日々の栞 

私に小休止はあるか・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

携帯で会話

2013-08-26 15:11:07 | 自分
気管切開をして声を出せない友人から
ショートメールが送られてきました。

妹さんが携帯を持たせます、と言ってから間もない期間でした。
彼はずっと携帯を持たない(なぜだかは分かりませんが)生活をして
仲間の間ではちょっと不便な人でした。

そういう時代ってことですかね。

入院している、しかもしゃべることが出来ない、
何度かメールのやり取りをしているうちに
「暇で暇でしょうがない」と書いてきました。

仲間の悲しい死の知らせは妹さんが直接話してくれたようです。

もどかしい気持ちが伝わってきましたが
本人はそこそこ元気なんだと思いました。

50代半ばの私たちですが、20代にはお酒を飲んだりTDLに行ったり、
仕事の悩みや夢もしゃべって、共有した時間はそんなに長くなかったかもしれないけれど
時が経った今、良い時間を過ごした仲間っていいものです。

私は女子より男子との付き合いの方が性に合っていたようです。

といっても、結局主婦になってしまえば彼らとの距離は当然ながら遠くなっています。

携帯を持ったばかりの友人はまだ短いメールばかりですが
それでも会話をしているという感覚が戻ってきて
とても嬉しくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんな辛い

2013-08-19 13:11:51 | 自分
一年も経たないのに友人の訃報が相次ぐ中、
入院中の友人の妹さんからやっと電話がありました。

顔も合わせたことのない友人の妹さんと交わした会話は
あまりにショックで書きたくはありません。

入院中の友人は昨年の11月、私に仲間の死を伝えてくれましたが
それっきり連絡はありませんでした。

ほんのわずかな期間で彼は「食道癌」であることが判明したそうです。
手術もできない程腫瘍は大きくて、放射線治療を受けて
やっとこの5月末に手術をして、手術は成功したそうですが
現在はリハビリのために気管切開をしているので
会話ができない状態とのこと。

特別寝たきりとか、そういうわけではないそうで
一時的な処置だそうです。

とはいってもそういう話を聞いてしまうと、、、、
どんな言葉も見つかりませんでした。

そして、7月末に亡くなった仲間はそんな彼を見舞っていたそうです。
妹さんに見舞っていた友人の死を伝えると
妹さんはとにかくビックリしていました。

「7月にも兄の見舞いにきてくれていたのですよ・・・・」

なんとも不思議な思いに駆られてしまいました。

手術して気管切開して頑張っている入院中の友人に
見舞っていた仲間の死を告げる・・・・・私には判断はつきませんでした。

妹さんに下駄を預けました。

身近で世話をしている身うちの妹さんに
このストーリーの結末を決めてもらうのが一番でしょう。

見舞いを思案していた私は、もう少し間を置いて病院に行こうかと思っています。

辛い事実がまるでミステリーのような・・・・

30年前に飲み仲間だった友人達の切ない近況でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さぼってしまいました・・・

2013-08-12 07:03:05 | 自分
もう一カ月以上もブログを書いていませんでした。

夏の暑さにバテバテで、身辺はバタバタで・・・・
娘の受験やら、仕事のことやらもうぐちゃぐちゃです。

しかもいつも書き込みをしているPCがどうも変・へん・ヘン。。

そうこうしている間にこれは記憶として書いておかないといけない、
というようなことがありました。

先週、学生時代の先輩から突然電話がありました。
もう何年ぶり?いえ、何十年ぶり?というくらいの長い長いご無沙汰でした。

電話の内容は・・・・
独身時代の仲間の「死亡」の連絡でした。
思わず「嘘でしょ!?」と言ってしまったくらい信じられないことです。

今年も年賀状のやり取りしていたのです。

私が結婚してからは逢うこともなかった仲間でしたが
一番の出世頭と言われていたカメラマンで、
子供も三人いて・・・・・

死因は「肝不全」とのこと。
亡くなったのは7月の31日。

昨年11月に同じ仲間の一人だったコピーライターが「前立腺がん」で亡くなって、
その記憶も新しい期間にまたですか!
といった感覚でした。

ショックとか、そういうことより「意味がわからない」です。

しかも、今また仲間の一人がある病気で入院中という情報も入っています。

正直、亡くなってしまった友人達は甦ってくれません。
事実として受け止めるしかありません。

しかし、入院中の友人は気になります。
彼の病気は若い頃患った病気の再発らしいのです。

暑い毎日ですが、一度見舞いに行ってこようかと思っています。

しかし、亡くなった仲間の話は・・・・私の口からは言いたくないです。
でももし、誰も知らせていないならそこは・・・・内緒に、ってわけにもいかないかもしれません。

思案しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子と彼女とお昼ご飯

2013-07-05 09:49:28 | 家族
何日か前ですが、二男と二男の彼女が我が家におりました。

サラリーマンなら定年を過ぎた年齢の配偶者が
相変わらず出かけるんだか、出かけないんだかよくわからない昼過ぎに
そろそろ食事をどうしたものか・・・・と試案して
豚のバラ肉の塊があったのでスライスして、
ニンニクを入れた醤油とその他調味料を混ぜ込んだ液体に
漬けこんでおきました。

