こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

その時を待つこと

2013年10月09日 | 未整理
問題を問題と感じつつ、これが解決すれば心が晴れるだろうと感じつつ、
でも今は向き合うことができない…だからとりあえず保留にして、
問題を意識するともしないともしながら月日が経ちます。

問題はストレスとしてときどき顔を出しますが、おおよその日々が、
それを解決しなくても平穏に流れてゆくとしたら、あえてほじくり返す必要はなく、
時がくれば解決に向かって動き出したくなる日はやってきます。

出会いがあり別れがあり、心の均衡が崩れることを繰り返して人生は進んでゆきます。
一日の中でも人は何かを手放し何かを受け取りながら生きています。

あらゆる要素が絡み合う人生の日々の中で、心の均衡が崩れたときに、
何かを手放し別の新しい何かを取り入れることで安定を取り戻すとしたら、
その別の新しい何かが潜在していた問題と向き合うことだったということもあるでしょう。

その時こそ解決に向かって踏み出す時だと思います。

大きくて根が深そうな問題であればあるほど無理に突き進むのではなく、
いつか時が来ると信じて大らかに時を待つぐらいの心構えがよいのかもしれません。

今は無理をしないで、解決すれば晴れやかになるだろうと心から思えて、
そのように成ったときのことを幸福感の中でイメージできる時まで待つのがよさそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌いのまま放置すると | トップ | イジワルにあったなら。。。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (威風堂々)
2013-10-10 20:49:12
読まして頂いています。
感性に響く内容が多く、何時も読後感がスッキリして、シャンとなる自分がいます。今日は感謝したくてコメント致しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

未整理」カテゴリの最新記事