こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

感情の意味

2017年04月21日 | 自己実現
暗い感情の意味するものは?
今ここで、意識できた暗い感情をずんずん辿っていくならば、
嫌いor怖いに行きつくことでしょう。

同様に、明るい感情の意味するところは?
これも意識した感情をどんどん辿っていけば、
最後は、好きor怖くないに行きつくようです。

なーんだ、それだけのことか。
そう、それだけのことですが、
暗い感情を意識したときに、
防衛機制が複雑に絡まっている場合は、
嫌いとか怖いでは収まりがわるいことがあります。

本当は好きなんだけど、それを認めたくないだけかも。

本当は好きなんだ。これを認めてしまえば、
なんだか気分はすっきり、和らいで。
認めたくない理由云々をあれこれ考える必要もなく、
考えたところで脳はいろいろと記憶違いをしているかもしれず、
大事なのは、今ここに生きている私の感情であり、
本当は好きなんだとわかれば、それで十分です。

ある対象に明るい感情を意識したとしても、
感情を心奥にずんずん辿っていったときに、
好きでは収まりがわるく、本当は嫌いなんだと気付いたとして。
どうして、こんなへんな知覚になっていたのだろう?と、
考えたり自己分析するのは止めにして、
本当は嫌いなんだと気付けば、それで十分です。

好き・嫌いの理由を考えるのはナンセンス。
だって脳は記憶違いをするものらしいし。。。

今ここに生きている私が、好きか嫌いか。怖いか怖くないか。
正直、素直に認識できているか。それが重要なんですね。

感情には意味があるということが、頭の理解だけでなく、
体験的に心身に沁みて理解できてきたときに、私は
感情との関係が格段に好くなったと感じます。
以前に比べて、とても友好的に感情と接していますから。

今ここで、私はどう感じているのか。
好きか嫌いか。怖いか怖くないのか。これが大事なんですね。〔24〕
眠いニャン
人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流れに、耳を澄ます | トップ | 気にしなくて、いいの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む