こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

幸福曲線?それともストレス曲線?

2015年09月25日 | 意識と知覚
好き・嫌いが明確に意識化できない対象について、
最近、ちょっと面白い発見がありました。
とりあえず好き嫌いは脇に置いて。
幸福曲線かストレス曲線か?自問すると、
間髪入れず「ストレス曲線」と返ってきました。
へぇ、そうなんだ。他人事のように感じながら、、
ストレス曲線と答えた相手を思い浮かべていると確かに。そうかもしれないと思います。

好き・嫌い?だと直ぐに答えが出ないのに、
幸福曲線?それともストレス曲線?と問うと、
直ぐ答えがでるのは、人類として複雑に分化してきた感情生活があればこそ。
微妙な感情の襞をすべて含んでいるストレス曲線であれば、
抵抗が少なく答えも出しやすいのかもしれません。

ストレス曲線には、嫌い・怖いという原初の感情から細胞が分裂するみたいに、
分化を繰り返して生まれてきた様々な不安感が含まれています。
それを一言でストレス曲線と表現しているわけですが、
そんな多様な不安感の中から一言でいうなら、相手には「違和感」を感じている。
この感情がいちばんピッタリします。

そうそう確かに感じている。私はあの人に違和感をもっている。
初めて会ったときから、そうだった。
長年の知人に対して、本音が正直に意識できただけで、
なんともすっきり、爽やかな風が身体を通り抜けていくようです。
加えて。この発見がなんとも愉快、うれしいような気持ちがするのは、
相手に対して平素、友好感をもって交流しているという現実があるからです。

人は(私は)違和感を超えて友好的感情で接することができる。(できていた)
これがはっきり見えたことが愉快でなりません。

そして無意識に知覚していた違和感を、ここで正直に意識できたことで、
今後も適度な距離を保ちながら、混乱することなく友好感を育んでゆける。
そんな確信が、もてました。

あの人にに対して私は幸福曲線?それともストレス曲線?どちらを感じている?
自問することで何かに気付いて、もやもやが晴れてくることもありそうです。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好きか嫌いか。

2015年09月14日 | 意識と知覚
原初感情と云われている「好き、嫌い」「怖い、怖くない」を、
倫理道徳をこえて正直に素直に意識化できること。
これが心の健全性を保つ鍵であると理解して、
時々の原初感情は意識して知覚するようにしてきました。

しかし経験上思うのですが、
原初感情の意識化は意外と一筋縄ではゆかないものです。
心もとない自我の感ずる好き嫌いは、
なんだかウスボンヤリした自我同様の心もとないものであったり、
それか極端に、強い自己防衛からくる激しく感情的なものになることもあって、
どちらにしても大人の健全性からは距離がある感情の流れです。
私は私の、主体性ある自我を確立する過程にあっては、
怖いから嫌い、とりあえず怖くないから好きといった具合に、
怖いと嫌い、怖くないと好きが曖昧に混ざり合って意識されることも多いのです。

・嫌いだと思ってきたけれど、その根っこにあるのは「怖い」だった。
・好きだと思ってきたけれど、とりあえず怖くない、それだけだった。
自己実現に向かう中でチラホラとそんな気付きが起こってきますが、
感情が正確に意識化されることで、無意識的だった防衛機制にハッとすることもあります。

もの心ついて自我が芽生えてきた頃に、好き、嫌いを無邪気に意識化できていたところから、
成長過程の中で、ホンネを抑え込む必要がでてきたり
いろいろな防衛機制を作動させながら、心の安定を図ることも覚えて、
なんとか生き延びてはきたけれど、いつのまにか、
本音の好き嫌いを正確に意識するのが難しい心ができあがっていたのです。

好き・嫌い、怖い・怖くない。

・この状況は嫌いだけど、怖くない。(私は、この状況を切り抜けられる)
・この人は怖くないけれど、行動(言動)は好きになれないし嫌い。
(だから…私はとりあえず遠ざかることにする)
感情の流れがのびのびと豊かになるにつれて、自分に対して、
それまでにはなかった逞しさや自己信頼を覚えるようになります。

今あらためて原初感情は大事な指針だなあと、つくづく思います。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

闘わずして。幸福曲線へ

2015年09月11日 | 愛とゆるし
ストレス曲線をもたらす人間関係で、
あるとき、“正しくあろうとするから、疲れるんだ。。。”
と、ハタと思い至りました。
正しさで相手を負かそうと、けんめいに理屈を並べ立てて、
最終的に疲れ果てているなんてバカラシイ。
口に出さないまでも心の中で繰り広げられる一人相撲とは、
人生の無駄もよいところです。

言い負かそうとやっきになっている自分にハッとしたならば、
一呼吸の間をおいて、今起きていることを観察してみることにします。
ヒートアップしている感情を、ストレス曲線の錯乱から
怒りの内容を思考できるぐらいまで冷静になるよう努めます。

並べ立てている理屈のもとになっている感情を、どんどんたどってゆけば、
たどり着くのは「好き・きらい」「怖い・怖くない」の、
原初感情といわれているものであるでしょう。
この状況はきらいだ。この一言で済むのであって、
相手がどうだから、こうだからは後付けの防衛機制にすぎません。

相手のことはどうでもよい。私はこの状況がきらいだ。
それを明確に、心の中でくっきりと言語化することができると、
次の展開がまことにスムーズに流れ出すことに気がつきました。
徒労の闘いに時間を費やすよりも、自分の人生の目的に立ち戻ること。
私のやるべきこと、人生の課題を淡々とこなすことに戻ることの方が、
ずーーっと大事であると思うわけです。

朝目ざめたら、徹夜明けの家人の仕事場に、ほろ酔いの来客が。。。
急遽、夕べの稲荷ずしの残りの煮つけと厚焼き玉子を、
白胡麻入りの酢飯に載せて、海苔を散らして。
定番の実だくさんのお味噌汁を増量させて朝食を供しました。
目に余る侵食が発生しない限り闘うつもりはありませんが、さて、どうなることでしょう?

生涯学習 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加