伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

全体最適 すごいブレイクスルー

2017-04-21 18:31:34 | 全体最適・TOC理論
本日、4月21日読売新聞から。
詳しくは紙面をご確認ください。

サントリーと日清が北海道で共同配送を始めます。

どういうことかといいますと、
トラックにビールなどの重量物を積む場合、
荷台の6割くらいで重量オーバーになってしまうので、
かなりスペースを空けたまま走っていました。

この空間に目を付けた日清が、
軽い即席めんをトラックに一緒に積むことを
サントリーに提案し実現しました。

まず千歳市にあるサントリーの物流拠点をトラックが出発。
次に、6km離れた日清の物流拠点によってから、
帯広市内のコンビニやスーパーの配送センターまで運びます。

トラック2台で運んでいたものを、
1台で運べるようになるのですから、
各社の経費は約半分になるのではないでしょうか。

これはコストカットの素晴らしいブレイクスルーです。
自分の会社の範囲だけで考えていては、
絶対この発想は生まれなかったでしょう。

業態の違う他社の状況まで視野に入れることで、
輸送コストの半減という凄いブレイクスルーが生まれました。

この発想を、ほかの企業や業種、行政にまで拡大していけば、
社会としてすごい効率アップ、コスト削減につながると思います。

すでにぎりぎりまでコストカットしてある場合、
更に10%、20%カットしろと言われてもできません。
それは、従来の考え方の延長でしか発想できないからです。

しかし、「半分にしろ」と言われたら、
意外ですができる場合もあります。
まったく違う見方、発想をしなければならないので、
ブレイクスルーが生まれるきっかけになるのです。

今回の、会社を超えた共同配送の発想、
これまでに無い次元の発想です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ズビズバ~ に意味があった!? | トップ | 伊勢崎市消防本部 訓練塔完成 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL