伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

シンポジウム 多文化共生と夜間中学「新」時代

2017-01-30 17:25:25 | 教育・PTA・児童福祉
会派で主催するシンポジウムの開催が近づいてきました。
1月11日の伊勢崎市内の新聞折込でチラシを配布しました。

伊勢崎市以外の教育や児童福祉関係者の方にも、
ぜひ来ていただきたいと思い、
堀地議員が写真のチラシを作成してくれました。



 日時 2月10日(金) 18:30~
 場所 伊勢崎市文化会館 2階 大会議室
 基調講演 「夜間中学について」見城慶和 先生
 パネルディスカッション
  コーディネーター  本堂晴生(外国籍児童教育支援NPO)
  パネラー      見城慶和(夜間中学関係者)
            藤本裕一(不登校児童の支援)
            細野正夫(青少年問題民間有識者)     

伊勢崎市は、県内の自治体で外国人が一番多く住んでいます。
そのほか、お隣の太田市や、大泉町も外国籍の方が多いので、
ご案内を出したいと思います。
行政機関だけでなく、NPOの方にもご連絡します。

文部科学省は、各都道府県に
最低1校は夜間中学を設置する方針なので、
県の教育委員会や福祉、多文化共生などの関係の方にも
ぜひご参加いただきたいと思っています。

子どもの貧困問題や、こども食堂の取り組みなども、
子どもの学びを支援して生きる力を育てる意味では、
共通する部分があると思います。

開催日が近くなってしまいましたが、
関係がありそうな機関や団体へ、
ご案内を送付したいと思いますのでよろしくお願いします。

もちろん、ふつうの市民の皆さん大歓迎です。
申込は不要ですので、直接ご参加ください。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊受地区 芸能発表会 | トップ | インフルが流行っているようです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL