ほぼ是好日。

日々是好日、とまではいかないけれど、
今日もぼちぼちいきまひょか。
何かいいことあるかなあ。

『オリガ・モリソヴナの反語法』

2007-06-22 | 読むこと。


     オリガ・モリゾヴナの反語法
         米原 万理


今までロシアが舞台の小説というのは、ほとんど読んだことがありません。

というのも、学生のころ何を思ったか『カラマーゾフの兄弟』を読み始めて、
最初のあたりで挫折した苦~い経験があるのです。
それ以来ロシア文学とは縁がなくて・・・

この米原万理さんの『オリガ・モリソヴナの反語法』が、
ずっと気になっていながら読んでいなかったのも、
ロシア人の名前とか地名になじみがなくて、
覚えるのが苦手だったからかもしれません。

ところが。

前回彼女のエッセイ『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』を読んで、
すっかり彼女のファンになってしまった私。
彼女の書いた小説なら、絶対おもしろいに違いない!

そして、期待通り、いやそれ以上のおもしろさでした!!!


読む前にどんな小説なのかあらすじを調べていたら、
主人公が、小学生の頃プラハ滞在中に通ったソビエト学校で出会った、
舞踊の先生オリガ・モリソヴナの半生を辿り、深まる謎を解いていく、
というようなことが書いてありました。

それがどういうことなのか、もひとつピンとこなかったのですが、
読み進んでいくうち気づくのは、彼女の数奇な人生と、
そこから見えてくるソ連という国の為政者たちの残酷さ、
激動の歴史の中で犠牲になっていった人々の悲劇でした。

こんなふうに書くと、暗くて重そう・・・
といったイメージを抱かれるかもしれませんが、
それが米原万理さんの軽妙な文章と、
オリガという強烈でかつ魅力的なキャラクターのせいか、
全く暗い内容じゃないんです。

それに、オリガという女性の謎がだんだん明るみになるにつれ、
もう途中でやめることなんて不可能。
後半は一気に読んでしまいました。


作者自身の体験がもとになっているのは、
『嘘つきアーニャと真っ赤な真実』を読んだあとだけにすぐ気づくのですが、
それだけにどこまでが事実で、
どこからフィクションなのかわからなくなって、
だんだんすべてが本当のことのように思えてきます。

作者自身が、オリガという実在の人物の謎を解いているように錯覚し、
(モデルとなった人物はいたのでしょうか?)
よけいに強制収容所での悲惨な描写が生々しく感じられました。

ひとりの人物を描くことでその時代を浮き彫りにする、
という手法はよくありますが、
この作品はそういう点でも非常にうまく出来ていると思います。

スターリン、粛清、ラーゲリ、ソ連共産党、KGBなど
教科書に載ってる単語くらいでしか知らなかったソ連の歴史。

その歴史の陰でいったいどれほど多くの罪のない民衆が、
愛する家族と引き離され、収容所に送られ、
極限の生活の中で人生を狂わされ死んでいったか。

オリガの謎を追うことで浮かび上がってくる過去は、
彼ら彼女らの悲惨な歴史でした。

それが国家ぐるみで行われていたという事実に、
なんとも言いようのない恐ろしさと怒りを感じます。

だからこそ、その裏をかいたオリガの生き方が痛快で、
魅力を感じてしまうのでしょう。


タイトルにもなっている「反語法」。
それは、彼女が人(生徒)を大袈裟に褒めたとき、実は罵倒の裏返し、
という彼女独特の言い回しからきています。


読み応えたっぷりで、をつけるとしたら
ですね~。


『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のお昼 | トップ | 雨の日曜日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (jester)
2007-06-26 19:06:21
読んだことあるかしら?とおもってましたが、どうも読んでないみたい。
記憶がありません(爆)
今度読んでみます!
ご紹介、ありがとうございます~
おもしろかったですよ (くっちゃ寝)
2007-06-27 09:21:50
最初は軽~い感じで読んでいたのですが、謎が明らかになるにつれ、目が離せなくなります。
それに加えて強制収容所の悲惨な描写が、これまで観た戦争映画の収容所シーンとだぶり、生々しく感じられて読まずにおられませんでした。

読み応えたっぷり。
ぜひ、読んでみてくださいね♪

Unknown (jester)
2007-11-19 20:52:28
お恥ずかしいのですが、やっぱり読んだことあったみたい。(爆)
相当もうろくしてきてますわ・・・

でも2度楽しめてとってもお得。(なのか???)
よくあることですよ~ (くっちゃ寝)
2007-11-20 09:05:06
jesterさんだけじゃないですよ。
私も須賀敦子さんの『ヴェニスの宿』、途中で気がつきました~
はじめのあたり、全然記憶になかったの(爆)

あと、確かに読んだはずなのに、内容を全く忘れてて2度目に読んだ方がおもしろかった、というのはよくあることです(苦笑)

コメントを投稿

読むこと。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オリガ・モリソヴナの反語法 by米原万里さん (ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――)
「ぼっ、ぼくの考えでは・・・・」 「ぼくの考えでは・・・だって。フン。七面鳥もね、考えはあったらしいんだ。でもね、結局スープの出汁になっちまったんだよ」p12より ダンス教師、オリガが出来の悪い生徒を怒鳴りつける言葉が楽しくて。 次にはどんな言葉で怒鳴る...