こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

はじめに

2007年09月29日 | 未整理
「悔いのない人生とは、一生の内にどれだけ豊かに感情体験できたかどうかによって測られる」数年前にラジオで聞いた、シェークスピアの翻訳で有名な某氏の、悔いのない人生についてのこの言葉。なるほどなあ、と思いました。

湧いてくる感情には、全て意味があります。

それなのに、大事な何かを伝えようとしている感情を、私は長い間、蔑ろにして生きてしまいました。感情は、どんなものであれ無視せずに、上手につきあってゆく方がよいのです。湧いてくる感情との付き合い方ひとつで、日々の幸福感も大きく左右されてきます。

感情との付き合いが上手くゆかなくて、心と身体が悲鳴をあげはじめたときに、私は「生き甲斐の心理学」に出合うことができました。9年前のことですが、とても幸運だったと思います。

以来、「生き甲斐の心理学」が私の心の羅針盤になりました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加