ほぼ是好日。

日々是好日、とまではいかないけれど、
今日もぼちぼちいきまひょか。
何かいいことあるかなあ。

現実逃避と現実直視

2007-03-14 | 読むこと。

     『天と地の守り人 第二部』

         上橋 菜穂子


3月に入ってから、何かと慌ただしく過ごしています。
いつもならブログを書くことでストレス解消をしている私も、書くと愚痴になりそうで、そう思うと書く気にもなれず鬱々と日々を過ごしていました。
そんなとき私の逃げ場になってくれているのが、この守り人シリーズです。

シリーズ8作目となる『天と地の守り人 第一部』を読んでから、もう一度はじめから読み直そうと『精霊の守り人』、『夢の守り人』、『虚空の旅人』、『蒼路の旅人』と読み返しながら『天と地の守り人 第二部』を読みました。
なんとまあ壮大なファンタジーでしょう!

理由あって幼いときに故国から逃れ、女用心棒として生きるバルサの視点と、皇太子として生まれ、己の自由より民の命を第一に考えるようになったチャグムの視点。今まではそれが別々の物語として語られてきましたが、ここにきて大きなうねりとなり、ひとつの大きな流れに向かっていきます。
シリーズ第一作となる『精霊の守り人』を書かれたとき、そこまで考えておられたのかどうかわかりませんが、すべての物語がこの終結へと向かっていくためにあったのか、と納得できるほどの構成力です。読み返して、改めて作者の持つ世界観の確かさを感じました。

そして現実逃避でファンタジーを読んでいた私が、主人公たちの逃れられない現実を疑似体験し、そのことが私に自分の現実と向き合う力のようなものを与えてくれるのです。
ああ、今日はもう疲れた・・と思ったときはこの本の中に逃げていきます。でも、そこで別の世界を体験したら、またこちらに戻ってこられるのです。それこそがファンタジーの力なのかもしれません。

ひとつひとつ目の前の困難を切り抜けていくチャグム。そんな彼を母親のような思いで守ろうとするバルサ。それぞれの国の思惑と駆け引きが絡まりあって、はらはら、どきどきの連続です。そして国同士の危機だけではなく、迫り来る異世界<ナユグ>からの危機。
それぞれに、どんな結末を迎えるのか、最終巻が楽しみです。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凛として | トップ | 春。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。