こころの羅針盤

私の人生に待ちうける「意識」の大海原・・・心と身体と魂と、日々の感情生活を語ります。

止まらず、進む

2016年04月27日 | 螺旋状に上昇する意味
本日は雨。
インターネットが不通になって、ちょうど一週間、
今日こそはケーブル会社に問い合わせねばなるまい、、
問い合わせる前に、何を訊かれてもスムーズに答えられるように、
ケーブルにまつわる機器、器具の名前を確かめて、
一応IPも問い合わせる前にもう一度試してと、IPからケイタイにかけてみると、
あらら、通じる!!もしやと半信半疑でpc開くと、
たまっていたメールをササーッと受信、ではネットも繋がる!? 
めでたく一週間ぶりの接続が成りました。

やれやれです。

今週は、平衡感覚の違和感の症状がまた進んで、
どうなっちゃうんだろう、、と。
思えば、ここ2年ほどの間に「症状が進む」ことを、
何回か経験して、その度にストレスに追い込まれる経験をして、
そういう状況におかれるときの自分のパターンがあるということ。
その傾向が解ってきたので、どうなっちゃうんだろうと思いつつも、
今回は不安を増幅させるようなことはありません。

覚悟を決めて、とにかく動けるだけ動く。この方針で行きます。
これからはこの体感で、生活していくのだと、
若い頃のようなわけにはいかないのだと、脳にわかってもらえれば、
違和感が違和感でなくなるのではないか。
そのために目の前の為すべきことに集中して、
止まらずに動き続けることが最良の方法ではないかと思うわけです。

この方針を生きるようになると、
ごちゃごちゃと思い煩っているヒマがないことに気付きます。
日常をこなすにいっぱいで考えている時間がない。
これは私にとってはよい状況かもしれないと、どこかで思っている節もあって、
考えるより行動!と、人生であまり生きてこなかった形で進んでいるのが、
(私は)こういう生き方もするんだ…と、どこか新鮮な感じもあります。

今日は雨。

庭で作業して草木とあるときには症状のことは殆ど忘れているという、
最良の方法は使えませんが、今日も止まらず日常を進むことにしましょう。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学びの途中

2016年04月11日 | 螺旋状に上昇する意味
意図せず為したことが、偶々目の前の人の心を和らげた。
意図せず発した言葉が、偶々相手の心を和らげる結果になった。
私の自我のあずかり知らぬところで、偶々そのようになった。

こういうのが好いなあと。
こういうことが沢山起これば好いなと、思います。

たぶん防衛機制でカチカチのときには起こりようがない。
ストレス曲線をさ迷っているときにも起こりようがない。
偶々そういうことが起こったときを思い出してみると、
自然体であった、これかと思います。
間の抜けた発言を自覚しても恥じ入る感じがぜんぜん無くて、
いつもより自己受容の度合いも高めだったように思われます。

和らぎの前には自然体と自己受容があったということ。
この感じを覚えておこうと思います。

自然体と自己受容の体得は偶々得られるようなものではなく、
意志と意思、努力も必要で、和らぎへの強い憧れがその原動力になるのでしょう。
自然体と自己受容に関して、人間は生きている限り学びの途中ですから、やり甲斐がありますね。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時がきて、ヴィジョンを描く。

2015年08月24日 | 螺旋状に上昇する意味
詰めが甘いんじゃないの?
他人の自己分析に対して、そんな感想を持つのは、
もちろん投影のなせる業であって、
自分の中に同質の詰めの甘さがあるからです。

体験の解釈は、そのときそのときの実力に合った内容になります。
実力とは心の強さ、自己受容の度合い、しなやかな感情生活等など…
内面における生きる力の実力のことです。
よって実力が上がれば体験の解釈も変化してゆく、自然なことだと思います。

14,5歳の頃に抱いたイメージ。
心の奥底から湧いて来たのか、はたまたどこか上の方から降りてきたのか、
突如浮かんだ未来に対するイメージは、
自分の内面の理想が表わされたものであることと、生育史をはみだして、
もっと深いところからきたものであることまでは解りましたが、
それ以上は解釈の仕様も必要もなく、長く保留にしてきました。

それがここにきて、保留でなく、もっと積極的に取り上げるべきではないか?
もっと意識的にイメージを捉えてもよいのではないかと。そんな気がして、
ヴィジョンに昇格させるべきではないか?と、思いは強くなっています。

