伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

直接メール送れます

2009-02-28 12:12:06 | Weblog
私のブログをちょっとリニューアルです。 画面の左側(サイドバー)の一番上に、 「文字サイズ変更ボタン」と 「メッセージボタン」を追加しました。 文字が小さくて読みにくい方は、 「文字サイズ変更ボタン」で簡単に調整できます。 「メッセージボタン」は、 他の方に見られることなく私宛に直接メールを送れます。 これまでの日記のコメント欄へも、 自由に書き込んでいただけたのですが、 やりとりは、他の . . . 本文を読む
コメント

近代こけし

2009-02-26 21:27:08 | Weblog
先日群馬県庁で 「全群馬近代こけしコンクール」が開かれました。 近代こけしとは、伝統的なこけしに対し、 自由な造形と絵付けや加工が施された「こけし」です。 群馬県は近代こけしの大産地。 作家も大勢います。 そして何を隠そう、私は小学生のころから 近代こけしのファンでした。 初めてお小遣いで、関口作おかっぱ頭の「麗春」を購入してから 35年ほどたちます。 昭和49年頃、3千円くらいだったでしょう . . . 本文を読む
コメント

若者に生まれる価値観

2009-02-23 21:04:41 | 山村・地域 振興
日曜日に開催した 「ぐんまの山村回帰フォーラム」の報告です。 第1部では、 農文協(農山漁村文化協会)の甲斐良治さんの講演でした。 ご自身のふるさと、日向の高千穂と日本各地のお話でした。 高千穂では数百年続いてきた神楽があります。 12月から2月にかけて、その年当番になった家で舞います。 大勢の人が来るため、 家財道具を運び出したり、床の補強工事をしたり、 神楽のお宿を引き受けるのも大変です。 . . . 本文を読む
コメント (2)

山村回帰フォーラム

2009-02-19 22:07:03 | 山村・地域 振興
今度の日曜日2月22日に、 群馬県庁で山村回帰フォーラムを開催します。 増刊現代農業編集長の甲斐良治さんの講演と、 群馬の山村へ移住した桐山三智子さんら若い女性の方々と、 彼女たちの生活や仕事の師匠をお招きして パネルディスカッションを行います。 多くの山村では、 過疎化と高齢化が進んでいます。 しかしその中で、山村以外で生まれ育った若者が その土地へ来て、定着する動きが全国のあちこちで見られ . . . 本文を読む
コメント (2)

財政赤字と金利上昇

2009-02-15 18:11:42 | 行政経営
「巨額財政赤字国家、日本を襲う“金利上昇パニック”の衝撃」 これは、週刊ダイヤモンド2008年6月7日号に掲載された 富岡由紀夫参議院議員の論文です。 日本の財政赤字は、その残高が巨額ということで注目されるが、 真の恐ろしさは、利払い費の負担問題にある、 という指摘です。 以下、富岡議員の論文から要旨をご紹介します。 今の日本の予算制度での爆弾は、 国の抱えた莫大な財政赤字である。 国と地 . . . 本文を読む
コメント

大丈夫、お母さんがいっしょだからね

2009-02-07 21:13:34 | くま森
「オーッ、インテル!」 「Yes,inter.」 「かっこいいね」がっちり握手。 先日の土曜日、 10カ国もの児童が通う坂東小では、 PTA行事として親子が参加できるサッカー大会が開催されました。 第1回目の昨年の大会では、 せっかくの国際大会なのに、 私は日本人のお父さんとばかり話していました。 今回は反省し、 集合した時から前後に並んだ外国籍のお父さんに積極的に話しかけました。 私の後 . . . 本文を読む
コメント

日本経済は、変化球を

2009-02-05 19:44:12 | マーケティング
前回のブログ 「これからの日本に必要なことは何ですか」では、 日本の製造業について触れました。 単純労働で作れるモノは、 コストの競争だけなら、 賃金の安い国にはかなわないという趣旨です。 オンリーワンの技術や特許、デザインなどを備えていれば、 単純労働だけでは作れませんので、 日本で作っても競争力はあります。 また、 人まねではなく、これまで世の中に存在しなかったけれど 人々の潜在的なニー . . . 本文を読む
コメント

これからの日本に必要なことは何ですか

2009-02-01 23:08:07 | デザイン  (キャリア・デザインも含む)
お酒を飲んだ帰りに、 代行運転手から尋ねられました。 「私は今の仕事の前に、金融関係に24年勤めていました。  経済がこういう状況で、これからの日本に必要なことは何ですか?」 通常代行運転手は、プロ野球がどうの、 飲み屋街の人出がどうのと言う話しかしません。 私に何を感じたのか上記の質問をされましたので、 次のように答えました。 少し前までのアメリカでは、 MBA(経営学修士)がエリートへのパ . . . 本文を読む
コメント