丼ものにでもしましょうかねぇ~~と思っていたのです。

そうした準備をしている時に限って配偶者は出かけて行きます。

仕方がないので私はお腹がすいたら自分一人で食べて
残ったら三男の夕飯にでも、と考えていました。

すると二男が「昼・・・・何かある?」と。
今週末に二級建築士の試験を受ける彼女が
二男のところへ来ていたのですが、昼ごはんを食べに行くか決めかねていたようです。

「えっ!?ご飯・・・?ないことはないけど炊きたてのご飯じゃなくていいなら・・・」

初めから分かっていたならお米を研いで炊いたのですが、
あいにく残りご飯しかありません。

「あ~~それでもいいけど」と二男。

そりゃ、アンタはいいさ。
でも一応母にもプライドっちゅうか、見栄もある。

が、そこはもう今更。。。。。

白いお皿(プレートってやつ)にご飯をよそって、お肉を炒めて、
大葉を大き目千切りして白ゴマ振って
ちょっとランチ風にして出してみました。

二男の彼女さんは好き嫌いしない、身体に似合わぬ大食漢です。

身長・体重が「なでしこジャパン」の澤穂希と同じとか・・・・

で、まぁ、二人して昼からがっつり豚バラご飯を食べておりましたわ。

この小顔色白脳みそ優秀の女子は私の義理の娘=嫁になるのかしら・・・・

なぁんて考えると不思議です。

甲斐性なしの二男とどうやって生活してくれるのか・・・・などと
要らぬお節介母は思案しておりました。

きっちりお昼ご飯を食べた二人は
夕方から撮影に行く二男が出かけると同時に出払っていきましたが、
今週の日曜日に受験する彼女の合格を祈るばかりです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

徒然・・・・

2013-07-02 09:47:11 | 雑記
今年はゴーヤの苗を二本購入して植えました。
早くも実がなって、チャンプルーして食べました。
苦いけれど、好きです。

私は雑食というか、好奇心が強いというか、大抵の物は食してみます。
苦手なのは貝類。強い磯の匂いがどうも駄目です。
海苔とかワカメは大好きですけれど。

ミニトマトも植えました。
背の高くならない種類で、ボチボチ赤くなってきています。
お弁当の彩り用に使っています。

あと、赤唐辛子も。
これは一昨年沢山取れて、料理や漬物に使っていたのですが
ストックが無くなってきそうなので今年は二本の苗を植えて
また乾燥させて保存します。


梅干、今年も8㌔買って漬けました。
昨年も同じくらい漬けたのに、もう残りわずか。

我が家では梅干を好んで食べるのは夫婦と娘だけですが
冬のお鍋の後の雑炊のお供は必ず梅干。
そのせいでなくなるのが早いのです。

8㌔の梅の数・・・・土用干で、一個一個箸で傷つけないようにザルに移す作業を考えると・・・
目眩しそうです。

こんな調子で毎日が過ぎ去っていきます。
いいのかしら・・・・・人生の時計の針は戻せないから進んでいくしかありませんね。

あっ、今年は紫陽花を増やそうと思ってご近所さんなどから枝を頂いて
挿し芽しています。

が、、、、、一体どこに植えられるのかしら?
日当たりの悪い狭い猫の額に。

嘆息。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライチ茶

2013-06-29 22:03:09 | 雑記
娘が少し前に横浜中華街に行ったとき
「ライチ茶」というお茶を買ってきました。

烏龍茶のライチフレーバーといったところでしょうか。
これが大変美味しいのです。

烏龍茶より軽い感じの風味で正直「ライチ」の香りは、ほのかで控えめです。

どんなに濃くなっても苦味もなく、さっぱりしています。

とても気に入ってしまいました。

お茶は葉っぱを丸めてあって、カンロ飴より一回り大きめの半丸。
ちょうど椎茸の軸を取ったような状態で、
ポットに入れてお湯を注いで暫くするとふやけてきます。

二番茶どころか、五番茶くらいまで入れて飲めるように思います。
結構コストパフォーマンスいいかも。

夕飯のあと、娘と二人で楽しみながら飲んでいます。

このお茶は痩せるお茶ではなさそうですけどね。






残念ですぅ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぎっくり腰になりました

2013-06-26 13:28:26 | 自分
一昨日の昼頃、ぎっくり腰になりました。
「なりました」というのは正しい表現なのか・・・しら?

