こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

違うから面白い

2008年09月30日 | 愛とゆるし
下の村から我が家まで約1kmの道のりは、今どき珍しい未舗装の林道です。激しい雨で道が荒れるたびに陥没が激しくなり、いよいよ親友(夫です)一人の補修工事では間に合わない状況になりました。それで、この秋は漸く舗装工事に取り掛かることになり、ほっとしています。

早い時期から、“一度には無理でも、少しずつ舗装を拡げていかないと、体力がもたなくなる”と、私は心配してきました。それとガタガタ道では、人に訪問を躊躇されるようになることを懸念してきました。

このような私の主張は、直感的-ものごとの全体を掴む-に判断したことですが、それに対して、親友は経験に基いて判断していくタイプなので、補修するだけの体力が維持できていて、人が訪問してくれるかぎり、道路整備の必要性が、どうしても実感できないようでした。実際に作業する人が、その気にならなければどうにもならないので、私としては、心配しながらも、“仕方ない、時を待ちましょう…”と、過ごしてきたのでした。

本人が体力の限界を感じ始めたことと、“あの道では訪ねるのが億劫になる”と友人から率直に言われたことが重なって、漸く道路整備は具体化してきました。経験主義者と直感タイプ、双方の優先順位が、漸く一致したわけです。

誠実に動いてくれそうな助っ人も見つかり、その他、諸々のことを考えても、今、具体化したのは実に、時機を得ていると思えます。焦らずに、待っていてよかった。

直感に頼るのも、経験に頼るのも、成功することもあればそうでもないこともありますが、とにかく、正反対の傾向の人が身近にいるというのは、忍耐もいりますが、またそれだからこそ、学ぶことが多いのも事実です(これは経験的に理解しました)。双方の違いを楽しめるようになって、(ときに面白がって)ずいぶんストレスは減りました。本音を大事にしながら、最終的には丸くおさまることが多くなったような気がします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« la Verna ラ・ヴェルナの僧院 | トップ | 理不尽な種まき…でも! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イタリアのお話し (大野 巌)
2008-10-04 16:14:27
始めまして、私は大野と申します。
今日、大沢先生から朝電話を頂きブログ「心の羅針盤」にイタリアのことが書かれてある! 可能ならコピーを・・・・とのことで記事の9・8月分をワードに載せA5版にてコピーし3部を大沢先生にお持ちしました。

私は、父の刺繍展を昨年10月に谷中のギャラリーにて開催しましたが、それからお付き合いさせていただいております。
先生のお話にいつも感銘を受け、妻と一緒に数回先生宅を訪問しております。

今日は、妹さん他3名の方と一緒にワインなど
を楽しみイタリアのお話や雑談をして今帰宅したところです。

このブログ、今日はコピーに専念しましたが、
早々「お気に入り」に入れましたので、ゆっくり読ませていただきます。
ありがとうございました。
Unknown (イカル)
2008-10-05 07:22:49
大野さま

うれしいコメントをありがとうございます!

谷中での楽しき晩餐の様子が目に浮ぶようです。コピーのこと、お世話さまでした。pc、インターネットに縁がなくとも、ちゃんとブログが届くのですから、さすが大沢さんですね。

また谷中でお会いすることもあるかと思いますが、今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
             
              感謝しつつ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愛とゆるし」カテゴリの最新記事