所から飛散した放射性物質は、  伊勢崎市内の小中学校、幼稚園、保育園などの庭に存在している。  放射能から子どもたちを守るために、  除染のために校庭等の表土を除去することなどが必要 . . . 本文を読む
コメント

放射能に関する請願の審議結果

2011-09-22 17:47:27 | 政治・政策・経済
昨日、伊勢崎市議会文教福祉常任委員会において 放射能に関する請願2件を審議しました。 私は文教福祉委員ではありませんが、 本請願の紹介議員として出席して説明し、 各委員からのご質問を受けました。 常任委員会は、市民の方も傍聴できます。 昨日は8名の女性の方が、傍聴にお見えになりました。 議会そして市の行政に関心を持っていただきまして ありがとうございます。 議員も、市役所職員の方も 答弁にい . . . 本文を読む
コメント

伊勢崎市と放射能

2011-09-20 20:32:25 | 政治・政策・経済
伊勢崎市は事故を起こした福島第一原発から 約204キロメートル離れています。 ずいぶん離れているようですが、 見方によっては、実は近いのです。 福島第一原発と同じ事故レベル7のチェルノブイリでは、 原子炉から300km近く離れたモギリョフという場所でさえ、 事故後に健康上問題ない子供は20%しかいませんでした。 放射能の影響は、 原子炉からの距離だけでは判断できません。 放射性物質が、チリと . . . 本文を読む
コメント (2)