伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

仕分け道(どう)

2008-06-30 21:19:51 | 行政経営
草加市の事業仕分けの感想です。 対象となった事業の名称や仕分け結果は、 草加市のホームページにアップされると思いますので、 ここでは、私が感じたことをお伝えします。 評価者の氏名や勤務先などは、 傍聴者にも外部評価者名簿として張り出されていたので、 特に非公開にする必要はないと思いますが、 一応イニシャルでご紹介します。 まず感心したのはNさん。 仕分け人には1週間ほど前に仕分けシートが送付さ . . . 本文を読む
コメント (3)

草加市事業仕分け 行ってきました

2008-06-29 21:57:32 | 行政経営
28日、29日に、埼玉県草加市で 事業仕分けがありました。 先ほど帰宅しました。 疲れているので、簡単に写真だけ報告します。 冒頭の写真は、 28日土曜日の様子です。 仕分けは2班体制で行いました。 この写真は2班の第2会場の様子です。 テーブルには、 市の説明者2~3人と、外部評価者の仕分け人が5人、 コーディネーターが一人です。 公開で行われますので、 傍聴する方はテーブルの後ろや横で . . . 本文を読む
コメント

明日の晩から出発です

2008-06-26 21:37:11 | 行政経営
6月28日(土)、29日(日)に、 埼玉県草加市で行われる事業仕分けに、明日の晩から出発です。 金曜の夜に、仕分け人相互の打ち合わせがあるため、 皆さん仕事を終えて、草加市に駆けつけてきます。 遠方から食事もとらずに集まるので、 夕食を取りながら打ち合わせします。 仕分けをしても、 特別な報酬が出る訳ではありません。 自分で払った電車代や宿泊費の実費が出るだけで、 それ以外は各自の持ち出しです . . . 本文を読む
コメント

事業仕分け 草加市

2008-06-22 15:34:21 | 行政経営
6月28日(土)、29日(日)は、 埼玉県草加市で事業仕分けがあります。 2班体制で、二日間で述べ40事業を仕分けます。 私は、29日の1班担当です。 構想日本の行う事業仕分けについては、 これまでもブログで書いてますので、 ご覧ください。 「厚木、熱いぜ!!」(神奈川県 厚木市の仕分け) 「仕分けのこころ」(埼玉県 久喜市の仕分け) 草加市は、埼玉県でも一番南にあり、 東京都足立区に接して . . . 本文を読む
コメント (2)

Google アラート

2008-06-19 21:28:07 | Weblog
仕事や勉強に役立つ技を教えましょう。 ご存じの方もいると思いますが、 意外に喜ばれるGoogleの検索技です。 それは「グーグル アラート」です。 毎日大量の情報がWeb上に飛び交います。 有益な情報もあるのですが、 膨大な情報の海の中で、見つけるのは大変です。 毎日全てのニュースを片っ端から見ていては、 時間が足りません。 そこで「グーグル アラート」の出番です。 グーグルのページにニュー . . . 本文を読む
コメント

主任児童委員の日

2008-06-10 20:39:14 | 教育・PTA・児童福祉
今日は午後休みをもらって、 主任児童委員の仕事をしました。 まず、 中学校の学校公開に行ってきました。 朝から夕方まで、保護者や地域の人が、 自由に中学校の様子を見学できます。 自分の息子も中学生ですので、 授業参観をかねて顔を出してきました。 中3生は、まじめに授業を受けていました。 特別、髪型の変わった生徒もいませんし、 先生とのやりとりもしっかりできていました。 気になったのは、2、3 . . . 本文を読む
コメント (2)

親子サッカー

2008-06-08 22:21:15 | Weblog
今日は子供と一緒に、 少年サッカーチームの、「親子サッカー」をやってきました。 チームの練習は、原則として 土曜日の午後と日曜日の午前です。 いつもは子供とコーチで練習ですが、 年に何回か「親子サッカー」の日があり、 お父さん、お母さんチームを結成し、 子供のチームと総当たりのリーグ戦をします。 1試合は8分です。 今日は子供のチームは5チームでした。 それにお母さんチーム1、お父さんチーム . . . 本文を読む
コメント

Sengeのシステム論

2008-06-03 21:31:39 | 山村・地域 振興
MIT(マサチューセッツ工科大)教授のピーター・センゲは、 人間の営みや世界は相互に関連しあった「システム」であると考えます。 システムとは、 ひとつの「全体」として認識されるものです。 これを構成する要素は、時間の経過に伴って 絶えず影響を及ぼしあいながら 共通の目的に向かって働くという意味で 密接につながっています。 センゲは、 システムにおける問題を解決するには 「出来事」よりも、潜在 . . . 本文を読む
コメント