こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

傾向に気付いたら

2010年11月10日 | 愛とゆるし
自分の傾向に気付いても、明るい解釈が良くて、暗い解釈が悪いなどとは、
ゆめゆめ思いませんように。これは良い悪いの問題ではありません。

ときどき明るい解釈をいっしょうけんめい語る人をみて、心配になることがあります。
明るい解釈にこだわるあまり、そこでまた
大事な感情を抑圧してはいないかと、心配になるのです。

ねばならない、こうあるべきという勝手な思い込みは、
本当に知らぬ間にすーっと滑り込んでくるので、気をつけた方がよいです。

気付いたら、直ぐに何とかしようとせずに、気付きの内に留まってみる。
すぐに行動せずに、気付きの内に留まれること。
感情と上手く付き合ってゆくための、これも大事な要素です。

(95)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の傾向/家族の傾向 | トップ | 自覚して、それから意志を持って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愛とゆるし」カテゴリの最新記事