こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

臆することなく語りたい

2015年05月26日 | 螺旋状に上昇する意味
愛するとはどういうことか?と問われたならば、
愛するとは、対象を出来る限り正確に観ること、
私にとっては、目の前の対象を正確に認識することであると答えます。
愛することについて以前から私はそのように考えてきました。

寝ぼけて過ごすことが大半であったとしても、
生きることに目覚めている限りにおいては、
私の日常生活、日々刻々の生の営みのすべては
「対象を正確に」観るための修養の機会なのだと思っています。

生き甲斐の心理学の学びも対象を正確に観るために、
そのような心を養うために学び続けているのです。
愛するとは対象を正確に観ることであると、
ずっと以前にレポートの中で書いたことがあったような気もしますが、
最近は意識に上げることもなく、つまり、
寝ぼけモードで歳月を過ごしていたということなのだと思います。

何事にも時があり 天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時  植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時  破壊する時、建てる時・・・ 
*コヘレトの言葉より

目覚める時、眠る時 大事を思い出す時、忘れる時。。。
或る日の勉強会で、思わず口から出た言葉、
愛するとはどういうことかを明快に主張している自分にハッとして
しばし忘れていた大事なコトを思い出したのでした。
私というフィルターに付いた余分なゴミや埃、知らず知らず溜まる塵。
フィルターを快適に機能させるために心の防衛機制や現実吟味の傾向、
感情生活の傾向、日々の心の在りようを見つめる作業は欠かせません。

フィルターが快適に機能してはじめて、
目の前の対象を正確に認識することも叶うと信じています。

その日はそれぞれが、いつもより深いところからの自己開示が成ったようでした。
愛するとはどういうことか?誰にとっても大切なコト、
心の奥深い場所で息づいているはずの大事なコトを、
臆することなく素直に自己開示できる場所でありたいと、
勉強会を続けてゆく意味をあらためて感じているところです。


生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

根本的な問題。。。

2015年05月05日 | 螺旋状に上昇する意味
同調を期待するなんて事、昔の私ならイザ知らず、このところの安定感からすれば、
ほとんどないかもねと高をくくっていたら、私、同調を期待していたんだァと
思える瞬間がさっそくありまして。優しく、でもガツンとたしなめられた気がしています。

自分が期待していたかどうかなんて同調されているときには気付かないもので、
期待が外れて、ガッカリを感じてはじめて、私は期待していたんだと判るものなんですね。
期待外れからストレス曲線が誘引されると不安感が案外長く尾を引く傾向にあるのを自覚しました。
これまでは適当なところで抑圧、逃避、置き換えなどでお茶を濁してきた感情、
期待が外れたときのガッカリ感と向き合ってみて、それがよく解りました。

出来事の前後の心の流れを追ってみると自己分析的に見えてくるものもありますが、
そこは、こういうことかと、なんとなく把握するに留めて、
今度、起きたら(この感情がきたら)軽く流していきましょうっと、
予測をもって、尾を引かせないことをざっくり決意しておけば、
それで自己分析に消耗するような事態は避けられます。
もうイヤだ、こういう感情は二度と体験したくないという
無意識の逃げ腰の姿勢が自己分析に囚われる要因の一つと思われますが、
感情を予測してそれに備える心のゆとりがあれば、
自己分析に囚われることなく、問題を自由に様々な角度から、
感じたり考えたりすることができるようになるのですね。

さて今回、感情に留まってみて同調を期待した状況、対象について気付くところがありました。
思った以上に根本的な問題に関わることのようで、穏やかに緩やかに、
けれど厳しく、自己概念の再構成に誘われているのを感じます。
伝統的な宗教が一貫して云い続けていることに重なってくる領域です。

どのような感情体験も最終的には、そのような気付きに誘ってくれるものなのかもしれません。
時間はかかるし、その時がいつ来るかも判らないけれど、そういうものだと思います。

自己概念の再構成。。。腰を据えて、大らかに臨みたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いつくままに、最近の幸福曲線

2015年05月02日 | 
○地上を這うネムの木の根。。。これまでになく根の周辺を丁寧に除草して
根が際立つようなコーナーを試作・製作中。

○今年は芝生のスミレは生えるに任せて、小さな草花もそのまま残して、
植物の定住、移住、自然淘汰etc.を観察させてもらうことに。

○腕振りで、さっと後ろに腕を振ってから前に戻すときの力の抜き具合、
そこが肝心要であることを少し前に身体でりょうかいできたこと。

○これは止めましょうと、禁止事項を二つ設定。
直感的に来たものを素直に採択~理屈は要りませぬ。
自分の決め事であり他者に直接、迷惑、影響のあることではないのでね。

○本人から直接、幸福曲線へ向かう情動を聴くことは、しみじみと好く、
知的、合理的に色づけされた感情と違って
思考、指向、嗜好の違いを超えて共感をもたらすことを再確認。

○世の中は言わずもがなのことで満ち溢れている。
どうでもよいことを聞き流す、自分が発した言わずもがなも含めて、
聞き流す術を習得することは大事かと…暖かく聞き流す術を。
(誤解なきよう付け加えると、他者を不快にするのが言わずもがなというのではありませぬ、
他者を喜ばせる言わずもがなにも溢れている…とも云えますし)

○久々に日暮れ前の明るい空に白い月。。。

以上、ここ一週間ぐらいの幸福曲線をもたらした気付きと心の流れを、
思いつくままに記してみましたが、一見関係がなさそうな事柄が、
書き出してみると、一つの方向に向かう流れが見えてくるような気もして。
すべて、私の物語の大事な要素になるのでしょう。

こんなふうに幸福曲線を単純に素直に書き出してみるのも、
体と心の健康のために、よいみたいです。私の物語のためにも、おすすめです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加