―ほしいものはにんげんのし―

2017-06-09 | うた

人は己の首を絞めながら生まれてくる。

意外に知られていないがそうである。

だから叫び声を上げる。わずかな喉の隙間から。

 

常に己の首を絞めている。

苦しいからその絞めつけている手を少しでも緩めようともがく。これが人生。

苦しい時は己の手で己の首を強く絞めている時なのだ。

絞めている力を上手にコントロールできるようになる。これが知恵と学び。

ならば絞めている手を解けばよいのか。それでよいのか。

そうではない。無防備にさらされた首は、今度は他者から絞められる。

これが人間のやっかいな人間関係というやつ。

さらせば絞められ、暗闇の影にうずくまればより苦しい。

己の首を己で絞めている。これが人間の生。道。

絞めている手に気付くこと。これがまず第一歩。

その為には見ること。鏡で見ること、簡単だ。

己の手は腰にあるか?いやいや、首を絞めている様が見えるだろう。

己を絞めつける手を緩めることができるのか。

それが分かれ道。苦しい道かしんどい道か、他者を踏みにじる道か楽しい道か。

忘れてはならないのは、己の首を絞める手が己にあるということ。常に。

他者を陥れているつもりで実は、

己の首を激しく絞めつけている。もう苦しいよう、助けてよう。

でも(意味もなく)憎い相手を傷つけたいよう、攻撃したいよう。

でも苦しいんだよう。助けてよう。

苦しいんだよう。苦しいことに、気付いているかな?

それとも己の首を絞めているのは、やはり他人のせいだと思うのかな。

 

己の首を己で絞めている。

より絞めつけるか、

緩める道を探せるか。

いつも苦しくて不幸な顔をしているあの人は、いつか己の首を絞めつけずに生きていけるのかな。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ |  »

あわせて読む

うた」カテゴリの最新記事