14,5歳の頃のイメージ。

あのときのイメージを追求してゆくことに、大きな価値を感じます。
たぶんイメージを具体的に人生に重ねてゆくだけの力はついたのです。
実現させるべきヴィジョンとして幸福曲線で想像するだけの力はついた。
そういうことなのだと思います。

体験の解釈はその人その人の感情生活、心の世界をそのまま映し出す鏡のようなものです。
その大切な鏡に向かって、詰めが甘いんじゃないの?などと無礼な態度で、
ときどき顔を出してくるヘンな防衛機制とも、これでさよならです。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消耗する会話に、さよなら。

2015年08月21日 | 螺旋状に上昇する意味
久々に悩める心の愚痴に接して、
その対応の仕方に、ここ半年ぐらいで大きく変化した自分を感じました。
人と接することで自分の変化に気付いたり、
立ち位置を確認するということがありますが、
対応の仕方に変化してきている自分を再確認しました。

愚痴を聴くのは早々に切り上げ、すぱっと意見を述べている。
その時点で最良と思われる対応を判断、迷わず行動(言動)して、
現時点で最良の場所に着地して終結させる。。。
双方に後味の悪さを残さず、微かな希望を残して電話をおく。
相手と私の関係性において相応しい対応が成ったと思えます。

ここ半年くらいで大きく変わったことの一つに、
他愛ない会話をゼロにしたことがあります。
否定的な感触は少し前から始まっていましたが、徐々に遠ざかり
体調を崩したことが契機となって会話の時間はゼロになりました。

あなおそろし、、今となってはそうなのですが、
かつての私はその他愛ない会話に肯定的な価値を与え、
大事な時間とさえ思っていたのです。
あらためて「他愛ない」を辞書で引いてみると、
思慮分別がない。子どもじみている。とりとめがない。と、ありますが、
今となっては否定的な意味において、その通りだと思えます。

その時には会話が必要だった。
バランスをとるために必要だった。それは重々承知の上で思うわけですが。

冒頭の変化、愚痴への対処が変化したことは、
他愛ない会話-無駄と感じ出した会話をゼロにしたことと無関係ではないようです。
私が、心身と魂を後退させる会話であると感じ、そのように判断したのなら
それは相手にとっても同じはずですが相手の自我が抵抗することはあるでしょう。

しかし最終的には。あなたと私の心と魂にとってよいと思われることを選んでゆく。
それしかないのだと思います。
消耗する会話に終止符を打ったことが、新たな実のある時間/会話を生み出した…
それを確認した朝でした。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほどほどの、道

2015年06月15日 | 螺旋状に上昇する意味
固定観念や思い込みを取り上げるときは、
どうしても、その弊害について語ることが多くなります。
でも、ある程度の固定観念と思い込みがなければ、
心もとないこと甚だしく生きた心地がしないでしょうから、
ほどほどの思い込みと固定観念を持ちながら生きてゆく、
生きながらえるというのが、よさそうです。

自分がどんな思い込みをもっているか、それを知るのに、
感情の動きを見張る以上に有効な手立てはありません。
とくに身近な人間関係から生まれる感情は、
シンプルな思い込みを知らせてくれるので、私は今、
それに気付くのがおもしろくて楽しいとさえ感じます。

たとえば。以前だったら感情のままに怒りを伝えていたところを、
感情を生み出している思い込みや固定観念を意識すると、
そんなに目くじら立てるほどのことでもないか、、と。
沸き立っていた感情が無理なく自然に小さくなってくるのを感じます。
感情がおさまってくると考える余裕がでてきますが、そうやって、
感情にブレーキがかかったところで考えて、思い込みが解消される度に
受容度が増して自分の器が多少なりとも大きくなってゆくような気がします。

何でもかんでも思い込みを解消するのが、もちろんよい訳ではありませんが、
些細な思い込みの解消が日々のストレス曲線の解消に通じるということも、
案外多いかもしれません。

さて。ほどほどの思い込みと固定観念を持ちつつ、
些細な思い込みの解消を日々心がけ、少しずつ受容度を増して器を大きくしてゆく。
そんな中で大事になってくるのが、展開にまかせること、成り行きを見守る姿勢と感じますが、
これらの言葉を思い浮かべ中庸の道を行けたらと思います。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大切な問い、悔いのない人生とは?

