秘境という名の山村から&道後湯の町暮らし

にちにちこれこうにち 秘境奥祖谷(東祖谷山)の山村暮らし&湯の町暮らし

湯の町暮らしに 新緑の盛りになりつつ豊かな雑木林を眺めて歩く

2017年04月20日 | Weblog


木々は緑の装いを急ぎ、春も盛りを過ぎようとしている豊かな瀬戸風峠を歩くよろこびは
また、格別である

散り残ったさくらの花も僅かとなり、若葉ばかりが目立つこのごろは陽射しや風の動きも
夏の間近いことが感じられて、晩春の雑木林風景なかで小鳥たちの透き通るような鳴き声
けたたましい警戒の鳴き声などを聞けて面白くたのしいものである

さくらのころの華やかな行楽の日々は、はや、過ぎ去りてなんとなく物さびしい心持ではあるものの、
春まさに尽きんとするとき、時の流れがひしひしと打ち寄せてくる容赦のなさを如何とも
出来ずに、ただただ、流れ行く水のごときに身を任すだけである

過ぎ行く春を惜しむ感傷のなかにも、勢いを増すみどりに圧倒されて埋没したい衝動に駆られながら
「いま、ここに」に生を確かめ、豊かさを感じて歩くたのしさもある








































































































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯の町暮らしに 葉ざくらを... | トップ | 菜菜子の気ままにエッセイ( ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む