伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

放射性廃棄物の処分先はいまだに未定

2017-04-20 18:05:59 | 大きな時代の変革期
本日4月20日の読売新聞から。
詳しくは紙面をご確認ください。


(原発5基廃炉)

原子力規制委員会は5基の廃炉計画を承認。
作業は今後20年以上かかる。
費用は1基あたり323~382億円。
大量に発生する低レベル放射性廃棄物の処分先は決まっていない。



(多田コメント)
低レベル廃棄物の処分先は未定ということなので、
高レベル放射性廃棄物の処分について調べました。

電気事業連合会のホームページによれば、
・高レベル放射性廃棄物の最終処分は、原子力および原子燃料サイクルを
 進めていくうえで残された最重要課題の一つ(つまり未定)
・高レベル放射性廃棄物の処分事業をになう組織として、
 原子力発電環境整備機構(NUMO)が設立されました。
・処分にかかる費用については、次世代に「負の遺産」を残さないため、
 原子力発電を利用した私たちの世代がきちんと負担することが
 法律で定められています。
・費用は、電気料金の一部として、発電実績に応じた金額を電力会社がまとめ、
 毎年、原子力発電環境整備機構(NUMO)に支払うことになっています。

放射性廃棄物が安全になるまでの期間は、
ヨーロッパでは10万年、アメリカでは100万年かかるとみているようです。
10万年以上も安全に管理する費用は、膨大だと思いますので、
原子力発電のトータルコストはとてつもなく高いと思います。

しかし、電気事業連合会によれば、最終処分の管理費用は、
発電をした私たちの世代が負担することになっていました。
私は払えないくらい膨大な金額だと思っていましたので、
すでに支払うことになっていたとは意外です。

いったい、いくらかかると試算されているのでしょうか?
NUM0のホームページで確認しました。



(原子力発電環境整備機構(NUMO))

・地層処分費用(高レベル廃棄物の最終処分法)
 処分費用は、ガラス固化体とTRU廃棄物の処分費の合計で約3.7兆円

(2016年12月22日 資源エネルギー庁放射性廃棄物対策課
「特定放射性廃棄物の最終処分費用および拠出金単価の改定について(参考資料)」より)。

日本の財政赤字1000兆円に比べれば、えっと驚くほど安い金額。
ほんとうに妥当な金額?
上記の日付の資源エネルギー庁の資料がネットで見つからないので、
少し前の資料を確認しました。



(「特定放射性廃棄物の最終処分費用及び拠出金単価の改定について」H28.1.8

リンク先をご覧になると分かるように、
非常に広範な業務について積算しています。
長期金利の変動や、消費税率の変動から、大きな影響を受けます。
人件費は職種ごとに、賃金センサス、建設物価等を考慮しています。

根本的な疑問として、
10万年間に必要な費用を見積もるのに、
このような積算方法は妥当なのでしょうか?

歴史を振り返ってみれば、10万年前の日本は国などありません。
狩猟を中心とした旧石器時代ですね。
そのころの社会の常識を基準とした労働形態や賃金などの考え方が、
現代社会に通用するでしょうか?

税率や、金利の変動という小手先のことよりも、
もっと大きな社会変化が起こると思いますので、
「今」の常識に基づいた見積もりでは、
相当かけ離れたものになると思います。

NUMOという組織が管理することになっていますが、
文明や国家でさえ1万年以上続くのは難しいと思います。

資源エネルギー庁の見積の金額で管理できるかはわかりませんが、
すでに原子力発電で発生した、大量の放射性廃棄物があります。

将来世代に、やっかいなゴミを残すことだけは確実です。
私は、そんなものは残したくありません。



P.S.
今朝は長沼町で街頭演説させて頂きました。
早朝にもかかわらず、家から出て私のところまで
激励に来てくださった方がいらっしゃいました。
ありがとうございました。



家の窓を開けて、手を振ってくださった方も
いらっしゃいました。感激です!
ありがとうございます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どの世代、どの層に負担を求... | トップ | ズビズバ~ に意味があった!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL