伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

RADIATOR SPRINGS

2007-07-30 21:45:30 | Weblog
土曜日、ディズニー・シーへ行ってきました。 シーへ向かうバスの中で、 「RADIATOR SPRINGS」という名の 不思議な町へ迷い込んでしまいました。 ルート66沿いにあるこの町は、 昔は旅行者で栄えていましたが、 町を迂回する高速道路ができてから、 まったく寂れていました。 舞台はアメリカですが、寂れた地方の町という点では、 日本にもごくありふれた情景です。 この町に、 有名な自動車レー . . . 本文を読む
コメント (2)

リーダーの条件

2007-07-26 22:20:55 | 行政経営
伊藤忠商事の丹羽宇一郎さんをご紹介します。 氏は、1998年に社長に就任し、 4000億円あった不良債権を処理。 関係会社を350社以上清算し、過去最高利益を計上するなど、 4年間で業績を急回復させました。 現在、丹羽さんは、 同社の代表取締役会長であるとともに、 政府の地方分権推進委員会会長です。 7月14日に開催された、 自治体職員有志の会の大阪シンポジウムで、 基調講演をしていただきまし . . . 本文を読む
コメント

山根博士とまぼろしの難波宮

2007-07-22 20:58:36 | Weblog
先週の日曜日は、 大阪歴史博物館へ行ってきました。 大阪城外堀の外側、南西の角に建っています。 高いビルで、窓からは大阪城のお堀、大手門、天守閣が 見事なパノラマで眺められます。 ここでは、 古代から現代までの大阪の歴史を紹介してます。 古代、この地は難波(なにわ)と呼ばれ、 平城京と平安京の間の一時期、 難波宮(なにわのみや)が置かれ、日本の首都でした。 博物館に再現された宮殿は、 抱え . . . 本文を読む
コメント

「いったい、誰が調整してくれるんですか!?」

2007-07-16 22:31:23 | 行政経営
「いったい、誰が調整してくれるんですか!?」 これは、ある自治会長さんの悲痛な叫びである。 7月14日(土)大阪市中央青年センターで開かれた、 自治体職員有志の会「シンポジウムin大阪」に出席してきました。 この団体は、その名のとおり自治体職員で構成されています。 全国の地方公務員の自主的な集まりで、 自腹で交通費やホテル代を負担して、 北海道や沖縄からも、会員が集まってきます。 ちなみに山形 . . . 本文を読む
コメント (2)

自治体の会計改革はここまで来た!!

2007-07-13 21:46:56 | 行政経営
昨日は、 行財政改革シンポジウム2007に行ってきました。 私のメモから、かいつまんでご報告します。 なお、このブログは、 総務省の公式発表ではなく、 あくまで個人レベルの報告です。 業務に使用される場合は、 総務省HP、法令・通知等ご確認ください。 (目次) 1 基礎知識 2 タイムスケジュール 3 検証からわかった実務上の問題点 4 ベンダーの新基準会計ソフト 5 気になる点 1 基礎知 . . . 本文を読む
コメント

行財政改革シンポジウム2007

2007-07-09 20:54:21 | 行政経営
今週は、木曜日(7月12日)に開催される、 「行財政改革シンポジウム2007」に行ってきます。  ~複式簿記/発生主義会計 導入の意義と現場の対応策~ 主催:日経BPガバメントテクノロジー 会場:新霞ヶ関ビル内、灘尾ホール 受講資格:公務員(事前申し込み、受講票必要) <プログラム> 基調講演: 1 「地方公共団体に求められる公会計改革」    自治省財 青木信之 2 「公会計改革は何を目指す . . . 本文を読む
コメント

群馬県防災航空隊 就航10周年

2007-07-07 13:57:54 | 行政経営
7月4日に、 群馬県防災航空隊就航10周年記念式典がありました。 初代担当者だったので、招待され、 10年ぶりに格納庫へ行ってきました。 私は、 平成6年消防防災課へ異動し、 その年度に「阪神・淡路大震災」が発生。 群馬県では、防災ヘリコプターの導入が 急ピッチで進められることになりました。 平成7年4月に、防災航空係が新設。 平成10年度まで担当しました。 どのヘリを買うか調査し、 基地の場 . . . 本文を読む
コメント

上山信一教授のブログ

2007-07-06 21:40:09 | Weblog
日本における行政改革の第一人者、 上山信一慶應大学教授のブログで、 私のブログ「自治体の突然死」を紹介いただきました。 ありがとうございます。 上山教授は、 1998年に「行政評価の時代」を著し、 以来、主なものだけでも、 「行政経営の時代」「自治体DNA革命」 「行政人材革命」「政策連携の時代」「自治体再生戦略」 「パブリック・セクターの経済・経営学」など、 多数の本を執筆され、 大阪市など . . . 本文を読む
コメント

自治体の突然死

2007-07-02 20:46:09 | 行政経営
現在、夕張市は財政再建団体として、 市民・市職員とも借金返済の苦労をされています。 6月25日のブログ「決算カード」でも触れましたが、 一般的に市町村は、赤字額が標準財政規模の-20%、都道府県は-5%で、 債券発行ができなくなり、実質的な破綻となります。 自治体が財政再建団体に転落するまでには、 決算が赤字になったり、借金残高が徐々に増大したり、 通常、いろいろな前兆があるものです。 とこ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)