システム担当ライブラリアンの日記

図書館システムやサービス系の話題を中心に

Coursera で Introduction to Public Speaking

2016-05-03 14:07:39 | その他
Coursera で、Introduction to Public Speaking が、5月2日開講の模様。 https://www.coursera.org/learn/public-speaking 授業構成を見ると、日本ではほぼ学べないスピーチの種類や構成を学べるようです。これは受講したい! 授業や講演など、人前で話す機会のある人に役立つ内容でしょう。 また、面白い参考文献を発見。 . . . 本文を読む
コメント

同志社大学の大学院生に

2016-04-30 23:43:57 | 同志社2016〜
この4月から、働きつつ大学院に通うことにしました。 同志社大学 総合政策科学研究科 図書館情報学コース 博士前期課程です。 これまでは大学院進学に特に大きな関心があったわけではありませんし、それより、職場で結果を出すのが大事だと思っておりましたし、今も強くそう思っています。 ところが、まぁいろいろあり、昨年8月のコースデザインワークショップで、2つ目の修士号を50歳代で取得された方との出会いは . . . 本文を読む
コメント

日経情報ストラテジー 2016.5月号:オフィスの記事に、空間デザインマネジメントを学ぶ

2016-04-29 17:00:51 | 本の紹介
先日、当ブログで「オフィスはもっと楽しくなる」という本を紹介して、大学オフィスの変化を期待することも書きました。 最近はビジネス誌で、オフィスの記事をよく目にします。 少し前は、雑誌フォーブス 2016.3月号に、シリコンバレーなどのオフィスの記事。 最近なら、日経情報ストラテジー 2016.5月号に「イノベーション生むワークスタイル変革最前線」。 冒頭の記事は、あるオフィスを写真付きで紹介 . . . 本文を読む
コメント

ピッツバーグ便り(再) 20080218_Amazing Annual Reports

2016-04-16 23:08:12 | Pitt (2008.2.)
※2007年12月〜2008年3月、私が University of Pittsburgh で見聞きしたことを、ブログ形式で所属機関のWebサイトに週1回程度、掲載していました。  最近、ファイル管理の都合などにより、これらが削除されました。  一部、事情によりこのブログに再掲載します。 ※現存するリンク先はURLを掲載。リンク切れサイトも文字列はそのまま。他に写真を共有する都合上、「○枚目」を . . . 本文を読む
コメント

(2016.3.12)大学教育改革フォーラム in 東海 2016

2016-03-27 16:37:11 | イベント参加
※例によって個人的なメモで、不十分な記述であり、私の理解した範囲です。 ・今回は、愛知大学 名古屋駅前キャンパスで実施。 ■■分科会 今、大学の中で職員は何をすべきなのか ■その渦を巻き起こす羽ばたきは誰によるか?(加藤・名古屋大) 1.国立大学とは何か ・学校教育法 ・独立行政法人通則法、国立大学法人法  「職員は国立大学法人の長が任命」 ○収入源の特徴 ・授業料、入学金  名古屋大 . . . 本文を読む
コメント

(2016.2.27)桜美林大学 大学アドミニストレーション公開研究会

2016-03-27 16:32:09 | イベント参加
※例によって個人的なメモで、不十分な記述であり、私の理解した範囲です。 ・サブタイトル:大学職員にとって「学び続けること」と「学びを活かすこと」 ・森ノ宮医療大学 大阪南港キャンパス ・動機:桜美林大のことを知りたい。大学職員が学ぶことについて考えを深めたい。 ■大学アドミニストレーション研究科のきのう・きょう・あした(桜美林大学 我妻) ・同研究科の歴史、特長 ・興味深い科目  「高等教 . . . 本文を読む
コメント

パスポート更新しました

2016-03-26 23:22:25 | その他
egamiday さんも書かれていたので、私も。 有効期限の残り数ヶ月でしたが、5月の台湾旅行を計画中で、残存期間を考えて、更新。 日本以外の入国印を数えると、37個ほど。 1年平均で、3.7個。出張は2回で、出張中に約7個。 プライベートで(仕事半分のも含め)、1年平均、3個。 やはり思い出深いのは、2007年〜2008年のピッツバーグでしょうか。 その間に、ロンドン弾丸ツアーに、カナダは . . . 本文を読む
コメント

「無名大学を優良大学にする力 : ある大学の変革物語」(ジョージ・ケラー、2013)

2016-03-26 23:21:07 | 本の紹介
「無名大学を優良大学にする力 : ある大学の変革物語」 ジョージ・ケラー著 学文社、2013 9784762024061 少し薄めの本で、よくある成功物語かと思いましたが、意外と興味深い本。 アメリカの大学事情も少し分かるし、大学経営のポイントがいくつか見えてくる。 ただ、幅広いことを記述しているので、私も文字を通り過ぎただけのところもあると思います。2-3年前の私なら、読み過ごしただろうなと思 . . . 本文を読む
コメント

「図書館を演出する」(尼川ゆら 他、2010)

2016-03-14 17:46:09 | 本の紹介
「図書館を演出する : 今、求められるアイデアと実践」 尼川ゆら, 多賀谷津也子, 尼川洋子著 人と情報を結ぶWEプロデュース , 合同会社メディアイランド (発売) 2010.8  9784904678268 前半は、「演出」のこと、分かりやすい例では、各種案内物のことが的確すぎるくらいな記述。 例えば、P.14〜「利用者が感じる図書館空間」では、文字ばっかりの空間と指摘。 ・図書館の本は、 . . . 本文を読む
コメント

「オフィスはもっと楽しくなる」(花田愛, 森田舞著、2015)

2016-02-25 19:02:43 | 本の紹介
「オフィスはもっと楽しくなる : はたらき方と空間の多様性」 花田愛, 森田舞著 プレジデント社 2015.8  9784833421447  http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB19696943 岡村製作所関連の本です。 学術書というより、カジュアルな内容でしょうか。 しかし、空間の作り方、ラーニング・コモンズの導入などに関わる人には、いろんな気付きがあるはずです。 . . . 本文を読む
コメント