腰の様子がおかしいのは急なことではなかったので、
「あっ、きたな!」という感じでした。

痛いのですね、あれは。

初めてではなかったので、とにかく湿布を貼って痛み止めを飲んで
安静・安静。

とはいかない主婦ですが、とにかく無理はしない。

痛み止めはあまり効果がなかったので、夕方には座薬を入れて夕飯のおかずを作りました。

肉じゃがとなめことお豆腐の味噌汁を作るのが精一杯。
あとお米を研ぐくらいで・・・・

夕飯もそこそこに寝ることにしました。

翌朝(昨日の朝ですね)起きてみたら痛みはなくなっていました。

一安心ですが、未だに鈍痛はあります。
そりゃまぁそうですね。

腰痛や頭痛といった持ちたくない「持ち物」があるとやれやれです。
ちなみに、私は頭痛は持っていません。

皆様もお気を付けください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サワコの朝の五木寛之氏

2013-06-21 21:51:16 | 趣味
二週間前の土曜日の朝、「サワコの朝」のゲストに
作家の五木寛之氏が出ていました。

うわぁ~~久しぶりっす!という感覚で
TV録画のスイッチをONしました。

録画しつつ見ていたのですが、
番組も終盤に差し掛かった頃、涙が出てきてしまいました。

不覚じゃ!私。

何故涙が出ていたのか・・・・

感情の高ぶりでしょうけれど、実は自己分析してました。

中学生になった頃、父に勧められて「青春の門」を読みました。
父は商売人の三男坊で青春期は戦争。
学歴はなかったけれど本の虫で、私はその影響を受けて育ちました。
でも父は五木寛之を読んではいなかったと思います。

娘の私はすっかり五木ファンになり、次々と読んでいました。
今でいうなら村上春樹の「ハルキニスト」みたいな・・・・

ちょっとした家事仕事をしながら見て(聞いて)いたのですが
この涙は、私という人間の自己形成にこの作家の作品が影響していたのだろうという
懐かしさに似た感情を確認したから出てきた涙なのだったと感じたのです。

両親が亡くなり、自分探しをするような場面に遭遇すると
この作家は、親にも匹敵するほど私の地肉を形成している人の一人なのだと思うのです。

不思議な想いではあるのですが、感受性のちっこい欠片みたいなものが
50歳を過ぎてもあるのかも・・・なんてね。

毎日、ひたすらお米を研いで家族の食事とお弁当に
脳みそをフル回転させている私には
ただのお母さん、小母さんという括りしかなくなっちゃったと思っていたのですがね。

見た目的には「女捨てた」風貌になってしまいましたが
心は二十歳!

あっ、嘘、、、、、三十、いえ四十位かもしれないわ~~

時々、頭の中で「哲学る」私はガリレェルみたいかも。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨?嘘でしょ!

2013-06-09 14:32:39 | 雑記
ぼやぼやしていたら6月になってしまって・・・・
ブログ放ったらかしていました。

実は、放ったらかしていたわけでなくて
気温の上昇と梅雨入りのシットリ湿度で
パンを焼きたくなってしまったのです。

仕事が休みの日には午前中から食卓テーブルの上で
バッタッンバッタン生地を捏ねていました。

以前のように粉に凝ってみたりというのじゃなくて、
普通にスーパーで手に入る強力粉やらイーストやらで手ごねしています。

期待するようなパンは出来なくても
気分転換のつもりでやっている作業。

思うように発酵してくれなかったりもするけれど
家族は文句を言わずに食べてくれています。

普通の食パンを焼いて、塩鶏を作ってサンドウィッチにすると
これがぁぁぁぁ~~~~絶品です。

マーガリンを塗って、その上にちょっとだけ粒マスタードを塗ります。
それからレタスやトマト、茹でたまごなんかも挟んで
マヨネーズを適当に~~~決めては玉ねぎの薄切りのピクルス。
塩鶏の上にちょこっと乗せるのですが、これがめちゃくちゃ美味しい。

食パンが少々失敗でもとにかく四角くなっていれば
このサンドウィッチで完食出来ます。

それにしても梅雨入りしたのに雨がほとんど降りませんね。
梅雨って大体が7月になってからの方がシトシトと降るのですが(関東は)
それでもここまで全然降らない6月もねぇ・・・・
水不足になってしまわないかしら?

今日も暑くて台所に立っているのが辛いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糠床作り

2013-05-23 11:55:04 | 自分
今年はなんとしても糠漬けが食べたくて、糠床を作りました。
炒り糠を2㌔弱買って、瓶に塩と湯冷ましを入れてかき回します。

生の大豆や昆布、鷹の爪を入れて、捨てずけ用の残り野菜をいれます。
一週間程したら発酵して糠床が完成する!
・・・・・はずです。

昨日、大根を漬け込んでみました。
夕飯に取り出して食べてみましたが・・・まだ塩辛いし、糠の風味というか、甘味はありません。

もう少しの辛抱です。
朝晩2回、かき回して、おいしくなぁれ、とおまじないして。

今朝、きゅうりを一本漬け込みました。
さて、昨日の大根からどのくらい成長した味になっているかしら。

楽しみです。

ささやかな幸せですわ~~~安上がりで。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加