こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

眠って目覚めて

2017年07月30日 | 自己実現
昼間の出来事に関して、
起きている間は全く意識に上らなかったことが、
夜中に目覚めて突如、意識化されて慌てることがありますが、
ときには、後悔という形で意識化されてきて、
暫し寝付けないこともあったりして。
でもありがたいことに、朝までの眠りの間に、
何か上手い具合に調整されて、
朝は穏やかなトーンで目覚めることができます。

どちらかというと沈んだ気分で夜中に目覚めて、
暗いトーンを意識しつつ数分後、また眠りに就いて、
朝目覚めると、夜中の感じが見事に払拭されていることを、
ふしぎだなあと常々思ってきました。

あるとき、夜中の不具合(暗いトーン)は、
全てこころと体の領域からくるものではないかと気付いて、
そう思うと、とても合点がいきます。

心身の暗いトーン、不具合はこころと体のなせるわざ。
真夜中の目覚めの体感は、こころと体の要素がマックスで。

朝になると生命力が戻ってきて、
生命力とは魂そのもののことで、
つまり生きているのは魂の私であると。
それが以前より合点がいくようになって、
基本的な晴れやかさが増したような気がします。
〔28〕-5
人気ブログランキングへ
 ヒゴタイ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コトバによらず

2017年07月23日 | 自己実現
目を瞑って黙して10分。。。
一日のどこかに、この間をつくること。
これを日々心がけるようになって、
気付いたことがあります。

コトバによらず、黙して、
一呼吸の内に「 」を見出すことの安らぎ。
「 」は神、大いなるもの、宇宙、空、、、、
どれでもよいけれど、どれも不正確といえばそうなのですが。
“「安らぎ」を見出すことの安らぎ”といえば、
今、感じているところに一番近い表現かもしれません。

コトバの不一致を感ずるところ、
その感受性を侮るなかれ。
押し込めても、押し込めようとしても、
時が来れば、不一致は表面化するものです。

10分の瞑想。
コトバから飛び出して、大きな一つになるために。
大きな一つの部分であることを確かめるために。
しばし、この小さな間を日々の中心に据えてゆくとします。
〔28〕-4
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間を取ること。

2017年07月13日 | 自己実現
距離の取り方。
ものごとと自分と、他人と自分と、
折々の対象と自分との距離感を、
適切に生きることができれば、
迷いや悩みは、きっと半減しますね。

そして時々は自分自身と距離をとることも。
離れて自分を眺められることと、
外界の人や物事と適切な距離をとることは、
連動してゆくことのようにも思います。

間、ma、ま、
「ま」と一言呟いてみるだけでも、こころの内に、
一つの広がり、ささやかなスペースを感じることができます…!
〔28〕-3
人気ブログランキングへ
銀杏と芭蕉、混みあって、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しーんと、晴れやか

2017年07月11日 | 自己実現
しーんと、晴れやか。。。
かつて経験したことのない解放感、
夢から覚めた感じもして、
人生が一周まわって、ふりだしに戻った感じです。

子供の頃から理想の世界・信望愛をクリスチャンに投影して、
心の均衡を保ち、生き延びてきたように思います。

その投影が引き戻されて(夢から覚めて?)、
今ここで、私はどこへ流れていくのか。
意識的であることが即ち自由であることなんだと。

しーんとした晴れやかさの中で荷物を再点検して、
今度は出来るだけ意識的に、旅を続けるとします。
〔28〕-2
人気ブログランキングへ
 ふりだしに戻って。心の旅支度
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝物、みつけた

2017年07月01日 | 自己実現
感情から離れることからくる、静けさと平安。

凪のような穏やかさを一度でも経験することが、
すべてのはじまりになる、きっとそうです。

ある朝、このことか。。。暫し、しーんと感動してから、
試しに、浮かんだ人物の名前を心の中で発してみました。
ヤマダハナコさん(実際は別の名ですが)…
あれ?…いつもと違うと感じながら、もう一度。

ネガティヴな感情を引き起こす、
できるだけ遠ざけておきたい名前(言葉)だったはずなのに、
言葉を呟いても、感情が波立たないとは、
ふしぎと驚きが混じったような気持ちでしたが、
これが感情から離れているということなんだろうなと、
はじめて解った気がしました。

浮かんでくる言葉に、私の思考と感情が意味づけして、
平素こころは、意味づけに溢れかえって、ざわざわ、ざわざわしている。
このことに体験として思い至ったのは、私にすれば大発見でした。

一度でも、一瞬でもこの凪のような穏やかさを経験すると、
この静けさと平安がいかに貴重か。宝物のように感じられて、
できるだけ多く宝物に接したくなるんですね。

静けさに、こころを置く。。。
〔28〕
人気ブログランキングへ
 気ままにゴロン、眠る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加