2015年06月04日 | 螺旋状に上昇する意味
半月ぐらい前、身体の危機を想像して、これまでになく濃い、
死を思う―メメント・モリの数日間を過ごしました。
もはやこれまでという心境になったとき、
自分がどんな行動をとるのか。
そうと決めれば行動が早い、速い。
不安感の中で、そんな自分にイイねと支持する感じもあったりして。
平穏に置かれている時には知りえない思考と感情と行動、
湧いてくる思い、心の流れは興味深いものがありました。

今回の経験を通して人生に悔いを残すという感情は案外希薄で、
今際には、もっと別の感情がクローズアップされるという感触をもちました。
ここで人生を終えなければならないとしたら悔いだらけのはずなのに、
そうでもないのが少し意外な気もしますが、こういうことかもしれません。

たぶん平穏さの中で、危機がせまってないときに、
人生に悔いを残さないためには?と自問したり、
友人と話題にしてきたせいかもしれないと思うのです。

答えは出なくても問うことそれ自体に意味があるのです。

さて意を決して臨んだ受診でしたが、とりあえず検査の数値に問題はなく
懸念していたことも杞憂のようで、医師から症状に関して、
こんな単純なことに、なぜ自分で気付けなかったのだろう?と
解せないくらいシンプルな因果関係の可能性を示唆されました。

現在は示唆されたことを意識しながら日々を過ごし、
とりあえず半月前の緊迫感からは解放されたわけですが、
あの数日間の前後では、人生観、死生観が思考では、さほど変わらなくても、
身体を生きるレベルで変化してきているような気もします。

悔いのない人生とは?この大切な問いを忘れないことですね。

生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臆することなく語りたい

2015年05月26日 | 螺旋状に上昇する意味
愛するとはどういうことか?と問われたならば、
愛するとは、対象を出来る限り正確に観ること、
私にとっては、目の前の対象を正確に認識することであると答えます。
愛することについて以前から私はそのように考えてきました。

寝ぼけて過ごすことが大半であったとしても、
生きることに目覚めている限りにおいては、
私の日常生活、日々刻々の生の営みのすべては
「対象を正確に」観るための修養の機会なのだと思っています。

生き甲斐の心理学の学びも対象を正確に観るために、
そのような心を養うために学び続けているのです。
愛するとは対象を正確に観ることであると、
ずっと以前にレポートの中で書いたことがあったような気もしますが、
最近は意識に上げることもなく、つまり、
寝ぼけモードで歳月を過ごしていたということなのだと思います。

何事にも時があり 天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時  植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時  破壊する時、建てる時・・・ 
*コヘレトの言葉より

目覚める時、眠る時 大事を思い出す時、忘れる時。。。
或る日の勉強会で、思わず口から出た言葉、
愛するとはどういうことかを明快に主張している自分にハッとして
しばし忘れていた大事なコトを思い出したのでした。
私というフィルターに付いた余分なゴミや埃、知らず知らず溜まる塵。
フィルターを快適に機能させるために心の防衛機制や現実吟味の傾向、
感情生活の傾向、日々の心の在りようを見つめる作業は欠かせません。

フィルターが快適に機能してはじめて、
目の前の対象を正確に認識することも叶うと信じています。

その日はそれぞれが、いつもより深いところからの自己開示が成ったようでした。
愛するとはどういうことか?誰にとっても大切なコト、
心の奥深い場所で息づいているはずの大事なコトを、
臆することなく素直に自己開示できる場所でありたいと、
勉強会を続けてゆく意味をあらためて感じているところです。


生涯学習 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

根本的な問題。。。

2015年05月05日 | 螺旋状に上昇する意味
同調を期待するなんて事、昔の私ならイザ知らず、このところの安定感からすれば、
ほとんどないかもねと高をくくっていたら、私、同調を期待していたんだァと
思える瞬間がさっそくありまして。優しく、でもガツンとたしなめられた気がしています。

自分が期待していたかどうかなんて同調されているときには気付かないもので、
期待が外れて、ガッカリを感じてはじめて、私は期待していたんだと判るものなんですね。
期待外れからストレス曲線が誘引されると不安感が案外長く尾を引く傾向にあるのを自覚しました。
これまでは適当なところで抑圧、逃避、置き換えなどでお茶を濁してきた感情、
期待が外れたときのガッカリ感と向き合ってみて、それがよく解りました。

出来事の前後の心の流れを追ってみると自己分析的に見えてくるものもありますが、
そこは、こういうことかと、なんとなく把握するに留めて、
今度、起きたら(この感情がきたら)軽く流していきましょうっと、
予測をもって、尾を引かせないことをざっくり決意しておけば、
それで自己分析に消耗するような事態は避けられます。
もうイヤだ、こういう感情は二度と体験したくないという
無意識の逃げ腰の姿勢が自己分析に囚われる要因の一つと思われますが、
感情を予測してそれに備える心のゆとりがあれば、
自己分析に囚われることなく、問題を自由に様々な角度から、
感じたり考えたりすることができるようになるのですね。

さて今回、感情に留まってみて同調を期待した状況、対象について気付くところがありました。
思った以上に根本的な問題に関わることのようで、穏やかに緩やかに、
けれど厳しく、自己概念の再構成に誘われているのを感じます。
伝統的な宗教が一貫して云い続けていることに重なってくる領域です。

どのような感情体験も最終的には、そのような気付きに誘ってくれるものなのかもしれません。
時間はかかるし、その時がいつ来るかも判らないけれど、そういうものだと思います。

自己概念の再構成。。。腰を据えて、大らかに臨みたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憧れを、再確認して

2015年03月29日 | 螺旋状に上昇する意味
少女の頃、「チープ・シック」という本を兄の本棚から引っ張り出して読みました。
サブタイトルは、お金をかけずにシックに着こなす法。
著名人の服装、ライフスタイルに関するインタヴュー記事や
沢山の写真が載っていて憧れを膨らませて飽きずに見入っていたものでした。
中でも印象強く残っているのがダイアナ・ヴリーランドのインタビュウ記事ですが、
最近、40年近く経っても本が増刷されていると知って、
懐かしさと記事を確かめてみたい気持ちもあって購入してみました。

その記事に魅かれたところに、今の私のミニマム指向の片鱗が見て取れると思われますし
本を開いてみると三十数年のブランクはなく、
当時と変わらぬ眼差しで見入ってしまっている自分が、なんとなく嬉しい感じです。

私の中の変わらないもの。変わらない感受性。。。

黒いセーターに無地のスカーフを巻いて額に人差し指を当てて口をすぼめているポーズ。
「ダイアナの、冬のクラッシックなユニフォーム。
黒いカシミアのセーター3種を、ジヴァンシーの黒いスカート3枚と組み合わせて、
回転させていくのです。」と、キャプションがついていますが、
少女の私は、そこにシンプルの極みを感じ強く惹きつけられていたのだと思います。

すべては繋がっている。見える世界と見えない世界と。
すべては連動していると年を重ねるほどに、その感覚が強くなってきたと感じますが、
内的世界。物質的な見える世界のミニマムと共に、
内界の雑多なものをミニマムにしていくことに、現在の私は関心があります。
内的世界の雑多のものとは、たとえば、

・感情を引きずること
・不毛なお喋りに時間を費やすこと
・だらだらと言い訳すること
・だらだらとした言い訳を聞き続けること…等々

こころの世界でミニマムを目指すのがよいことは沢山ありそうです。
少女の頃の憧れを再確認しながら。楽しくミニマムを探求してゆきたいと思っているのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解釈よりも、感じてみることを

2015年03月12日 | 螺旋状に上昇する意味
なんとなく落ち着かない。今、自分が不安感におかれているのは分りますが、
具体的な理由があるわけではなく、ただ、ざわざわと落ち着かない感じです。

体からくる不安? 心からくる不安? 魂からくる不安?
自問すると、すべてが少しずつ関わっているような気もして…こんなとき、
以前の私は、ざわざわ感から逃れたくてジタバタしていましたが、
この頃は以前ほど焦らなくなりました。
不安を無くそうと焦らずに、留まってみるという姿勢が、
多少は身に付いてきたのかもしれません。
それは不安感に留まってみることであり、今の状況を感じてみることですが、
私の場合、状況を感じてみるという意識の持ち方が一番しっくりきます。

不安におかれている今の状況を感じてみる。
このような状況におかれている意味を感じてみようとしますが、
感じるだけで出来事の意味は何だろう?と考えたりしません。
むしろ。あれこれ意味を考えて解釈しないために、
感じることに意識を向けようとしている節もあります。

平安感へ向かわせる解釈は大切ですが、解釈しないことで、
もっと広やかな場所にでてゆけるということもありそうです。
過去と未来を貫く無数の出来事の点が、感じてみることに徹すると、
無数の点が一つの線となって現れてくることがあるのです。

あえて解釈しないことで線が現れてくるのを待ってみる。
鮮明でなくても、おぼろげな線でも点と点が繋がったのを感ずるよろこび。
時にはあえて解釈しない。私にとって人生にとって、
解釈するより感じることの方がずっと大事だと、
そんな気がしてならないのですが平安感もまた然り。
解釈するより感じてみる方が、ずっと広やかで豊かな場所へ出てゆけるような気がしますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加