新・遠くからぬるーく応援するサポブログ

FC東京、カターレ富山を中心としたサッカー観戦に関する日記

2017年天皇杯3回戦横浜F・マリノス4―2アスルクラロ沼津

2017-07-14 | サッカー
おとといの水曜は三ツ沢で天皇杯のマリノス―沼津戦を見てきました。


選手入場


立ち上がり、喜田のシュートがDFに当たってコースが変わり、GKがセーブしきれずゴールイン。マリノスが先制する。


更に前半に斎藤学がDFラインの裏抜けから2ゴールを挙げ、3―0マリノスリードで折り返す。


ハーフタイム、沼津サポの方から沼津のチャント集をいただきました。


「楽しもう‼みんなで」という文句から、サポーターを増やしたいという気持ちが伝わります。

後半キックオフ


後半、途中出場の薗田が追撃のゴールを決めるも、ロスタイムに入った所でバックパスがプレゼントボールになりウーゴビエイラに決められ再び3点差に。しかしその後のCKのチャンスに途中出場の鈴木が「まだ終わっていないよ!」とサポを煽ると、サポも応援のボルテージを上げる。そしてその期待に応えるように、そのCKから太田がシュートを決める。

(興奮のあまり写真が撮れていません…。)

そしてそのまま試合終了。マリノスが4回戦に駒を進めました。


試合終了の挨拶


マリノスの選手達がバックスタンドに挨拶。ほぼベスメンに近かったですが、早い時間に先制点がとれ、楽になったのでは。


沼津の選手達がメインスタンドに挨拶。こちらは逆に失点を遅い時間までしたくなかったですが、プランが崩れたのでは。


しかしマリノス相手にしっかり繋ぎチャンスも作り、大健闘だったのでは。特に途中出場の薗田と鈴木がしっかり仕事してチャンスを作っていたのが印象的でした。


サポーターの声援に応える選手達


自分とゆかりのある街のチームの活躍が嬉しく思えた試合でした。(東京の不甲斐なさも感じましたが…)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年J1第18節FC東京2―2鹿島... | トップ | 2017年J3第17節SC相模原1―3鹿... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サッカー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL